スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ふーつかれたよ

Jul 20th
息子くんは生後半年にして大変な寝相 これも血筋でしょうか
相変わらず早起き姉弟の相手をしてくれるとーさん
かーさんも7時前には起きてご飯の準備
昨日おかゆと野菜の段階で泣きが入ったためヨーグルトは食べてない息子くん
今日は最初から一緒に小さい器に入れてテーブルにおいていたら娘ちゃんが
「よーぐるとたべるー」
「納豆ご飯と味噌汁たべたらあげる」というけど「ごはんたべん」と言って切れる
結局とーさんが根負けしてちょっとヨーグルトあげたけどいかんなー
息子くんは今日もヨーグルトにたどり着く前に泣きが入ってヨーグルトは一口二口でした
かーさんとしては整腸作用を期待して毎日食べてほしいのだけど
梅雨の後半の大雨で窓ガラスが汚れていたのがとても気になったので
とーさん出勤前に窓拭きするかーさんでした
おかげですっきりだよ
朝からとにかく娘ちゃんがいろいろしつこく聞いてくれるので知らんふりしてたら
とーさんが「なんで無視すると?娘ちゃんが人の言うこと無視するような子供になるよ」
暑い中息子くんのギャン泣き聞きながら家事片付けてる時に
何度も何度も何度も同じことくどいくらい聞かれても答えなくちゃいけないんでしょうか
離乳食後のパイで眠ることができずそれから何回も試みては着地失敗していた息子くんが
ようやく寝付いた10時過ぎ約束していた保険屋のおばちゃん達着
息子くんが寝ている部屋のテーブルに通し息子くんを起こさないように小声で話をしていたら
PC部屋にいた娘ちゃんが植物図鑑を持ってきておとなの話に割って入る
「ほらぴーまん」とか「かぼちゃ ばーちゃんがもってきた」とか
若い方のおばちゃんが鞄の中からキャラもののの団扇出してくれたのだけど
その鞄の中にまだ何本か団扇が残っているのをめざとく見つけては
それももらおうとする娘ちゃん
とにかく娘ちゃんの声で息子くんが起きるんじゃないかとハラハラしながら話を聞くかーさん
若いときからかけてた保険だけど生きてるうちに役立つような形に架け替えたがいいという事
掛け捨ての医療保険とか今さら入るよりは見直した方がいいかなあ
さて保険やのおばちゃんたちが帰った後「でんわする」と言い出す娘ちゃん
しばらくは親機と子機で話していたけど実家に電話してあげたらばーちゃんがでて
「娘ちゃんの好きな風船買ってるよ」と言ったら
「(じーちゃんばーちゃんの家に)いくー」と言い出す
ばーちゃん午後からお友達がくるみたいだしかーさんは保険屋のおばちゃんから電話入るから
「今日は行けないよ」と言うけどばーちゃんが
「こんどぱんつと着替え持っておいで」というのを聞いて自分でさっさとタンスに行って
服を出してかーさんに「りゅっくとって」と行く気まんまん
結局2時過ぎまでってことでじーちゃんが迎えに来てくれました
娘ちゃんを送り出した後かーさんは夕飯を作ってしまいお昼ご飯にもらったお茶漬けを食べていたら
しゃばい息子くんが起きて泣いたよ
あらかじめしぼっておいたすいかを飲ませてからかーさん服を着たまま
息子くんを洗面器の中にすっぽり座らせてシャワー
といっても片手は背中からはなせないのでシャワーの栓をひねるためにそこにおいたら
雨のようにお湯がふって来て結局かーさんもびしょぬれだったよ
週末息子くんのおむつを買い忘れていて今週一杯持たないなと思っていたので
息子くんを抱いて日傘を差して買いに行く
これに娘ちゃんを連れていたとしたら手を離すわけには行かないので荷物もって帰れないもんね
帰宅してうとうと仕掛けていたらもうピンポーンと娘ちゃんのお帰りでした
娘ちゃんは息子くんが自分の椅子とかを触るだけでも取り上げる癖に
自分は息子くんに持たせてるガラガラ取り上げていたりしてわがままにも困ったもんです
4時くらいからお外で遊ぶけどまだまだ暑いよ
5時過ぎには息子くんがぐずりだしたので「お風呂に入ろう」と促して帰る
お風呂の後パイあげてご飯食べるかーさん
普段なら「にほんご」が始まったらテレビ消して「ごはんたべるー」になる娘ちゃんだけど
外でぺろぺろなめもらったせいか食べようとしない
「ご飯食べたらお外にもう一度いっていいから早く食べなさい」といっても
ぐずぐず遊んで食べない
「じゃあごちそうさましなさい もうお外もいかないよ」と言うと
「たべさせてー」食べさせてあげるけど足で息子くんをつついたりうろうろしたり
もう最後はきれたかーさんが「もういい 後はかーさんが食べる」
何とか食べ終わったので「口の中のもの飲み込んでから歯磨きしなさい」というかーさん
メールをチェックしたら要返信のものがあったのでそれをうちながら
「(洗面所で)ぐるぐるぺーしなさい」というと自分でできるのはいいが
いつまでも水道が止まらない
返信し終えたかーさんが洗面所にいったらあれ娘ちゃんの歯磨きに髪の毛がついている
もしやとおもって「なにした?」と聞いたら「(洗面台)あらった」の返事
かーさんが娘ちゃんの古歯ブラシ(当然娘ちゃんの手の届かないところにおいてある)使って
洗面所の排水溝を洗っていたのを見ていて真似したらしい
とてももう使えない歯ブラシを捨てたら「すてないでー」
「だってこんなところ洗ったでしょ もう使えない」
「もうしないから」「いちどしてしまったらこれはすてるの」
最近怒ったら「もうしない」というけど所詮口だけの娘ちゃんなのでした
もう外に出るのはやめようかと思ったけど7時まで後少しあったので外に出る
他の子供たちと一緒にお友達の家に上がり込んでいたけど7時になったので解散
「おふろはいるならぬぎなさい」「はいらないならぱじゃまきなさい」といっても
どっちもせずにぱんついっちょでごろごろする娘ちゃん
息子くんはもう眠くてぐずぐずだったし幸い冷房を入れていたので汗はかいてなかったので
そのまま寝ることに
今日最後の配本が届いたのでそれを読むけどちっとも聞いてなかったので途中でやめる
息子くんはすぐ寝たけど娘ちゃんはなかなか眠らず
スポンサーサイト
  1. 2005/07/20(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。