FC2ブログ

三歳児健診

Sep 13th
さすがに夜中は長く寝る息子くんだけど娘ちゃんのほうが早く寝すぎたのでおきて
「おとうしゃんは?」真夜中だったけど「そっちにいるよ」と教えてお茶とといれにつれってってもらう
冷房いれずに窓を開けていたんだけど暑かったみたいで「あついあつい」という娘ちゃんの背中を
とーさんがしばらく保冷剤でなでててくれました
息子くんはまたも5時に起きてこっちも暑くて眠れない様子だったので冷房いれたら
そのままぐっすりと7時まで眠っていたよ
かーさんは6時半の炊飯器の音で起き出してみんなが起きてくる前に朝ごはんの準備
おかげで息子くんは起きてすぐに朝ごはんにありついておりました
今日まではばーちゃんがいるから朝の仕事は何も手伝わずに出勤したとーさん
明日からは働いてね
ばーちゃんが買い物に行ってる間に娘ちゃんがこの前来た浴衣とクッションカバーを洗い雑巾がけ
それと平行して息子くんのおかゆを煮るかーさん
化粧でもしようかと思ったらもう起きちゃったよ
ばーちゃん帰ってきてからまたおひざでご飯をもらう息子くんでした
娘ちゃんと大人たちはばーちゃんがかってきてくれたパンでお昼ご飯にしてからシャワー
息子くんにパイあげてから化粧をして娘ちゃんと一緒にかーさんが出かけるころには雨が降り出してたよ
今日は娘ちゃんの三歳児健診なのだ
会場のコミセンの横に駐車場はあるけどすぐにいっぱいになってしまうので
受付開始時刻の1時間前にでかける
丁度雨が降っていて車運転するのにものすごく緊張したよ
非常に幸いなことに空車ありの表示
屋上で雨にぬれるところだったけど止められてよかったよ
娘ちゃんはかーさんが♪くがつうまれー♪で手を上げないから「あげて」といってたけど
駐車するのに必死だからそんな余裕ないってば
おかげさまで15番に受付を済ませてプレイコーナーへ
大きな布製のブロックとかボールとかで遊び始める娘ちゃんだけど
積み木を積み上げていたのを男の子に壊されて怒って泣いただけじゃなくそのこを突き飛ばしてました
かーさんあわてて飛んでいってその子に謝ってから娘ちゃんを抱きしめて
「ブロックはみんなので娘ちゃんのじゃないでしょ 押したらだめ ごめんしなさい」というけれど
自分がせっかく作ってたのを壊されたことに怒ってる娘ちゃんはなかなか泣き止みませんでした
そのうち初対面の子供たちと一緒に遊び始めたけどね
健診で名前を呼ばれたらちゃんと「はーい」と返事ができてた子供は娘ちゃんだけだったよ
最初の歯科検診でも言われる前からちゃんと口をあけてたから歯医者さんに「ありがとうね」とほめられる
次の保健婦さんの面談
「名前は?」「今日は誰ときたの?」「何で来たの?」「お父さんはどうした?」をはじめすべての質問に的確に答え
カードの絵の名前だけじゃなく何に使うかも完璧に答え
「お父さんに今日は100点だったよっていいなさいね」と言われるほど
「お願いだから黙ってってくらいよくしゃべります」と付け加えるかーさん
なんてったって普段は6時起きの8時就寝だからね 「理想的」と生活パターンもほめられたよ
家族構成を聞かれたので答えたら「赤ちゃんの名前は?」にもちゃんと答えて
「赤ちゃんかわいい?」と聞かれて「うん かわいい」とこちらも完璧
「何か不安ありますか?」には「まったくありません」「でしょうねー」で面談終わり
お次は身体測定
服を脱がせたらさっさと自分で身長計に乗ってました
さすが小児科に行く度に計ってるだけのことはあります
身長は生まれたときから2倍 体重にいたっては5倍以上になってます
「小さく生まれて大きく育つ」を地で言ってます
最後は和室で保健婦さんのお話の前に保育師さんの手遊びと紙芝居
このあたりまではおとなしくかーさんのおひざに座ってたけどいざ保健師さんのお話が始まったら
今日初対面の子供たちと一緒にぬいぐるみで遊びだし
そのうち大声上げながら走り回りだしたので話ぜんぜん聞こえなかったよ
3時過ぎに帰宅したら息子くんは1時間ちょっと昼寝したあとブドウジュースをごくごく飲んで
その後赤ちゃんせんべいをもらって喜んで食べていたそうな
パイあげたあとばーちゃんに抱っこしてもらいかーさんは娘ちゃんの自転車を持って降りるけど
結局一漕ぎもせず仕舞いでした
ばーちゃんは夕方の電車で帰る
お砂場でみんなと遊んでいたから泣きもせずにバイバイする娘ちゃんでした
それから6時近くまでお外
息子くんが寝てしまったので周りのぱぱさんままさんが見ててくれるというので先に上がってご飯を食べようとするかーさん
しかし息子くんはベッドに置いたらおきちゃったよ
かーさんはばたばたと夕飯作りつつ洗濯物を取り込みつつお風呂をためていたら珍しく娘ちゃんが上がって来た
と思ったら上の階のお姉ちゃんも一緒
「おちゃのむ」といいつつもそれは口実だったようで息子くんのベッドに張り付くお姉ちゃん
かーさんがお風呂場見に行ったら洗面所の蛇口しまってなかったよ
「蛇口しまってなかったよ」といったら「娘ちゃんよ」っていうけど
「どっちが先に手を洗った?」って聞いたら「娘ちゃん」ってことはおねえちゃんの方だね
正直今から遊ばれるのはと思ったので「これであそびたい」といわれても「だめ」といい
娘ちゃんが何か出してこようとするのは「やめて」と制するかーさん
そのうちお姉ちゃんのお兄ちゃんが迎えに来たのでバイバイと送り出す
娘ちゃんのご飯を準備したけど息子くんがあまりに泣いていたので娘ちゃんに一人でご飯食べててもらう間に
一緒にさっとお風呂に入ってきたかーさんと息子くん
風呂上りにごくごくパイを飲んでる間にもちゃんと一人でご飯食べてる娘ちゃんでした
かーさんはひじきが嫌いなので自分では料理しないというか一回も買ったことないのだけど
あまりにも髪の毛が抜けるので生協の「しそひじき」を買ってみたら結構おいしかった
何より娘ちゃんがものすごく気に入ってご飯にかけたらばくばく食べてました
まだ外から声がするので行きたがる娘ちゃんに「お風呂入ってから」というかーさん
かーさんは服を着たままで娘ちゃんだけお風呂に入れました
ぬるくなっていたから文句言わずに入る娘ちゃん
上がってからパジャマ出してたら「なんで?(おそといかないの?)」と聞かれたけど
「もう7時過ぎて暗くなってるから誰もいないよ」というと素直に聞いてたよ
かーさんが持ってきた本には不満で自分でぐりぐらしりーずの本を持ってくる娘ちゃん
どっちも一回ずつ呼んで消灯したらあっさり寝たよ
今日も息子くんのほうがてこずりました
スポンサーサイト



  1. 2005/09/13(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0