FC2ブログ

ロードサービス&ディーラーへ

Feb 1st
昨日夕方の昼寝をしなかった分息子くんはよく寝て夜中3時まで起きなかったよ
夕方ぐずぐずで泣いて大変だけど寝かさないほうがいいのかな
朝6時半には娘ちゃんがおきたのでとーさんが隣の部屋で遊んでくれていたよ
さて「こぼしたら大変」ということでいつもは味噌汁の具だけをもらう息子くんだけど
とーさんの味噌汁のスープをもらって満足して「あー」という
しかも自分のおわんの中の冷えた(というかあえて冷ましている)のではなく
まだ暖かいとーさんのおわんのがいいらしい
わかってるんだろうか(笑)
そういえばお誕生祝いのときおすし屋さんでお吸い物をもらって飲み干したときも
それはそれは満足そうに「あー」っていっていましたけれどね
今日は天気が悪そうなので乾燥までセット
かーさんととーさんが掃除をしていたら娘ちゃんはブロックで掃除機を作っていましたよ
とーさん出勤後もブロックで遊ぶ
ぴたごらの録画が終わるころには雨は降っていなかったので
焼き増しを頼んでいた娘ちゃんの七五三の写真を取りにいくことに
二人にパーカー着せたり靴下履かせたりしていたら外に出るころには小雨が落ちていました
さすがにベビーシートはきつくなった息子くんはじーちゃんの車に載せていた
軽いタイプのチャイルドシートをつける
緩みがないようにセットしてベルトのクリップを止めるのに一騒動
何も考えずに難しい裏の屋内駐車場に止めてしまったので
小雨の中玄関まで娘ちゃんの手を引き息子くんを抱いて歩くかーさん
玄関前にもちゃんと駐車スペースは会ったのにね
仕上がった写真は娘ちゃんが持ってくれたので駐車場で
ロックを解除して運転席側のスライドドアを開けようとするがあかない
丁度通りかかった社員の人が「お手伝いしましょうか」といってくれるがあかない
娘ちゃんのチャイルドシートが取り付けてある反対側はあいたので娘ちゃんを乗せてよく見たら
なんとスライドドアにシートベルトが噛みこんでいてひっぱってもびくともしない
「どーしよー」とパニくるかーさんであるがとりあえず娘ちゃんをシートに座らせ
息子くんは助手席に座らせクリップなしでシートだけ止めて家に帰る
二人を家まで連れて帰り即保険会社のロードサービスへ電話したら
30分くらいで着てくれるとのこと
「レッカー移動が必要な場合自宅から修理工場までは実費になります」といわれたけれど
「車の運転には支障がないので自分で運転していきます」と見得を切るかーさん
息子くんをパイで寝かせ娘ちゃんにはふぁみこんの録画を見せている間にもう一度車へ
ひっぱったらクリップと止め具は外れたけれど相変わらずシートは噛みこんだまま
そうこうしているうちに「あと5分ほどでつきます」との業者からの電話があり程なく到着
うちの車はチャイルドロックをかけているので中からは開かないのだけど
これは「力技で開けるしかないですね」と外側から思いっきりひっぱってくれたら
なんと!無事ドアが開きベルトも取れました
わざわざレッカー車で来てもらって申し訳ないほどでした
でも工場まで運ばなくて済んで本当に助かったよ
ドアの金具のところに挟まっていたのでベルトには穴が開きかけていている
「チャイルドシートの固定のため普段から使うベルトだ」といったら
「早めに交換したほうがいいですよ」とのアドバイスでした
ロードサービスのお兄ちゃん どうもありがとう
とーさんに電話で報告したら「ディーラーに電話してみて」とのこと
電話して担当の人に折り返し電話をもらう
「一旦整備の人間が見て交換が必要かどうか判断する」とのことだったので
お昼ごはんが済んだら二人を連れてかーさん自力で営業所まで行くことに
お昼ごはんの準備が済んだので「息子くんを起こそうか」といったら娘ちゃんがものすごい大声で
「息子くん おきろー」
さっさと食べたところで「車やさんに行こう」といったら娘ちゃんは
「あそぶところがあるよねー」とよく覚えていること
約束の2時よりかなり早く無事にディーラー到着
営業担当の人は外出中だったので言われたとおり整備の担当の人に話していたら
娘ちゃんはたたたっと一番奥の子供コーナーへ走っていってしまう
あわてたかーさんは鍵を整備の人に渡し「運転席側の2列目シートのシートベルトです」
と点検をお願いして娘ちゃんの後を追いかける
娘ちゃんは早速ボールハウスの中で遊んでいたよ
息子くんも靴を脱がせて上げたら喜んでねーさんと一緒に遊ぶ
手に持って打ち合わせたり一緒にハウスの中に入ってみたり大きなボールで遊んだり
点検の結果「シートベルトは丈夫なのでめったに切れることはないとは思うけど
万が一ということがないわけでもない」とのことだったので交換をお願いする
何かのときに「やっぱりあの時換えておけば」と思うのはいやだものね
見積もりを出してもらい今日部品の発注をかけると金曜には届くとのこと
とーさんに土曜日の帰りによってもらおうと確認の電話をかけるが
なんと会議中だったとのこと ごめんなさいごめんなさいごめんなさい
娘ちゃんはすっかりプレイコーナーが気に入ってしまってなかなか帰ろうとしないのを
「おうちにかえったらいいものつくってあげるから」となだめて帰る
家に帰ったらあらかじめ解凍しておいた冷凍パイシートを使って
この前のホットサンドのときに作っておいたりんごとレーズンを具にしてアップルパイを作る
出来立てのあつあつをみんなで食べました
とーさんの分ももちろん作っているから許してー
さてそうこうしているうちに夕方になったので予定通りなのすちーむから揚げを作る
準備してオーブンにいれてしまえばしばらく手が空くのだけど
それまで待てずにぐずりだす息子くんはガラス戸の向こうで今日も号泣
眠そうなのだけどパイでは眠らず
そのまま起こしておくことに
息子くんにはささみでから揚げを作って5㎜角くらいに小さく切ってさらに盛り付ける
右手のフォークではミニおにぎりを突き刺して口に運び
あいている左手でつまんで上手に食べていたよ
テーブルにコップを置いていたら自分で持って口に運び飲んでいましたよ
まだ残った量にあわせてコップの傾きを変えるというところまではできないけれどね
ご飯を食べてお風呂に入ろうとするころにはもう疲れ果てているかーさん
毎日のことだけど自分は先に服を脱いでしまってから二人をお風呂場に連れて行く
とにかくお風呂に入ってしまい着替えさせるまではがんばらないと
本当はパイなしで寝かせたいのだけど二人に服を着せて乾いた食器を片付けたり
お茶を飲ませたりしているあいだに絶対ぐずる息子くん
で結局なだめるにはパイなのよね 困った
「おおそうじ」を娘ちゃんの年齢の3回読んだ後最後の力を振り絞って
「ぎったんばっこん」を交代でやってあげた後消灯
さすがに息子くんは眠かったみたいで先に寝てしまいました
娘ちゃんがねるまえにかーさんも寝てしまったよ
スポンサーサイト



  1. 2006/02/01(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0