FC2ブログ

だらだら

Mar 1st
夜中に起きた息子くんを抱き上げてパイを上げようとしたら匂う
とーさんや娘ちゃんは寝ていたけど電気を消してオムツを交換
その後ひたすらパイを上げるがなかなか寝ない
あまり出ていないだろうから喉の乾きは癒せていないのかもしれないと思い
台所に連れて行ってイオン飲料とお茶を飲ませてから再度パイで寝かす
寝るまでにすごく時間がかかってしまうが1時間ちょっとでまた起きる
そんなこんなでかーさん朝起き上がれない
泣いていた息子くんをとーさんが抱っこしてくれていたけど手がつけられない状態
やっとかーさんは「おなかが減っているからだ」と気がついたのでした
あわてて起き上がってご飯の準備
息子くんはかーさんが納豆食べてたらもらいに来ましたよ
魚の干物も欲しがっていたのでちょっとだけあげました
とーさん今日も早出なので娘ちゃんのご飯は途中でご出勤
結局娘ちゃんは半分くらい残していましたよ
息子くんは相変わらず食べたらゆるゆるのをする
去年の秋も下痢が2週間も続いて結局は強力なリンコデまで使ってやっと治ったように
どうも息子くんはおなかが弱いタイプみたい
明日もう一回小児科に薬をもらいに行かなくては
かーさんが実家に電話したら受話器を握った娘ちゃんが「あしたきて」
かーさんもそういいたいのはやまやまだけど月末月初めは忙しいもんね
とにかく明日は娘ちゃんを預かってもらってその間小児科に行くようにと
もう一軒のじーちゃんばーちゃんちに電話してお願いする
とーさんさすがに風呂を洗う暇はなくかーさんが洗っていたら電話
「あしたからきてあげるよ」とのことだったので「明日は遊びに行かせるから
あさってからお願い」と頼んでおく
ばーちゃん効果で息子くんの下痢が治るといいのだけど
娘ちゃんは今日届いた通販のダンボール箱にうさこやぺんこ(以下多すぎるので略)と一緒に入って
ずっと遊んでいたよ
息子くんは吐きこそしないものの抱っこしていないとぐずぐず
というか抱っこしていてもぐずぐずなのでまるで新生児の頃のように
一日中パイをもらいっぱなしでしたよ
やっと寝たと思って下ろしたら娘ちゃんが起こすものだからかーさんキレる
娘ちゃんも退屈しているとは思うけれどかーさんも全く余裕がないものだから
「そんないうならきえるよ」の娘ちゃんの捨て台詞に
「じゃあでていけば」と娘ちゃんを玄関までひっぱっていったよ
「いやー そんなこといわんでー」と泣かれて反省する ごめん
かーさんは相変わらず息子くんをだっこしたまま一日中だらだらとテレビをつけたままでした
昨晩あまり寝ていなかったかーさんはおなかの上に仰向けに息子くんを乗せたまま
(らっこみたいなかんじ)うとうと
息子くんもその不安定な体制のまま寝てしまったのでした
小一時間寝た息子くんは少しはご機嫌になったかな
おそらく食べたらまた下すと思うのでいつかのようにお風呂でされたらたまらないと
先に入れてからさあご飯と思ったらなんと!水を入れずに炊いていたよ
かーさんぼけぼけです 疲れています
娘ちゃんも先にお風呂に入れることに
昨日と同じく風呂場の外からかーさんが見ている中一人でお風呂に入る娘ちゃん
髪や体はかーさんが洗ってあげたけどね
早炊きで炊いている間先におかずを食べさせる
乳製品は控えたいので息子くんだけは下茹でした大根とブロッコリーをかつおダシで煮て
あらくつぶしてからとろみをつけたもの
少しずつ食べさせたら残さず食べましたよ
食べさせているうちにご飯も炊けたのでお茶碗に軽く一杯食べさせる
息子くんが娘ちゃんのを欲しがると思ったので今日も娘ちゃんを一人部屋に残してご飯を食べてもらっている間
かーさんはお布団の上で息子くんにパイ
ところが娘ちゃんはどうもこっちが気になるらしく何回も覗きにくる
ごめんね 淋しいよね でも仕方ないんだよ
最後の何口かは息子くんを泣かせたままかーさんが娘ちゃんに食べさせる
お布団の上でぐりぐらの小さい本を読んでから消灯
布団は3枚敷いているのに3人ひとつの布団で寝ていましたよ
スポンサーサイト



  1. 2006/03/01(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0