FC2ブログ

不審者出現

May 30th
昼寝が短かった息子くんは8時前から寝て朝方までぐっすり
一旦おきてマグのお茶を飲んだらまた寝る
今日は弁当の日だしそろそろ起きなきゃかなと思って時計見たらまだ5時すぎでしたよ
目覚めがよくて6時半の炊飯器ぴー音のころにはみんな起きていたよ
かーさんは朝ごはんと弁当の準備を平行
週末のたこぬきたこ焼きに使った残りのソーセージがあったので
さばと一緒にグリルでこんがり焼いてお弁当につめて残りを朝ごはんに出すと
娘ちゃんも息子くんも争うように食べていましたよ
4月から娘ちゃんの弁当を作る火曜と木曜にはとーさんの弁当もついでに作っているのだが
とーさんが「もしかして俺のにもソーセージ入っとる?」と聞くので「うん」と答えるかーさん
「わーい かーさんの愛かね」と聞かれたので
「それはない 文字通り義理と人情」と即答するかーさん
だってもともと愛情あふれるタイプではないかーさんの限りある愛が
若くてかっこいいオトコ(笑)に惜しみなく注がれている分とーさんの分は目減りするわな(爆)
さて早起きのおかげで今日は朝から余裕でした
娘ちゃんが「みつあみする」というので結ってあげましたよ
お見送りのあとご近所さんたちと以前もらった中華料理屋のサービス券で
ランチを食べに行こうという話になるがかーさんその券どこにしまったっけ
何でもすぐ捨てるかーさんだからなー 結局引き出しから無事発見されたけど
井戸端会議は続いていたがかーさんは朝ドラを見たかったのでさりげなく戻って朝の家事
息子くんの子守をしばらくテレビにさせていたら夢中になっていたので
手早く仕事を終わらせてスイッチオフ
早起きのかいあって9時ごろには眠くなっていたので抱っこしたら今日は速攻で寝ましたよ
DB仕事をしながらメールをチェック
依頼は10時過ぎにあったので早速取り掛かる
2件ともちょっとだけひねりがあるものだったので11時半くらいまで掛かったよ
しかし息子くんはその時間までぐっすりだったのでした
仕事が終わったかーさんが息子くんの横に寝転んだら目を覚ました息子くん
すぐ目の前の至近距離にかーさんの顔があってちうとかされたのでおきぐずりはなし
お昼ごはんを作って食べている間に夕飯の準備までしてしまうかーさん
息子くんは1時過ぎには玄関にいって靴を履こうとしてかーさんにお外遊びを催促
ということで娘ちゃんのお迎えのかなり前からお砂場で遊んでいましたよ
かーさんとしては滑り台のはしごを上ってすべるというのを何回もやって疲れて欲しいのだけど
滑り台は一回のみであとは砂遊び
同い年の男の子がしゃべるを持ってきたので息子くんもとりに帰って遊んでいたら
いつの間にかバスが近づいておりあわてて息子くんを抱っこしてバス停まで走ったよ
割とすんなり戻ってきたのでバタートーストでおやつ
かーさんが布団と洗濯物を取り込んでしまい炊飯器をセットしてからお外へ
久しぶりにお砂場セットを持っていって砂遊び
息子くんは自分のではない三輪車で遊んでいましたよ
さて砂場には幼稚園児と小学生のお姉ちゃんもやってきたのだけど今日も娘ちゃんを仲間はずれにする
娘ちゃんが「なかまにいれて」といっても「いや」と口をそろえるし
みんなが滑り台に上がっているから娘ちゃんも上がろうとすると「こんで」というし
砂場セットをそのままにして一旦家族ごっこの場所にみんなが移動したので
娘ちゃんも追いかけていって「なかまにいれて」というがやっぱり入れてくれなかったらしい
それだけあからさまに意地悪されている娘ちゃんに「もう家に帰ってDVDみよう」というが
「おともだちとあそびたい」といって泣き出す
子供のけんかに親が出るのもなと思って昨日から黙っていたかーさんだけど
あまりにかわいそうだったから子供達特に一番年長の小学生のお姉ちゃんを問い詰めるかーさん
「昨日からずっと仲間はずれにしているけど娘ちゃんが何かしたの?」
「さっき木の棒でみんなをさすとかいった」と答えるので
「それはみんながずっと娘ちゃんを仲間はずれにしていたからでしょ
よってたかって一番小さい子を仲間はずれにしたらだめでしょう」と結構本気で怒るかーさん
そのおねえちゃんの弟が娘ちゃんの帽子を取ったりぞうりを踏んだりしていたのにも
感情的になって「しないで」といっていたら彼らのまま登場
お姉ちゃんはかーさんにしたのと同じ説明を繰り返していたのでつい
「昨日から娘ちゃんがずっとなかまはずれにされているんですよ」と言いつけるかーさん
ちょっと声が裏返っていて大人げなかったかもしれない
さすがにお姉ちゃんはままに相当怒られてようやく娘ちゃんも一緒に遊んでくれるようになりました
一番年長の子が意地悪するとそれほど意思の強くない幼稚園児はなびいてしまうからねえ
さてようやく遊びだしたものの病院に行く子がいるので一旦解散
家に戻って早めに夕ご飯を食べる我が家
やっぱり夕ご飯の間中べらべらとしゃべっている娘ちゃん
だから食べてからしゃべりなさーい
さすがに「食べた後またお外にいっていいから」といっていたのでがんばる娘ちゃん
6時過ぎには歯磨きも終わったので外に出たら丁度病院帰りの子供達もいたので
今度は仲良く遊ぶ
小学生のお兄ちゃん達も混じって砂場で花いちもんめ
息子くんは滑り台に座って弾まないボールで遊んでいましたよ
かーさんが滑り台でボールを投げ上げると降りてくるのを見て大喜び
さてまもなく7時になろうかというころいきなり知らないおじさん(おじいさん)が
砂場に入ってきて手に持っていた2台のミニカーを「これをあげる」と言い出す
小学生のお兄ちゃんお姉ちゃん達は「いいです」と断り
かーさんともう一人いたままも「結構です けんかになりますから」とやんわり断るが
じじいはしつこく小学生のお姉ちゃんに「あなたにあげるから」と迫るが
自分で「(最近ニュースでよく聞くような)あやしいものではない」というが十分怪しい
娘ちゃんが手を出そうとするのであわててひっぱりその手をぎゅっと握るかーさん
えらいなと思ったのはわけがわからず手を出そうとする幼稚園児の弟妹に
お兄ちゃんお姉ちゃん達は「もらったらだめ」といってかばっていたこと
(後で「手を出したらその手をつかまれてつれていかれるんだよ」と言い聞かせてもいた)
結局5分近くは粘っていたじじいがようやく立ち去ったので
「みんな帰るよ」と号令をかけて10人ほどの子供達を家に帰らせる
かーさんともう一人のままがいて本当によかったよ
でもものすごく怖かった
道々娘ちゃんにもきつく言い聞かせる
「あんなふうに知らないおじさんがおもちゃやお菓子をあげるといっても
絶対もらったらだめ 連れて行かれるよ」
かーさんの剣幕に押されたのか家に着いてから娘ちゃんが泣き出す
娘ちゃんも怖かったのだね でもコレを教訓として絶対についていかせないようにしないと
そしてほんの一瞬でもやはり子供だけには出来ないと強く思ったよ
「さっきはお母さん達がいたからいいけど子供だけだったら連れて行かれたよ
だから絶対に子供だけで遊んではだめ
息子くんがお茶を飲みたいというときには娘ちゃんもついてきてね」というかーさん
あまりに繰り返したので娘ちゃんが本気でおびえていましたよ
「でも大丈夫 家の中には来ないしおかあさんがいるからね」となだめてお風呂
夕飯前にお湯を入れていたのだけど温度設定が高くて水を入れないと入れなかったよ
さっさとお風呂のあとはお布団で本読み
息子くんはお茶も飲んでいたのだけどパイにくらいついてはなれず
電気を消して娘ちゃんが寝た後もごろごろしていたのだけどふいに立ち上がり
いつもの棚の上をゆびさして「おちゃ」
風呂上りに飲ませたのでは足りなかったみたいであわててマグを準備して渡したら
ごくごくのんでその後すぐに寝ましたよ

スポンサーサイト



  1. 2006/05/30(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0