スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

大雨の中の音楽教室(疲れた)

Jun 30th
かーさんの布団には息子くんが とーさんの布団には娘ちゃんが大の字で寝ているので
かーさんはその二つの間に敷いた子供布団に寝て真ん中が長い「川」の字で寝ているのだけど
コレだととーさん寝る場所がない(笑)
仕方なく転がりまくる娘ちゃんと息子くんのふすまへのぶつかり防止のために敷いている
息子くんのお昼寝布団とか座布団の上に寝て見事「山」の字で寝ている我が家でありました
今日も息子くんは6時起きだよ
今日は生協の日なので残った卵を目玉焼きにしたら自分の分はペロッと食べて
皿を叩いて「もっとくれ」という息子くん
2個しかなかったから子供の分しか作っていないからありませーん
娘ちゃんが少し分けてくれましたよ
娘ちゃんを送り出した後から雨がぱらついてきましたよ
今日も皮膚科に一番乗りして包帯交換してもらう
消毒がしみなくはなってきているけれど患部をみたらまだまだぎょっとしましたよ
包帯巻いてくれているベテラン看護婦さんの手が指にぶつかってめちゃ痛かったよ
9時半前には家に帰りつく
息子くんは車で寝ていたのでとーさんが寝かしつけてから出勤
すぐに生協が来たけど頼んでいたの家だけでした
今日は珍しく早くに依頼が来たので仕事に取り掛かるが
結構面倒なのが3件でそのうちの1件を済ましたところで息子くんの泣き声
寝ぼけてるのかと思ったけど泣きやまずそのまま起きてしまう
1時間くらいしか寝ていないよ
息子くんを抱っこしたまま仕事するかーさん
左手の中指を負傷しているものだからキーボードを打つのも大変
時間が掛かってしまう上に息子くんは重いしで本当にいらいら
結局2時間も掛かったよ
息子くんはあせびっしょりだったのでシャワー
例のごとく頭からじゃーだから号泣
やっとの思いで送信して ご飯を作るのも手が不自由だとものすごくストレスなので
何か買いにいこうと出かけた直後雨がひどく振り出したのですぐ戻ってくる
いつものようなお昼ご飯を作って食べさせつつ夕飯の準備
ちょっとうとうとしたいけれど息子くんが暑いからかぐずぐず
2時半ごろから車の中で待つことにするが娘ちゃんの音楽教室の荷物と息子くんの荷物を
運ばなくてはいけないのにものすごく雨が強い
号泣する息子くんを玄関に置いてかーさんは先に傘も差さずに荷物を車に置いてから
娘ちゃんの傘を持っている息子くんを抱いて自分も傘さして車へ
3時ぎりぎりまで車の中で過ごしてお迎えに行く
息子くんには靴は履かせず抱っこ紐で抱えて行ったよ
息子くんという大荷物抱えているから娘ちゃんの水泳道具や週末のお持ち帰りの荷物を持ってあげれないのだ
レインコートを持って待っていたけど「いや」というので傘を渡すが
頭の上ではなく横向きに持っているから濡れているじゃないか
何とか車まで連れて行って息子くんをシートに固定
娘ちゃんと息子くんにバナナを一本ずつ渡して食べさせている間にかーさんは娘ちゃんの荷物を置きに帰り
水泳道具はばーにかけ スプーンは洗う
車に戻ったら二人とも食べ終わっていたのでお手拭で手を拭く
娘ちゃんが「お着替えする」と珍しくいうので着替えさせている間にバナナの皮を捨てに帰る
そんな風に車と家とを何往復もしていたからかーさんすっかりびしょぬれだよ
何か音楽教室の日って大雨が多い気がする
デフを入れているのになぜかガラスが曇っているが原因がわからないまま教室着
息子くんの荷物を斜めがけしたうえにネットの抱っこ紐をかけて息子くんを抱っこして傘をさして教室へ
娘ちゃんには自分で傘さしていってもらう
息子くんはずれてくるし雨はひどいしでまた教室に着くまでに濡れちゃったよ
さて教室の中ではねーちゃんと同じことしたがる息子くんを押さえるのに必死のかーさんで
ろくに娘ちゃんのレッスンには付き合えず
娘ちゃんは先生の話をちーっとも聞かずに余所見ばかりしているし
息子くんはかーさんが押さえるとぎゃーぎゃーわめくし
かーさんの手が自由に使えないことでさらにストレスは倍増
なんかもう辞めたくなってくるよ かーさんが頑張らないといけないんだけど
レッスン終わって帰るころにはまたも大雨
さて先ほどのガラスの曇りはA/Cスイッチを押していないためであり
押したらあっという間に曇りが取れましたよ
息子くんを抱いて荷物も持って傘をさしていくのは絶対に無理と思ったので
二人を車に残してかーさんと娘ちゃんの荷物を先にもって上がってから二人を下ろす
娘ちゃんにはレインコートを着せて一人で上がってもらいましたよ
家に帰りついた頃にはもうくたくたかつ汗でべとべと
先に3人でシャワーを浴びる
昼寝が短かった息子くんはただでさえ機嫌が悪くてぐずっているのにまたもシャワー攻撃
でもすっきりしたでしょ
娘ちゃんがぜんぜん出来なかった「どれみふぁそ」を練習しようと思ったけれど
聞いたら「おなかへったからさきにたべる」というのでご飯の準備
今日も洗物少ない丼だよ
準備していたらすぐに息子くんが寄ってきて騒ぎ出す
今やってるからちょっとまちなさーい
ちびっこ息子くんは手づかみで3色丼を食べるからそのあたり一帯にいろいろ飛び散り
テーブルは油でてかてか ふー 疲れ倍増
娘ちゃんはまたしゃべってばかりで食べないのでかーさんが口にスプーンを突っ込み
「自分で食べれなくて食べさせてもらうから娘ちゃんもちびっこ」
こういわれたらそのときは自分で持って食べるけどすぐにまたぺちゃくちゃ
そのたびにかーさんに「ちびっこ」「ちびっこ」言われる娘ちゃん
茶碗を洗うためにゴム手袋をするが包帯が厚くて指が入らない
それでも何とか突っ込んで洗っていたら「おちゃちょうだい」
せっかく苦労して手袋したのに「ちょっとまって」といったら
「おちゃちょうだい」と泣きが入る
いらいらするので「そんなふうにすぐなくのもちびっこ」「うるさい」と怒鳴るかーさん
八つ当たりだとはわかっているけれどもうくたくたなのだよ
ご飯と歯磨きの後ドレミファソの特訓
指が変に曲がっているから4拍鍵盤を押さえられない娘ちゃん
椅子の高さがあっていないのもあるから食事のときの椅子を持ってくると
すぐに息子くんがそれに上ろうとするし娘ちゃんが引き出したら自分もといってギャーギャー騒ぐ
かーさんも最後はいらいらして娘ちゃんに厳しく指導していたら娘ちゃんがいじけて涙目
さすがに悪かったと思って「ごめんね 明日からはやさしくするから」と謝るかーさん
「明日からお外に行く前に練習しよう」と約束させる
さて本を読んで寝ようとするがまたなにかといらんことばかりする娘ちゃんと息子くんに
「もうおかあさんいやになった でていこうかな」といったら娘ちゃんが号泣して
「でていかんでー さびしくなる」
悪いとは思うけどもう限界なんだよね
左手で物(とか息子くん)を持たないで一日過ごせるわけがないから
痛む中指以外の指に妙な力を入れるために左腕から肩が凝ってがちがちだよ
さて寝る前に明日の七夕の浴衣を出して娘ちゃんの髪形のリハーサル
いつもはピンでは留めては行かないけど明日はいいよね
でも明日もまた大雨らしい
娘ちゃんは浴衣で行くつもりになってるからいまさら普通の格好では嫌がるよねー
何とか移動のときだけでも雨が小降りならいいのだけど

スポンサーサイト
  1. 2006/06/30(金) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

抜糸・小児歯科・遅くまで遊ぶ

Jun 29th
とーさん帰宅後昨晩録画しておいた番組を見る やっぱり面白いわー

今朝も6時前から起きて騒ぐ息子くん
お気に入りの「おさかな」の本を持ってきてまだ寝ているかーさんに「よんで」と要求
かーさん目をつぶったまま暗唱しておりましたよ
昨晩息子くんにしてはあまり食べていなかったので朝からすごい食欲でした
とにかくきゅうりのピクルスが大好きで息子くんのお皿に持っている分がなくなると
皿のその部分をスプーンでとんとんと叩いて「もっとくれ」って要求するくらいです
娘ちゃんが相変わらずぐずぐず食べていたらとーさんがスプーンを口元に持っていって
食べさせようとするので「自分で食べれないのはちびっこ」というかーさん
「ちびっこ」って言われるのがいま最も嫌いな娘ちゃんはあわてて自分でスプーンもって食べました
やっと食べたと思ったら着替えるのにぐずぐず
ようやく着替え終わるころには洗濯物が終了していたので中から乾燥機にかけられないものを
選んで外に干さなくてはいけないかーさん
戻ってきたら娘ちゃんが鏡にシールを貼っていたのでかーさんぶちきれる 
何で朝ぐずぐずするだけじゃなくて余計なことするのよー
しかもかーさん指を負傷しているので娘ちゃんの髪を二つに結ぶだけで大変な苦労でした
おかげでバス停にバスが先についていましたよ
娘ちゃんを送り出すと同時にとーさんご出勤
今日の皮膚科はじーちゃんにヘルプを頼む
ベッドに寝ての交換だから息子くんは連れて行けないのでまず実家によってばーちゃんにお願い
息子くんは眠そうだったのだけどかーさんが病院から戻って仕事をするときに
邪魔しないように眠って欲しいので「出来るだけ眠らせないでください」とお願い
さて皮膚科へ
消毒液が昨日ほどしみなくてようやく痛みも薄くなってきたのかと思っていたら抜糸
盛り上がりかけている肉をひっぱる形だから痛いのなんの
またも「いたーい」と悲鳴を上げて看護婦さんに「頑張って」と手を押さえられるかーさん
先生が「麻酔しますか?」と聞いてくれたけど麻酔も痛いしさらに時間が掛かるので
何とかそのままでやってもらうがもう叫びまくりのかーさん
待合室の人たちは何事だろうと思っていたことでしょう
先生が「一部抜糸します」といっていたので終わったら思わず「まだ糸が残っているのですか」と
聞いてしまうかーさん
「全部抜きました」「じゃあ この痛さはコレで最後なんですね」と念を押すかーさん
後になると肉がもっと盛り上がるからもっと痛かったそうな
よれよれになりつつじーちゃんに家まで送ってもらう
本当はすぐに息子くんを迎えに行くつもりだったけれど
娘ちゃんのお迎えの時間まで預かってくれるとのことだったので着替えと追加のオムツを渡す
落ち着いて仕事が出来る環境になったのだけど今日は依頼なし
久しぶりにDB仕事 2品目目が終了
お昼ごはんにはいつもは作れないパスタを作って食べておにぎりはしょうゆで焼いておやつにする
さて2時ちょっと前に「今家を出た」とばーちゃんから電話
娘ちゃんのお迎えもあるし外で待つがなかなか来ない
今度は携帯に電話
何でも息子くんがチャイルドシートのベルトをはずすので危なくてしょうがないから戻ったとのこと
後でかーさんがくるまで迎えに行くことにする
息子くんは1時半まで寝ていたそうなので時間が無くて食べるものは持たせてくれていたそうなので
「それを食べさせていてください」とお願いして娘ちゃんのお迎え
娘ちゃんを連れて帰り焼きおにぎりをひとつ食べさせる
アイスを食べたがったので「それは歯医者から戻ってから」と約束して実家へ
娘ちゃんは「ばーちゃんにたいそうふくみせる」というので着替えずに行ったよ
実家に着いたら息子くんはじーちゃんの車の中で遊んでいました
息子くんをシートに乗せて歯を磨いてからそのまま小児歯科へ
受付していたら娘ちゃんが体操服姿の女の子をさして「おなじようちえん」という
この近所にもうひとつ同じ制服体操服の園があるのでままに確認したら
同じ園の隣のクラスの子でした
名前に見覚えが・・多分面接で同じグループで娘ちゃんよりしゃべっていたあの子じゃないかな
その子は会計が済んで帰るところだったのでちょっと遊んだだけだけど
ふと見たら娘ちゃんと同じクラスのかつてのライバル(笑)が
お兄ちゃんの歯医者についてきたらしい
早速一緒に遊び始めていたら娘ちゃんの順番
虫歯もないとのことでフッ素塗布
4分も黙ってマウスピースを噛んでおくというのはおしゃべり娘ちゃんには大変つらかったかも
そして息子くんの歯並びについて相談
上の歯との兼ね合いで将来矯正が必要になる可能性は高いみたいだけど
とにかく全部生えそろってからではないとということでした
さてフッ素を塗ったので30分は飲食禁止
そのままお友達と遊ぶ娘ちゃん
よかったねー 今日は一緒に遊べてここでも先生に「指どうしたんですか?」と聞かれて説明したらなんと!
先生も全く同じ症状でいたい思いしたことがあるそうな(笑)
待機時間が終わるころ彼女のお兄ちゃんの治療も終わったので前後して歯医者を後にする
家に戻って約束どおりアイスを食べる二人
外で声が聞こえなかったので家の中でしばらくレールセットで遊ぶ
5時少し前に外に出たら上の階の女の子がお兄ちゃん達と一緒に砂場にいたので
仲間に入れてもらう
小学生のお兄ちゃん達が砂場をふかーく掘って水が出てきていたのでもう大変なことに
いつの間にか裸足になっているし・・・
そうこうしていたら昨日も一緒に遊んだ仲良しのお友達がベビカ押したままと一緒に来たので
また一緒に遊ぶ娘ちゃん 全身砂だらけ
息子くんは滑り台を上って一番上で足を柵からだしたり変なところで身を乗り出したり
かーさんが「やめなさーい 」というとにやりとする わざとやっています
子供達が集まってきてわいわいしていたらお隣のパパからアイスの差し入れ
娘ちゃんだけじゃなくかーさんと息子くんももらったよ
息子くんは一人前に一本あっという間に食べましたよ
娘ちゃんはさっさと自分の分食べたくせにかーさんに「ちょっとちょうだい」
「味見だけよ」となめさせてあげたらもう一度「ちょうだい」
今度は歯でがっちり噛んでかーさんの分も食べてしまいました しんじられーん(笑)
結局6時半過ぎまで遊んでいた娘ちゃんでした
お友達が帰るので娘ちゃんもようやく帰る
本当はご飯が先なんだけど娘ちゃんだけじゃなく息子くんも砂まみれだったので
そのまま風呂場に直行してシャワー
息子くんはまた逃げ出していたけど捕まえて頭からざー 泣いていました
さっぱりしてから午前中から作っておいたポトフ
はじめはスープを飲まなかった息子くんだけど飲んだらおいしくてお代わりを何度もする
やわらかくほろほろになっているお肉は食べなかったけどキャベツをばくばく
娘ちゃんは大きいにんじんを一本分食べましたよ
食べ終わったら顔と手を拭いて歯磨きしてお布団へ
「さかなとおともだち」「けんたのへんそう」を読んであげて消灯
今日は「あんまー」って言わないな 忘れたのかと思ったら
寝転んでいるかーさんのパジャマの襟元つかんでやっぱり「あんまー」
「あんまーないとよ お茶飲みなさい」
今日も150ml近く飲んでから寝ましたよ
娘ちゃんは疲れているはずなのに相変わらずおしゃべり
手をつないだままふと黙ったと思ったら寝ていましたよ

  1. 2006/06/29(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

予防接種と仲良しさんと遊ぶ

Jun 28th
夜中に目を覚ましてもお茶で対応するとすぐ寝る息子くん
朝は相変わらず6時起きでしたけどね
最近はご飯を自分でスプーンで食べたがる
納豆ご飯だけはとーさんが食べさせようとするがぎゃーぎゃー騒いで嫌がる
以前よりは食べるのを嫌がるようになっているけどそんな時期だよね
といっても1歳児には十分な量は食べています
今日も娘ちゃんを送り出した後は皮膚科に包帯を換えに行く
換えるときに患部をみたらぎょっとするくらいにえぐれていた
いつ元に戻るんだろうという感じ
送り迎えをしてくれた後とーさんご出勤
明日はとーさん早出なので息子くんの世話をばーちゃんに送迎をじーちゃんに頼まなくては
車の中で寝ていた息子くんは下りるときに目を覚まし今日もとーさんを後追いした後泣いていたけれど
程なく眠ってしまいました
しばらく後に今日は4件の依頼
最初の2件はあわせて考えてご提案が必要な事例だったので時間が掛かる
作業していたら会社から電話
別のテーマでも出来るかとの依頼
それはテキストに書いてあるから情報をもらえれば多分出来るとは思うのだけど
正直ちょっとめんどうだなあ
参考にしまくっている過去例がないってことだもんね
12時すぎにようやく終わったと思ったところで息子くんお目覚め
さっき仕事中に電話くれていたばーちゃんにコールバック
月末の仕事が終わったらまた手伝いに来てくれるとのこと ありがたい
息子くんが遊び食べしている間に夕飯の準備
今日もワンプレートめにうだよ
さて娘ちゃんを迎えに行く随分前から車の中で遊ぶ息子くん
ようやく娘ちゃんが帰ってきたので制服のまま小児科に行こうとしたら
息子くんの靴がいつのまにか泥だらけになっていてそのまま抱っこしたかーさんのズボンが大変なことに
さすがにこれではいけないので二人をシートに固定してから着替えに戻る
さて今日は息子くんの水痘の予防接種
この前顔の傷で受診したので「大丈夫でしたか?」と息子くんが聞かれた回数よりもはるかに
「(かーさんの)指どうしたのですか?」って聞かれた回数が多かったよ
その都度「いぼを切ってもらったら血が止まらなくて縫ったんです」と説明するかーさん
娘ちゃんは待合室に常勤している保育士さんに折り紙を折ってもらって遊んでいました
息子くんが泥だらけの靴でソファに上がろうとするから脱がせていたらいきなり名前を呼ばれる
靴はそのままにして診察室へ
実はとーさんの出張土産の(爆)風邪をもらってしまい今朝から咳と鼻水が出ている息子くん
診察の結果のどの腫れもないから注射しましょうとのこと
コレで残すは8月の3種混合の追加のみだわ
3時まで経過をみつつ遊んでから帰宅
着替えた後はましゅまろでおやつにして音楽教室の練習
すぐに息子くんが邪魔しに来るからなかなかきちんとは練習できないね
息子くんのぱんつオムツがなくなりつつあるので買いに行くことに
近所のDSは前より値上がりしていたのでちょっとはなれたディスカウントショップまで
ついでに乾電池とガラスの鍋蓋も買って帰宅
荷物を置いたらすぐに外に出る娘ちゃんだけど誰もいない
「家でてれびみようか」と家に帰ってベランダから見たら
いつものメンバーに加えて娘ちゃんとバスが一緒で仲良しのお隣のクラスの女の子の姿が!
娘ちゃんは大喜びで外に飛び出していきました
ままと妹と一緒に通りかかった彼女とずっと手をつないで走り回る娘ちゃん
とにかく大好きな仲良しさんだもんね
いつも「一緒に遊んだ」とか「バスで隣に乗ってきた」といっているもの
彼女が喉が乾いたというので家に連れてきて飲ませてあげると娘ちゃんが「娘ちゃんんちはいっていいよ」
彼女も入りたそうだったけれど5時半過ぎていたので
「もう遅いから 今度もっと早くに遊びにおいで(いかせて)」と声をそろえるかーさんとまま
結局6時まで一緒に遊んでいましたよ
なかなかお互い帰りたがらないのでせーのでバイバイしてきました
かーさんが「脱がないで」というのに裸足になっていた娘ちゃんはまず抱っこして風呂場で足洗い
その後かーさんが夕飯の準備していたら泣き声
トイレの中で間に合わなかった娘ちゃん もー
お風呂場にまた戻って洗う
その後も「(間に合わなかったのが)いやだった」とぐずぐず泣く
かーさんもいやだよー 
そんな切羽詰っているならちゃんと言えばかーさん手伝ったのに
娘ちゃんはそれだけ遊んでもなかなかさっさとご飯は食べられません
息子くんも途中から遊びだしたので片付ける
娘ちゃんはまだ食べ終わらないのに「よーぐるとたべたい」
息子くんのエプロンを片付けた後だったので娘ちゃんに食べさせると欲しがってなおかつ自分で食べたがり
大変なことになりそうだったので
「もう息子くんをお風呂に入れるから 明日の朝たくさんたべていいから」で押し通す
一昨日昨日とシャワーで大変な目にあっている息子くんはお風呂に連れて行ったら逃げ出すが
鍵をかけて逃げられないようにして今日も頭からシャワー
案の定号泣するがもしかしたら息子くんはプールで早く顔をつけれるようになるかも(淡い期待)
本を読んでから就寝
今日も「あんまー」「あんまーない」のやり取りの後はお茶で何とかなる息子くん
でも寝入るまでに170ml飲めばさすがに汗かくよね

  1. 2006/06/28(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

断乳継続中

Jun 27th
今日は弁当の日なのだけど一番の難関である甘夏の皮むきはとーさんがやってくれました
かーさんはウインナーをキッチンバサミで切って調理
こういうときなのでとーさんの分の弁当は勘弁してもらいましたよ
残ったウインナーは朝ごはんにいただく
娘ちゃんを送り出してから準備して皮膚科へ
診療開始前から名前を書いていたのですぐに見てもらえました
包帯を換えるだけとはいえ消毒がしみていたくてやっぱり「いたい」と叫ぶかーさん
家に戻ってくる頃には息子くんは眠そう
とーさんに甘えて出勤しようとしたら泣いて追いすがっていたけれど
かーさんがお布団に連れて行って一緒にごろごろしていたら眠りましたよ
今日も依頼あり
1件だけなんだけどいろいろ調べてそれなりに考えてコメントしなくてはならないので
結構時間が掛かりましたよ
息子くんがお昼ご飯を食べている間に夕飯の準備
皿は流しにおいて右手だけで洗っているけれど洗物は出来るだけ少ないほうがいいからと
今日は鯖どんぶりにすることにして具を作ってしまいましたよ
娘ちゃんはお迎えの後普通の靴なのに水溜りに入る
というかまるで忍者のごとく水面を歩けるとでも思ったのかという感じでしたよ
「その靴で水に入ったらだめっていったでしょ。明日長靴はいていきなさい」といったら
「いやー うさはなのくつがいいー」という なら入らないでよ
着替えておやつを食べて絵日記と音楽教室の練習を終わってからお外へ
丁度みんなが水鉄砲で遊んでいたので「もってきて」という娘ちゃん
かーさん怪我していて手をぬらしてはいけないのにーと思いつつ
「いっかいだけよ」と念を押して持ってくるが下にはバケツに入った水がありました
息子くんにも水鉄砲を持たせていたけれど使わずにただバケツにつけて遊んでいましたよ
最後は息子くんがバケツをひっくりかえす
「赤ちゃんだから」とまだ遊びたかった皆様には許していただくが
息子くんは自分が作った(笑)水溜りに座り込んでしまいズボンが濡れましたよ
とりあえず連れて帰って汗臭かったのでついでにシャワー 
号泣していました
娘ちゃんが昨日遊びに来ていたおねえちゃんのうちに行くというので行かせる
包帯巻いているとはいえ左手を一切使わないで過ごすことは子育て中の身には不可能
で痛い中指以外を使っているものだから無理な力が入っているみたいで左腕が痛いよ
もうさすがにかーさんも余力がないので息子くんにテレビを見せる
娘ちゃんが小さい頃には号泣し今もテレビを消そうとする「ぽーぽーぽー」を
息子くんは気に入ってみていましたよ
5時半ごろお迎えに行ったら素直に帰ってきました
夕飯の鯖丼には目玉焼きを乗っけてあげたら娘ちゃんも息子くんも喜んで食べました
娘ちゃんと一緒に息子くんは2回目のシャワー
頭に掛かっている間は泣いているけど上がって着替える頃には泣き止んでいるのでいいか
今日も「あんまー」の要求に「あんまーはないよ」と答えお茶を飲ませる
時間は掛かったけど泣いて欲しがること無しに寝てくれました
今日はひさびさにかーさんととーさんのお楽しみ番組の日だけどそれまで持たずに寝る
  1. 2006/06/27(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

断乳

Jun 26th
今週一週間はとーさんにいろいろ頼らないとやっていけそうにないかーさん
「この借りはいつかかえしてもらう」というので
「えー なんでー まだかーさんが貸したぶんのほうが多いよ」
料理も右手だけでは限界があるので朝の味噌汁の野菜はとーさんが刻んでくれましたよ
娘ちゃんを送り出してからとーさんに皮膚科に連れて行ってもらいました
2番目だったのですぐに診察室に呼ばれる
包帯の交換だけだったのですぐに終わりましたよ
とーさんは銀行にいっていたのでしばらくしてから迎えに来てくれました
息子くんは寝ていたのだけど下ろしたら起きちゃいましたよ
しばらくとーさんが抱っこして寝かしつけてくれていたけどあまり出勤が遅くなると悪いので
そのままにして仕事にいってもらう
かーさんのこの手では布団を敷くのも大変なのでとーさんが敷いてくれていた布団の上で
ごろごろしていたら息子くんは泣きながら寝ましたよ
今月の前半は全く依頼が無くてどうなるかと思っていた仕事もここに来て毎日来ています
今日は3件あるから頑張ろうと思っていたら息子くんの泣き声
まだ完全に眠っていなかったのでもうしばらく添い寝してからお仕事
今日は3件あったけれどご提案は必要でない比較的楽なケースばかりで助かりましたよ
息子くんが起きる前にお仕事終了
例のごとく簡単なお昼ご飯を食べさせながらかーさんは痛む指をかばいながら夕飯の準備
皿は流しにおいて右手だけで洗っているけれど洗物は出来るだけ少ないほうがいいからと
今日は鯖どんぶりにすることにして具を作ってしまいましたよ
娘ちゃんをお迎えにいって帰宅しておやつの後お外へ
しばらく遊んでいたのだけど小学生のお姉ちゃんが自分のうちに誘う
「かーさんが迎えに行ったらすぐに出ておいでよ」と約束してから遊びにいかせて
かーさんと息子くんは家に戻るがすぐに娘ちゃんが帰ってくる
お姉ちゃんも一緒で娘ちゃんが「娘ちゃんんちはいっていいよ」と誘い二人は家の中へ
「お布団のほうはいったらだめよ」と言い聞かせたのでおとなしくテーブルへ
昨日娘ちゃんがもらった塗り絵を塗り絵ペンで塗っているのはいいが息子くんもやりたがる
テーブルの上に新聞紙を敷き詰めて息子くんにもペンを持たせる
そのうちいつも娘ちゃんを「ちびっこ」といじめているお姉ちゃんの弟もやってきたので中に入れる
彼らが持ってきた棒つき飴を娘ちゃんももらって食べていたら息子くんも欲しがる
さすがにそれはまずいのでラムネを上げたら喜んでいました
まるでぺろぺろなめのように口から出したりまた入れたり
男の子も「ラムネ欲しい」といっていたけど
「飴食べてるでしょ?それにラムネはちびっこの食べ物だよ」と相手にしないかーさん
先に男の子は「あそびにいく」といって出て行く
娘ちゃんたちは紙をばらばらにして「はんこをおす」と言い出すがインクがない
かーさんが自分のは仕舞っているからなんだけど
「おばちゃんしらんよ 娘ちゃんがどこにおいたの?」とすっとぼけていたら
お姉ちゃんが「じゃあ帰ろう」と言い出す
5時半を過ぎていたので「あ そう じゃあまたね」と追い出す(爆)かーさんでした
さてお風呂はかーさん入れないのでシャワー
娘ちゃんは「顔を上げて」といったら出来るから髪を洗うときに顔に水をかけずに済むけど
息子くんはそういうわけには行かず
頭からシャワーをじゃーっとかけるもので号泣
でも仕方ないね
さてお風呂上り 本を読みながらパイの時間なのだけど
かーさんがMHWの添付文書情報のページで調べたところによると
処方された抗生物質は「乳汁中への移行が報告されている」上に
成長に影響を与える可能性があるから「乳児には他剤無効のときのみ使用」とありました
飲む直前に授乳とは言ってられない状況だったのねといまさら気がつくかーさん
(前職がなんだったかとかは聞かないでくださいまし)
本意ではないが断乳することに
息子くんはかーさんのパジャマひっぱっていつものように「あんまー」という
かーさんは心の中で涙しながら「あんまーはない」といってお茶のマグを差し出す
息子くんは泣いて欲しがったりはせずに素直にお茶をごくごく
寝付くまでにマグ170mlを飲み干す
もしかしたらあっさり断乳できるのかも

  1. 2006/06/26(月) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

とーさん帰る

Jun 25th
痛みのせいで何度も目を覚ますかーさん
昨日寝たのが遅かったので7時半過ぎても寝ている娘ちゃんと息子くん
あまり寝坊させるとリズムが崩れるので無理矢理起こしたよ
たらたらとご飯を食べていたのでプリキュアは半分しか見られませんでした
あいにくの雨だったので家の中で遊んでもらう娘ちゃんと息子くん
針をはずしたルアーで「じ」「じ」と遊んでいる息子くんに
「もうちょっと大きくなったらとーさんとじーちゃんと男三代で釣りにいけるね」といったら
「娘ちゃんも行くー」だそうな 
「さかなつり」にあこがれているもんね(笑)
かーさんは安静にしていると痛みが少ないので横にならせてもらいずっと寝ていたよ
夕飯とお風呂までお世話になってから帰ることに
当初はかーさんが自力で運転して帰ろうと思っていたがさすがに危なかろうと
じーちゃんがうちの車を運転して帰ってくれました
寝るだけとなって帰ってきたもののなかなか寝ようとしないのでとーさんを待つことに
ハードな出張を終えたとーさんは8時半ごろ帰宅
鍵の開く音に玄関まで飛んでいく娘ちゃんとそれを追いかける息子くん
娘ちゃんにはぷりきゅあとしなもんの塗り絵とお約束のご当地きちー 
息子くんにはとーますちょろQ かーさんにはしうまいのお土産
しばらくはとーさんで興奮していたけれどようやく二人が寝たのでしうまいをいただく
とーさんは夕飯食べていなかったので冷凍庫で凍っていたおにぎりもチンしてあげたよ

出張先ではさぞゆっくり一人で眠れただろうと思ったらそうではないととーさん
やっぱりうちでみんなで入り乱れて(笑)寝るのが一番だから淋しかったそうな(笑)
誰かがぶつかってきたり体の上を乗り越えていくことこそ我が家に帰ったなーって気になるらしい

  1. 2006/06/25(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

緊急手術

Jun 24th
いつもならパン食の朝ごはんだけど今日はご飯食
休みでも8時前にはご飯を食べ終わっている我が家
さて今日は息子くんを形成外科に連れて行く日であるが
その前にかーさんは皮膚科に包帯を替えてもらいに行くことに
結構難易度の高い駐車場は既に一杯だったのでちょっと先の広いところでUターンして
薬局の駐車場に止めましたよ 知らないところじゃないから許してもらおう
さてかーさんは「包帯変えるだけ」と気楽に構えてすぐに終わるだろうと思っていたのだけど
昨日焼いたところが浮いていて取れそうということで急遽はがすことに
先生が何か器具を使ってはがそうとするがものすごく痛くて「いたい」と叫ぶかーさん
先生が「麻酔使いましょうか。同じ痛いなら麻酔のほうがいい」というので
痛みに弱いかーさんは「使ってください」と即答するも 
指先という場所だから麻酔そのものの注射も激痛でまたも「いたい」と叫ぶかーさん
まあすぐに麻酔が効いて痛くはなくなったのだけどかーさんの見えない角度で
先生はなにやら切り取っていたというか抉り取っていたというか
「しばらく止血して止まらなかったら縫いましょう」ということで20分ほど待つが
結局止まらなくて縫うためにもう一度麻酔をすることに
やっぱり「いたい」と叫ぶかーさんでした
普通の診察室のベッドに横になって緑色の布から指だけ出して生まれて初めての縫合手術
妙な気分でしたよ
あれだけ痛い思いをしたのに取れたのは9割とかで
爪の下にもぐりこんでいるあと1割はまだ硬いし爪をはがさないと取れないとのこと
抉り取った血まみれのいぼを見せてもらったけど小指の先くらいある大きいものでした
そういえばなんとなく欠落感というか喪失感はあるのよねと思っているうちに
麻酔が切れてものすごく痛くなってきましたよ
さて局所とはいえ麻酔をしたからには20分は安静とのこと
息子くんの病院もあるし何よりもう3時間近くたっているのでばーちゃんも心配しているはず
「何か先に食べさせて出来たら息子くんを寝かせておいて」と連絡したいけど院内は携帯禁止だし 
困ったよ
ようやくベッドから起き上がることを許されたのが11時半少し前でした
しかしながら抗生物質と痛み止めだけはもらいに行かないとと薬局へ
対応してくれたのはまだ若いかーさんの知らない薬剤師さん
かーさん痛みとあせりでよく処方箋を見ていなかったのだけど
出ていたのはテトラサイクリン系なので「これを機に断乳されたほうが」といわれる
確かに息子くんはもう1歳半近いからやめるべきなのだろうけど
息子くんはもちろんかーさんのほうにもまだ準備が出来ていない
間違いなく人生最後の授乳はそれなりに覚悟してからじゃないとなー
夜の薬はパイのあとに飲むことにして何とか乗り切ろうと考えつつ帰宅
病院を出たところで電話したら出なかったばーちゃんは娘ちゃんと息子くんを連れて外に出ていたらしい
ちょっとしかおやつを食べていない息子くんはやっと寝たところだとか
しかし予約は12時なので連れて行かないといけない
当初はかーさんと息子くんの二人で行くつもりだったけれどかーさんの指は大変なことになっているので
抱っこ要員としてばーちゃんが付いてきてくれることに
当然娘ちゃんもついてくるので「こどもの病院じゃないから遊ぶものはないし
人がたくさんいるから絶対に騒がないでね」と言い聞かせて連れて行く
予約しているとはいえ土曜なのですごい人
結局寝たばっかりだった息子くんは車に乗るときにおきてしまいました
娘ちゃんと二人並んで座らせるもすぐに騒ぐので大変
おなかが減っているせいもあろうとスティックビスケットを食べさせ始めていたら
「廊下でおまちください」と名前を呼ばれる
もう無理矢理のように取り上げて廊下に並ぶが結局その後1時間近く待たされる
眠いのとおなかが減っているのとで息子くんはものすごく泣き喚く
娘ちゃんもじっとしていられるわけではないし もう本当に大変でした
そこまでしたのに診察は3分もなかったよ
皮下出血の塊が1つなら針をさして抜くけれどいくつかの塊になっているので
針をさすと余計に腫れるからこのままで引くのを待ちましょうとのことでした
待合室に戻って即かばんの中からビスケットとパンを出して食べさせる
先に車にみんなを連れて行こうと思ったら処方箋が出来てきましたよ
次の来診は2週間後とのことだったので金曜の予約を取る
車の中で食べたら機嫌がころっと直る息子くんでした
クリニックの近所の薬局に行くとまた薬歴簿のためにいろいろ書かないといけないので
小児科の横のいつもの薬局にて薬をもらって帰宅
あわててチーズトーストを焼いて食べさせる
娘ちゃんと息子くんには牛乳を飲ませていたのであるが 
いつもならパックを開封したらすぐに瓶に移すのだけど何分かーさん指が痛いし
息子くんはこぼすからとちょっとしかついでいないのでお代わりするから冷蔵庫にしまうのも面倒と
テーブルにおいていたのだけどそこに娘ちゃんが飲みかけの牛乳を戻す
痛さでいらいらしていたかーさんはまだほとんど残っていた牛乳を流しにぶちまけ
「娘ちゃんが戻したから飲めなくなった」と切れる
娘ちゃんは「ぎゅうにゅうのみたい」と泣き喚くが「もどすからでしょ」と相手にしない
ばーちゃんが「そんな短気おこさんでも」というが痛い目に会わないとまた同じことするもんね
さてばーちゃんは月末で忙しいので今日帰らないといけないのだけど
かーさんこの指では食事の支度や後片付けはもちろん二人をお風呂にも入れられない
ということでとーさんの実家に3人で緊急避難
娘ちゃんと息子くんだけじゃなくかーさんの食事の面倒まで見てもらうことにする
娘ちゃんと息子くんは早速庭で蚊にさされながらも遊びまわる
かーさんはあまりの痛さにぐったりしていましたよ
息子くんがそんなかーさんのところにやってきたのでちうとかしていたらばーちゃんに
「そこで何をいちゃつきよるとね」と見つかってしまいました(笑)
さて痛む指先 ふと気がついたら包帯に血がにじんでいる
明日は休みだし 幸い土曜の午後も診察している病院なので電話して再受診
さすがに危ないのでじーちゃんに送ってもらいましたよ
縫ったところではないところが出血していたけれどそれは圧迫したら止まりました
ご飯を食べさせてもらいお風呂にも入れてもらう娘ちゃんと息子くん
やっぱりパイをちょっともらう息子くんに上げた後抗生物質を飲むかーさん
自分の家じゃないので興奮したのかなかなか寝付かなかった二人でしたよ
寝たら寝たでやたら動き回るのでばーちゃんびっくりしていたよ
娘ちゃんは寝る前にばーちゃんにもらったきれいな布を「ゆかた」といって握ったまま寝るのはいいが
夜中に2回目を覚まして「ゆかたは?」と探す
暗闇の中手探りで探す羽目になったかーさんとばーちゃんでした

  1. 2006/06/24(土) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ひさびさに仕事

Jun 23rd
朝からすごく不機嫌な娘ちゃん
かーさんにはそれが「とーさんがいないから」とすぐにわかる
ご飯も着替えもすすまないのでかーさん禁じ手として「はいちゅうあいすあげるから」で
機嫌を直してもらい準備しましたよ
天気予報によると今日は一日大雨なので長靴をはいていくように言うが
「ながぐつはいやー ふつうのくつがいい」「そらははれてきている」という娘ちゃん
「長靴なら水溜りに入ってもいいから」では首を縦に振らなかった娘ちゃんも
「みっひーの(レイン)コート着ていいから」で納得
といってもレインコートは幼稚園には着ていけないのでバスに乗る直前に脱がせましたけれどね
さて本来なら昨日皮膚科に冷凍療法を受けに行かなくてはいけなかったのだけど
何分ランチにいってしまったので今日生協が終わったところで行こうとするが
なんとものすごく久しぶりに3件まとめて依頼
先に済ませることにして取り掛かるが結構難物で気がついたら11時
今日はばーちゃんもいることだし娘ちゃんは3時降園だし帰ってきてからすることにして
車で出かけました
冷凍療法の甲斐あって表面の部分が浮いてきたので削り取り薄くなったところに
さらに窒素を当てるのだけどものすごい激痛でしたよ
やけどみたいな状態なので包帯を巻いてもらって家に帰り仕事の続き
娘ちゃんの降園には余裕で間に合いましたよ
娘ちゃんの言ったとおり雨はすっかりあがっていましたよ
でも水溜りが残っていたので「長靴だからはいってもいい」といってご機嫌を取るかーさん
息子くんはまたもばーちゃんとお留守番してもらうことにして娘ちゃんは家に帰らずそのまま車へ
おやつを食べてから音楽教室へ
先週ぜんぜん練習していなかったから指の動きが今ひとつだったね
いつもは息子くんもいてそっちに気を取られてなかなか娘ちゃんに集中できていないかーさんだけど
今日はちゃんと相手しようと思っているのに娘ちゃんがふざけてばっかりだよ
さて家に帰りついたところで年長の女の子二人に会って「あそぼー」といわれるが
あいにく小雨が降り出した
「雨降ってきたから外では遊べないよ」とかーさんがいうと「じゃあ娘ちゃんちにいっていい?」
今日はお友達と遊んでいないからなーと思って
「いいよ でも息子くんがご飯食べるから5時半までね」ということにする
娘ちゃんは大喜び 息子くんも喜んでいたのかな?
息子くんのお気に入りの積み木でみんなで遊ぶが 娘ちゃんに取られたら文句を言う息子くんも
ほかのお姉ちゃんに取られたときにはおとなしいのでした
みんなが遊んでいるそばでかーさんはじんじんと痛む左手中指をかばいつつご飯の準備
「5時半」って言っていたけれど結局6時ちょっと前に「ご飯の時間だから」と二人を追い返す(爆)
ご飯の後片付けだけじゃなく二人のお風呂もばーちゃんにお願いしてしまいましたよ
来ていてもらって本当に助かりました

  1. 2006/06/23(金) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ランチ

Jun 22nd
朝起きるなり「おとうさんとといれにいく」という娘ちゃん
隣の部屋にとーさんを探しに行くが出張でいないことを教えられるとしゅんとする
本当にとーさんが大好きだもんね
お弁当の日なので朝からばたばた
昨日ばーちゃん達が途中で買ってきてくれた甘夏?を剥いてお弁当に入れた残りを
デザートに食べる娘ちゃんと息子くんでした
娘ちゃんを送ってから息子くんを寝かしつけようとするがことごとく失敗
息子くんが寝ている間にそっと出て行くつもりだったけれど雨も降っているしばーちゃんが
「多分大丈夫」というのでおいて出る
今日はかーさんのお友達と久しぶりに会ってランチの予定
ばーちゃんが来ている日とはいえ留守番というのもふあんだからで連れて行くつもりだったけれど
おかげで身軽に出かけられました
息子くんという10キロの大荷物がないというだけじゃなく
オムツやら水筒やら着替えやらも要らないからちっちゃいバッグひとつというのが楽なのだー
当初はベビカが借りれる百貨店内のお店でのランチの予定だったけれど
かーさんが一人で出かけていることをメールしたら「じゃあもっと大人のお店でもいいじゃないか」
ということでいくつか候補を挙げてくれました
かーさんは地下鉄降りて確かこの辺りにあったはずとCDコーナーを探すが見つからず
本当にめったに来ないものねー
とにかく友達と落ち合って彼女があげた候補の中からかーさんが選んだお店へ
ところが開店は11:30
じゃあそれまで別のお店を探してみようとそのあたりを歩いていたら銀行があったので
無事お金を下ろせましたよ
結局さっきのお店まで戻ってきてそこでランチをすることに
お昼のコースをいただきつつ2時間しゃべり倒す(笑)
彼女のところは二人とも我が家と同級生だもんね 
ということで幼稚園と保育園という違いこそあれ家庭内における状況はほぼ同じ
同じような目にあっている(笑)ということです
久しぶりですごくリフレッシュできました
料理もおいしかったしなにより邪魔されずにゆっくり味わうことが出来たのが幸せでした
また会おうね!
1時ちょっとすぎには彼女と別れて電車に乗ったかーさんだけどローカル私鉄との接続が悪く
最寄り駅に着いたのが園バス到着3分前
何分身軽なので(笑)ダッシュしたら間に合いましたよ
ばーちゃんが「(自分で)大丈夫だろうか」と思いつつも息子くんを抱いて出てきてくれていました
息子くんはかーさんを探すこともなかったし昼寝を長くしていてかーさんが用意しておいた
お昼を先ほど食べたところだったらしい
しゃばぞーも大分おりこうさんになってきたの・・かな?
夕飯の後娘ちゃんは「ばーちゃんとはいる」というのでばーちゃんとお風呂
息子くんと娘ちゃんが寝たらやっぱりそのまま寝てしまうかーさんとばーちゃんでした

  1. 2006/06/22(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

じーちゃんばーちゃん来る

Jun 21st
とーさん今日から出張
娘ちゃんをお見送りした後一旦家に戻って準備してからお出かけ
今回の出張は2件続けてなので帰りは日曜
とてもじゃないけれどかーさん一人では娘ちゃんと息子くんの面倒みきれない
特に8時までに朝ごはんとお弁当の準備は出来ないのでばーちゃんにヘルプに来てもらう
今回はじーちゃんが送ってくれましたよ
PC持参だったのでエクセルのファイルをCSVに保存しなおして宛名印刷ファイルにインポート
ラベル印刷をするもなぜか2枚目ばかりが何回も印刷されてしまいました ごめん
とりあえずやり方をじーちゃんに覚えてもらったところでかーさんの運転で
郊外のモールの登山グッズの専門店まで
父の日のプレゼントということで夏用のメッシュのベストと帽子をお買い上げ
3分の1ずつ妹達に請求しなくては
ついでにご飯を食べていくことに
幸いフードコートがあるのでベビカごと入れるしざわざわしているので多少息子くんが騒いでも大丈夫
と思ったのだけど息子くんの場合食料をあてがっていたらおとなしいで心配いらなかったよ
かーさんはかわらそばをいただきました
帰りにこの前チェックしたのではない別の安いサンダルをひと夏ものと割り切ってお買い上げ
時間によっては娘ちゃんを直接幼稚園に迎えに行こうかとも思ったけれど
まだ余裕があったので家に帰る
じーちゃんは久しぶりに娘ちゃんとあってから帰っていきました
ばーちゃんが娘ちゃんと息子くんの相手してくれるから夕飯の準備も夕飯もお風呂もものすごく楽
疲れていたので娘ちゃんと息子くんを寝かしつけてそのまま9時過ぎから寝ていましたよ
  1. 2006/06/21(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

精密検査

Jun 20th
お弁当の日なので朝からばたばたでした
何とか娘ちゃんととーさんを送り出した後小児科に電話
先週の金曜のランチのとき息子くんがテーブルにぶつかって右目の横を打ったのだけど
数日たって腫れが引くどころか増している感じなのでとーさんも心配しているので
念のために受診
幸い9:15と早い時間の予約が取れたので息子くんが寝る前かつ仕事の依頼が来る前に出かける
待合室で昨日の保護者の会で一緒だったままと女の子に会ったよ
名前を聞かれたので教えてこっちも聞き返すが うーん どうよって感じでした
さて受診
先生曰く「これだけ元気だからCTとったり 
たまった血液を針で抜いたりまでは必要ないだろうけど
顔は小さい骨の集まりでひびとか入っていたら大変だから
念のためにレントゲンを撮ってもらったほうがいい 紹介状を書きます」とのこと
かーさんが思っていた以上に大事でした
診察券だけで保険証を持っていなかったので家に一旦取りに帰ってから紹介された形成外科へ
ここは予約制なので予約優先でしかも今は患者が多い時間帯なので最低1時間は待つとのこと
しかも子供仕様ではないから息子くんがすぐに退屈して騒ぎ出す
「まんまー」といっていたけど診察前に食べるのはよくないだろうと何も持ってきてないかーさん
とにかく眠いのもあってぐずって大変でした
ようやく見てもらえたのが11時半過ぎ
まずは骨が折れていないかの確認のためにレントゲンを撮るのだけど
ベッドに上向きと横向きに寝ての写真は何とか撮れたもののうつぶせの写真は
泣いて暴れて嫌がる息子くん
骨は折れていないとのことでほっとするかーさんに先生がきついお言葉
「悪いところ打ったね」
何でも目の横には細い血管がたくさん通っているからよくないらしい
ついでエコーを撮るがグリースを塗られても目を開けたままだから入ってまた泣いて暴れる息子くん
先生も「ちょっとだけでも泣き止んでくれたらいいのだけど」といいながら診察
最後にドップラー
腫れているところには打ったときに切れた血管から流れた血がたまって固まっているとのこと
打ってすぐだったら処置も出来たけれど4日もたってこられてはどうしようもないと
怒られてしまったよ
出血自体は止まっているかが腫れが引くのには相当時間が掛かるといわれる
とりあえずは日に2回30分ほど冷やしてこれ以上の出血を止めて
その後暖めて血液を吸収させるとのことで土曜日に再診となりました
わーん ごめんねー 息子くん
打ったのが水泳参観の前のランチでそのまま水泳参観→音楽教室だったし
よく土曜日は午前中一杯娘ちゃんの参観だったし
日曜があけた昨日は午前中はまたも娘ちゃんの幼稚園の保護者の会のお手伝いをして
午後はとーさんのシャツの交換にいったりと大忙しだったのでつい後回しだったかーさんを許して
息子くんは散々泣きつかれて寝てしまいました
そのまま家に帰って息子くんのお昼ご飯を準備してから
寝ている息子くんの顔にそっとガーゼに包んだ保冷剤を当てて冷やす
とてもじゃないけどおきているときには冷やせないからお昼寝の時間と夜に冷やすことにしよう
そのまま息子くんは2時近くまで起きない
娘ちゃんのお迎えの時間になったので寝ているのを抱っこしてバス停へ
娘ちゃんには「息子くんはまだご飯たべていないから」といって早く家に帰ってもらい
息子くんは遅い遅いお昼ご飯
娘ちゃんにおやつのアイスを出したらおにぎりをべーっとして自分も食べる息子くんでした
二人がおやつを食べている間に晩御飯の準備
娘ちゃんとの約束で先に音楽教室の練習をしてからお外に行くが
たくさんいたお友達に「なかまにいれてー」といったけどまたも「いやー」といわれたらしい
自分も言われたらしゅんとするくせに集団になるとそんなことを言うのが幼稚園女児だよね
息子くんがボールで遊んでいるのを見ていたらそばにいたままが「あれどうしたの?」と
その中の一人の園児が目をこすって泣いているのに気が付く
なんと「なかまにいれてあげない」と何度も言われて腹を立てた娘ちゃんが砂を投げつけたらしい
かーさんは内心「一番小さい子にそんな意地悪をいうからそのくらいされてもしかたない」
「やられっぱなしでない娘ちゃんは根性ある」と思うがそれは教育上よろしくないので
「砂を投げたり叩いたりしたらだめでしょ。あやまりなさい」というと「ごめんね」という娘ちゃん
「そんなことするならお外では遊べないよ」と一旦連れて帰ろうとする
とりあえずは娘ちゃんが泣かせた女の子のままには状況はなして謝っておいたよ
向こうも「意地悪ばかりいってたからでしょう」と気にしていなかったけれど
娘ちゃんを抱きしめて「意地悪してたのはむこうが悪いけどそこで砂をかけたら娘ちゃんが一番悪くなるよ」と言い聞かせてからもう一度砂場に戻る
しばらく遊んだ後家に帰る
洗濯物ひとつ取り込むにも息子くんが外に出ようとするのを阻止しながらだからものすごいストレスだわ
と思いつつふと下を見たらテニスボールが
家に4個あるはずのテニスボールのうち2個が今行方不明
どうもそのうちの1個は息子くんが外に投げたらしい
二人を連れて畑に行くとそれだけで大変なので家に残して拾いに行くかーさんでした
早い時間にご飯を食べてからもう一度お外
しばらく遊んでいたら眠い息子くんがぐずりだしたのでまだ遊びたがっていた娘ちゃんを促して帰る
帰ったら食器が乾いていたので片付けてさらにまた娘ちゃんと息子くんが散らかした部屋も片付ける
一日中片づけしている気がするかーさん
やっと何とか片付いたのでお風呂に入ろうとするが娘ちゃんが自分はぐずぐずしていたくせに
「いちばんさいしょにはいりたかったのにー」と泣き喚く
だったらかーさんが「お風呂入るよ」って言ったときにすぐにくればいいのに
風呂場でもずっと同じこと言って泣き喚いていたけれど無視してさっさと二人を洗って上がる
上がってからも「さいしょにはいりたかったのにー」と泣いて着替えようとしない
「いつまでも泣きなさんな 先にかーさん着替えるよ」といったら「だめー」
「さきにきがえる」というならさっさと着替えろよ
ここでかーさんがしびれ切らして先にパジャマ着るとまた阿鼻叫喚なので我慢していたら
パンツのネームタグをわざとはずして「うさはなちゃんきらい」とわめく娘ちゃん
それでもなんとかパジャマを着たのでかーさんも着替えて息子くんにパイ上げながら
顔のこぶを冷やすが今度は娘ちゃんが「(今はいているタグをはずした)パンツに
なまえつけてーと泣き喚く
「あんたがわざとはずしたんでしょ しらん」「明日洗濯してからつけてあげる」というが
「いまつけてほしい」「つけてほしい」と無理な要求して泣き喚く
うるさいので無視
っていうか娘ちゃんが泣き喚いたからといって言うこと聞いていたら癖になるからね
(例えばこの前の「花持ってくるの忘れた」みたいに)
息子くんは息子くんで「おちゃ」といってマグを要求するので渡すとちょっと飲んでは逆さにして振る
何度も繰り返すからかーさんもう取ってあげなかったらこっちも阿鼻叫喚
「もうしらん」といってかーさんが布団かぶって寝ていたらいつの間にか二人とも寝ていたよ

  1. 2006/06/20(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

七夕祭りの準備

Jun 19th
息子くんは朝6時過ぎに起きる
かーさんもなんとなく起きてごろごろ
6時半になったので起きだしてご飯の準備を始めたらすぐに
「おなかへったよー」と寄ってくる息子くん まだご飯しか炊けていません
娘ちゃんも7時前に起きてご飯を食べ始めたので30分にはご飯終了
しかしその後着替えにぐずぐず
結局いつものように最後はばたばたで家を出るがふとかーさんが娘ちゃんのリュックをチェックしたら
箸箱を忘れていたのであわてて取りに帰る
バスには間に合いました
家に戻って洗濯と食器の片付け
息子くんがぐずるので抱っこするがなかなか寝付かない
しばらく放っておいたら自力で寝たのが9時すぎでした
先週全く依頼がなかったのでどうなることやらと思いつつメールをチェック
しかし月曜はいつも依頼が遅いのよね
なので待っていてもしょうがないと思い10:15になったので寝ている息子くんを抱えて車へ
今日は娘ちゃんの幼稚園の七夕祭りの準備の手伝いの日なのだ
スタートが遅かったので園の駐車場の止めやすいところは既にふさがっていたのでスーパーへ
何回も失敗しつつ何とか止めて警備員の目を盗んでスーパーを通らずに幼稚園へ
入り口に「作業はホールに変更。小さい子供連れの人のみ保護者室へ」とあったので
そっちに行きながらひつじ組の前を通ったら娘ちゃんと目があい「あ おかあさん」
手をひらひらと振ってから目的の部屋に行くが「作業はホールに変更になりました」といわれる
えーっと思ってホールに行ったら名札をつけたあとは保護者室へといわれたよ
ホールは針仕事組でした ちびがいたら危ないものね
ということでもう一度保護者室へ行く
役員さんのほかにかーさんのようにちび連れたままが10人弱
針仕事ではなく園児のお土産袋用の絵を切りビニール袋に貼り付ける作業
息子くんはかーさんの持ってきたものだけじゃなく周りからももらったお菓子を食べる
折りたたみ椅子によじ登ろうとしたのだけはその椅子にかーさんが座って阻止(笑)
同じ年くらいの女の子にどつかれて泣いていましたが
その女の子はやはりままが同じ作業をしていた近所の男の子も泣かしていたよ
息子くんはかーさんのかばんの中身を引っ張り出して遊んでいたのだけど
ここでかーさん重大なことに気がつく あーまたやっちゃったよ
作業は予定より15分早く終了
かーさんまたも財布を忘れるという大失態をしでかしたのでスーパーで買い物はせずに
安全運転ででも気持ちはあせって家に帰る
よかったー つかまらなくて
いつもみたいにパンは買えなかったので家にあった食パンを切って息子くんに持たせてメールチェック
久しぶりに1件依頼が11時ごろ入っていました 
かーさんの読み大当たり
幸い簡単な部類だったので息子くんを周りで遊ばせながらちゃっちゃと片付けて送信
1時を過ぎていたけれどおおあわてて晩御飯の準備をしながら食パンの残りを
卵と砂糖と牛乳につけてバターで焼いてフレンチトースト
息子くんにお昼ご飯の代わりに食べさせて残りは娘ちゃんと息子くんのおやつにする
ついでに朝握っておいたおにぎりもしょうゆ味の焼きおにぎりにしておやつにする
夕ご飯の準備を終わるころにはもうお迎えの時間
おおあわてて出かけようとしたら息子くんが昨日SCでもらった風船を2個とも持っていくという
おいたら怒るからそのままでお迎えに行ったよ
案の定両手に風船持ったままこけておでこをすりむく
息子くんは臆病そうに見えて大胆なのでしょっちゅう怪我しているよ
娘ちゃんが帰ってきたので連れて帰るがまたすねて制服は脱ぎ散らかす
なだめて持ってこさせてハンガーにかけるのを手伝い箸箱や体操服を出させて
手を洗ってからおやつ
いろいろ言っていたけど「今からお出かけするけど娘ちゃんは留守番するね」といったら「いくー」
昨日うにでとーさんのシャツを2枚買ったはいいけどなんと一枚はMだった
とても着れるわけないから交換に行かなくてはならない
どの店でも交換はできるらしいので昨日の店より近いところにいくことに
といっても20分近く掛かるのだけど
出来るだけ近いところにとめて店内へ
Lサイズを探してもらうのにちょっと時間が掛かるが交換はしてもらえたよ
かーさんは今サンダルというかミュールが欲しいなと思っているのだけど
このモールにはかーさんの好きなメーカーのアウトレットがあるので覗きに行くことに
横断歩道を渡るところで息子くんが頭に手をやって「ぼ↑?」という
「あ 帽子ね 車に置いてきたから後でね」といってお店に行くかーさん
よさげなのはあったけど二人を連れていたらゆっくりは選べないのであきらめて車へ
しかし車の中には息子くんの帽子はない
おかしいな さっきバックミラーで見たときには持っていたのに
娘ちゃんが「ようふくやさんにいったときはかぶっていたよ」という
かーさんは車の中において降りたつもりでいたけどかぶらせていたらしい
即お店に引き返してレジのお姉さんに尋ねるが落ちてはいなかったとのこと
「もし見つかったら連絡しましょうか?」と聞かれる
バザーで10円で買ったものだけど息子くんがすごく気に入っているので見つけたいかーさんは
「お願いします 白いハット型でスヌーピーが付いていて・・」と説明しだしたら
今支払いを済ませて外に出たおじさんが戻ってきて
「子供の帽子ならそこの木の上にあるよ」と教えてくれる
すぐにお店のお姉さんが取りにいってくれて無事帽子は戻ってきました
おじさんにお礼を言ったら「いや 帽子がって話が聞こえたものだからね」
ありがとうございました
家に戻ってきたらちょうど外にはお友達が
一緒に遊び始める娘ちゃん
みんなが塾に行くというので一緒にお願いして家に戻るかーさん
息子くんは朝のお昼寝を途中でさえぎられたのもあって眠くてたまらず
ぐずりながらかーさんを追い掛け回す
かーさんは夕飯を準備してしまいごみを捨ててしまってから5時前から息子くんをお風呂に入れる
さっぱりしたところでしばらくご機嫌で遊んでいたけれど
テーブルの上を見て息子くんが「まんま」と言い出したのでさっさと食べさせる
6時前には抱っこして寝かしつけ
さあ娘ちゃんを迎えに行こうとしたら娘ちゃんが玄関の外で何か言っている
「おちゃのみたい」と戻ってきたのだ
もうこのまま家にいて欲しいのだけど「いや おそといく」とわめくのでついていく
みんなは砂場で遊んでいて一番年長のお姉ちゃんが呼んでくれたけど中に入っていかない娘ちゃん
もしかしたらまたもめたのかなとおもっていたら「くつをはいてくる」
ぞうりだったので履き替えて戻ってくるがすぐにはまた入れない
「どうする もう帰る?」と聞くが「まだ遊ぶ」
やっと中に入れたのでかーさんは息子くんの様子を見に行きがてら例の小説を持ってくる
ざざっと読んだのでもう一度きちんと読もうと思ったのだ
しかしそうしていたら一緒に遊んでいたおねえちゃんの一人が帰ったので娘ちゃんも連れて帰る
先にご飯を食べさせてから約束していたとおり音楽教室のCDを一回かけて練習
その後二人でお風呂に入ってから今度は絵日記を書く娘ちゃん
息子くんは寝ていたのでこっちの部屋で一回本を読んでからお布団へ
久しぶりに8時には寝た娘ちゃんでした
  1. 2006/06/19(月) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

父の日

Jun 18th
遅くまで小説を読んでいたかーさんだけじゃなく今日は珍しくみんなが寝坊
気がついたら7時半過ぎていたよ
あわてておきだして朝ごはんの準備をするが残念ながら外は雨
天気がよかったらまたじゃすここうえんにいくつもりだったけど今日はだめだね
その代わりご飯を食べ終わってからお気に入りのモールまでお出かけ
今日は父の日ということでとーさんにシャツを買ってあげることに
来週京都東京と4泊5日の出張で毎日シャツを着ないといけないのに
とーさんは3枚しか半そでのYシャツ持っていないものね(爆)
イオンよりうにのほうが安かったので(爆)そっちで2枚お買い上げ
その後いつものお店のほうに向かって歩いていたら洋服やさんでTシャツがセール
娘ちゃんにはピンクの息子くんには青の色違いのタンクトップをお買い上げ
店頭にはレディスのカットソーも出ていて安かったのでかーさんも一枚お買い上げ
かーさんのテイストではないけれどこーゆーのが今はやっているみたいだし
とにかくかーさんも若作りに励まねば
昨日参観に来ていたままたちを見てとーさん「みんな若いよね」
そーなのよ 近所には割と上の子供と5歳くらい離れて下の子を産んでいるお母さんが多くて
その下の子が丁度娘ちゃんと同じ年代ということもありかーさんそれほど浮いていないのだけど
(実際かーさんより年上のままも多い)
幼稚園では明らかにかーさん一番年上
とーさんも「みんな若い ひょっとしなくても10くらい違うかも
とてもじゃないけど運動会では一緒には走れない」といっていたよ
娘ちゃんでこれなら息子くんのときはどうなることやら
「かーちゃんふけてるな」とお友達に言われない程度には何とかしないといけないよね
かーさんが服を選んでいる間にとーさんと娘ちゃんと息子くんは先にアイスを食べに行くという
後を追いかけたらなんといつものお店のあたりは店内改装中
携帯鳴らしたけど出なかったのでそのままにしてかーさんはいつもの輸入食材やでお買い物
ここならからつきの胡桃があるかなと思って探したけど残念ながらありませんでした
いつものように生ハムと調味料を買ってお店の外に出て歩いていたらとーさんたち発見
さあ娘ちゃんお待ちかねの無印でのお菓子ショッピング
今日もかご一杯買う娘ちゃんだけどカードで買ったら10%オフだったので
1000円ちょっとのお菓子代をカードで支払うかーさんでありました あーあ
さてこのあたりで息子くんはベビーカーの上で寝てしまう
このまま寝ている間にお昼ご飯を食べてしまい息子くんの分は実家にお願いすることに
丁度お昼時だったので激込みのフードコート
かーさんが息子くんを見ている間に先にとーさんと娘ちゃんに見てきてもらうけど
注文せずに戻ってきて「かーさんは?」
もう さっさと頼んでくればいいのに 気が利かないことおびただしい
「かーさんが娘ちゃん連れて一緒に頼んでくればいいと思って」というが娘ちゃんは
「おとうさんがいい」というのでまた娘ちゃんととーさんは列に並んで注文
しかもすぐには出来ずにブザーを渡されているし
かーさんが注文して同じくブザーをもらってくる頃やっと娘ちゃんととーさんの分が出来る
その後しばらくしてかーさんのがやっと出来て食べようとしたら息子くんが起きちゃったよ
娘ちゃんはキッズセットのジュースばかりをごくごく
息子くんが起きるならかーさんジンジャーエールじゃない無炭酸のにすればよかったなと思う
娘ちゃんは当然ジュースは分けてくれないし
仕方ないのでちょっとだけジンジャーエール飲ませたら気に入ってごくごく飲む息子くんでしたよ
かーさんの分はなくなってしまいました
自分で作らないで食べれるだけありがたいけどゆっくり食べたかったなあ
そうも言ってられないのであわててかきこんで車に乗り込み実家へ
まずは娘ちゃんと息子くんと一緒に降りるかーさん
とーさんは家を出る前にかけていた乾燥機を止めて参観の様子を撮ったビデオを持って
息子くんのオムツを買ってじーちゃんへのありがとうケーキをかってから戻ってくることに
その間ばーちゃんから刻みのりをまぶしたご飯をもらう息子くん
とーさんが1時間経っても帰ってこないので遅いなと思っていたらなんと!
乾燥機のスイッチが入っていなくて洗濯物は濡れたままだったので干してきたとのこと
朝の空模様とはうってかわっていい天気だったものね
じーちゃんへのありがとうケーキを食べようとしたところでとーさんは
テープの古いのを忘れてきたことに気がついて取りに帰る
帰ってきたときにはケーキはぐちゃぐちゃでした(笑)
さて体育レッスンやローテーションやプール参観の様子を見てじーちゃんばーちゃんは大喜び
その間も息子くんも娘ちゃんも外に出たがるので庭で遊ぶ役目はとーさんが果たしていました
かーさんは4時半ごろ一足先に歩いて帰り夕飯の準備
帰り着いたらとーさんがお布団も干していてくれたので助かりましたよ
今日もかーさんご自慢のグリルで鮭やソーセージや野菜を焼くことに
6時にみんなが帰ってきてから焼き始めたものだから
息子くんが「はやくそーせーじくれよー」と騒いで大変でした しまった先に焼いておけばよかった
キャベツやたまねぎも焼きましたよ
最後はおにぎりを焼いたけどもうお腹一杯で食べれなかったので夜食に残す
かーさんが先にががっとお風呂に入ってとーさんと息子くんと交代
娘ちゃんがまたすねて「おふろはいらん」とか言い出すので
「あー 娘ちゃんの大好きなワンピースが汚れとる 洗濯するから脱いで」
そのまま全部脱がせてお風呂に押し込みましたよ
息子くんは上がってパイを飲んだらすぐに寝てしまうがそのうち風呂場から娘ちゃんの泣き声が
「(ばーちゃんちから)おはなもらってくるのわすれたー」
「おかあさんにあげたかったのにー」
正直言ってかーさんは子供の世話で手一杯で花をもらっても水を変えるのを忘れるから
実家に行くたびにもらってくる花はありがた迷惑(爆)なんだけど
娘ちゃんは譲らず結局8時ごろからもう一度実家にいって花をもらってきていましたよ
そのおかげで娘ちゃんが寝たのは9時
それから録画しておいた大河を見るがもうかーさん眠くて仕方ないので
W杯は見ずに寝ることにする
だって今日も勝てそうにないのだもの
前半途中でとーさんだけじゃなくご近所からも声が聞こえる
日本の絶対絶命のピンチを彼の神の手が救ったのでした
それは惜しいシーンを見逃したかも でも多分明日テレビで何回もリプレイは放映されるでしょう
「もし勝ったら起こして」といっていたけど起こされることなく寝ていました
惜しくもというか残念ながら引き分けだったらしい
とにかく絶好のチャンスで得点が出来なかったみたい
相変わらずの決定力不足 「泥臭さ」ないもんね
とても次の王者に勝てるわけはなさそうだね

  1. 2006/06/18(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

親子の集い

Jun 17th
土曜日なのでホットサンド
今日はいつもの卵マヨネーズとツナオニオン
昨日生協でかぼちゃスープのもとが届いたので牛乳で延ばしてスープにする
起きたら即「おなかへったよー」と騒ぎ出す息子くんにはまたパンの薄切りを上げたので
肝心の朝ごはんはちょっと残していましたよ
さて今日は幼稚園の「親子の集い」いわゆる参観日
幸いとーさんは今日は職場のテニス大会とかで出番を午後に回してもらい張り切って参加
例のごとくスーパーに止めようと思っていたけれど早起きな娘ちゃんと息子くんのおかげで
8時半には準備ができていたので難しくても幼稚園の前に止めることにして出かける
案の定普通に止められるスペースは既に埋まっていたので奥に頭から突っ込んで止める
かーさんなら絶対出られないと思うけどとーさんなら大丈夫だよね
ひつじ組に一番乗りの娘ちゃん
とーさんも見に来てくれているからいつもにもましてハイテンションで走り回る
息子くんも娘ちゃんの椅子に座ってみたり娘ちゃんの後を追い掛け回したりとこっちも大はしゃぎ
かーさんは教室の後ろに張ってある娘ちゃんの絵をとーさんに教える
雨降りの絵なんだけれどかえるが描いてあったりととても上手なのだ
さて9時過ぎたので園庭へ
娘ちゃんがクラスの女の子2人と手をつないでいたらその輪の中に入ろうとしていた
ひつじ組の男の子がいたのだけどみんなに逃げられていたよ
さて体育ローテーション開始
いつもなら息子くんを抱いたままビデオ撮影のかーさんだけど今日はとーさんが見ていてくれるので
らくらく撮影でしたよ
とーさんも娘ちゃんががんばってるのを見て大喜び
さてローテーションの後は全体が動き出しすっかり娘ちゃんを見失う
体操の後はクラスごとに輪になって踊っているのだけどひつじ組は一番遠いところでしたよ
あわてて息子くんを連れて場所を移動するとーさんとかーさん
さてみんなが整列する頃には息子くんは鳥小屋に夢中になっておりました
ふと気がついたらとーさんはいない
なんと娘ちゃんを前から撮れる位置まで移動してビデオを構えていたのでした さすが
さて子供達が教室に戻ったところで親は講演会
この前みたいに逃げられないように間にはさんであるのね(笑)
かーさんは講演を聴くことにしてとーさんに息子くんの世話を頼む
この前の講演ははっきり言ってどこかで一度は聞いた話で演者もたいしたことなかった(爆)けど
今回の演者は長いこと人事教育畑を歩いた人だけあって話もうまくて
エピソードも感動的でうるうるきそうだったよ
講演が終わったので教室へ
日課活動の参観である
息子くんは自分も参加しようとするのでかーさん羽交い絞め(笑)
とーさんがビデオ係りでした
去年幼稚園の見学会で日課活動を見て「年少でこんなことをやるなんて!」と驚いたかーさん
娘ちゃんは何分とーさんとかーさんの子どもなので先生の顔を見てじっと集中は出来るわけなく
結構きょろきょろしているのだけどそれでもいろんなことを覚えています
特に国旗
今はアジアの諸国なのだけど先生がカードで出している国は全部覚えているものね すごい
さて日課活動の後は椅子にお母さん達が座り子供は前へ
なんと似顔絵を描いた紙皿のプレゼントでした


実物のかーさんより美人にかけているでしょ?
実を言うと娘ちゃんがちょっと前に「おかあさんのかおかいた」といっていたし
今日も「ぷれぜんとがあるっちゃん」といっていたので何かあるとはわかっていたけどね
それでもとってもうれしいよ
最後の絵本の読み聞かせは参観に来ていたままが読んでいたのだけど
ちゃんと座って手をひざの上において真剣に聞いていた娘ちゃん えらいねー
さてとーさんも大喜びの参観が終わったので帰ることにするが1時近くなっているけど
家には何の準備もしていなかったので外食することに
娘ちゃんが「うどんがたべたい」というので近所のうどんやさんへ
とーさんとかーさんがそれぞれどんぶりとミニうどんのセットを頼む
うどんは手打ちで相当腰があってとても息子くんは噛み切れないのでかーさんが短くしてあげたよ
それをしばらくはちるちるとすっていたけれど昼寝していない息子くんはぐずぐず
結局娘ちゃんもほとんど食べなかったよ
かなりのボリュームで味もよかったのでまたいきましょう
このあたりで10年持っているってことはやっぱりさすがのお味でしたよ
さて家に帰りついてから港を寝かしつける
とーさんはテニス大会に娘ちゃんを連れて行ってくれたので
かーさんはお昼寝をすればよかったのだけど
とーさんが最近映画化された話題作の本を買ってきてくれていたのでそれを読む
宗教的なバックグラウンドがないのでもしかしたら微妙なニュアンスとかはわかってないのかも知れないけれどめちゃくちゃ面白くてあっというまに上巻を読んでしまい
中巻も半分まで読んだところで息子くんが目を覚ましたので中断
暗号ものとか謎解きとかかーさん結構好きなものではまりましたよ
夕飯はスペアリブとソーセージとキャベツの煮込み
鍋を火にかけている間息子くんと遊ぶ
6時にはとーさんと娘ちゃんも帰ってきましたよ
娘ちゃんに「おとーさん がんばってー」と応援してもらい張り切ったとーさんは
2戦2勝だったそうな (笑)
キャベツ半分をきれいに食べつくす我が家
スペアリブも4週に一回カタログに載る食材なので次は4週後です
とーさんが二人をお風呂に入れてくれる
先に上がった息子くんはパイであっという間に寝てしまいましたよ
娘ちゃんは興奮しているのかなかなか寝なかったけれどね
二人を寝かしつけてかーさんは小説の続きを読む



  1. 2006/06/17(土) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

親睦ランチ&水泳参観

Jun 16th
昨日夕飯も就寝もが早かった息子くんは5時ごろ起きてお茶を飲んだ後寝ないで騒いでいる
無視して寝ようとするかーさんだけどなかなか眠らせてくれない
6時ごろとーさんが起きて相手してくれましたよ
かーさんは6時半過ぎにおきて朝ごはんを作ろうと台所に立つが
息子くんがすぐに寄ってきて「おなかすいたよー」と騒ぐ
この時点で出来ているのはタイマーかけていたご飯のみだったので
まずはそれを納豆で食べさせている間に魚を焼き ピクルスを出し
ついで卵が焼けたので出し 味噌汁が出来次第だし 最後にはブルーベリーヨーグルト
一品ずつ出すまるでコース料理のような(笑)朝ごはんでしたよ
今日はとんでもなく大忙しの日なのである
朝からかーさんが化粧したり娘ちゃんの髪を結んでいる間にとーさんが掃除機かけてくれて助かったよ
娘ちゃんととーさんをお見送りした後は即家に帰って洗濯物を干して食器を片付ける
生協までに息子くんを寝かそうと努力するが眠くてたまらないくせに体をそらして嫌がる息子くん
「もういい しらんよ」と布団に下ろしてかーさんはメールチェック
今日だけは依頼があるなら早く送って欲しいよー
そのまま生協が着たので外に出て荷物を仕分けして戻る
そっと部屋を覗いたら息子くんは寝ていましたよ
依頼は10時半過ぎても来なかったので今日は無いということだろう
12時前くらいに来ててもそのときは5時までに返さなくてもいいよね 
あらかじめ言ってるんだから
息子くんは11時ごろ起きる
かーさんは化粧をして出かける準備
余裕があったのに出掛けになって携帯やデジカメ忘れて取りに帰ったよ
今日はスイミングスクールでの水泳参観なのだけどその前にひつじ組ままさんたちの親睦ランチ
場所は知っている国道沿いのお店まで一人で運転して行ったよ
かーさんは丁度時間くらいに付いて何人かのままと一緒になったのだけど
もうかなりの人数がそろっていました
16人中12人が参加 下のちびっこは息子くん一人でした
幹事さん手作りの名札(娘ちゃんの名前)をつけてランチスタート
遠くて離せなかったままたちもいたけれど和気藹々とおしゃべりしながらいただく
息子くんはガラスを叩いたりすり鉢にすりこ木突っ込んだりと悪さをするもののそれでも
「おとなしいねー」といわれていたよ
知らないままたちに囲まれて緊張してただけなのですが
付け合せのキャベツをいきなり手づかみでばくばく食べだしたので
「えらーい」とほめられていたよ
時間になったので皆さんと一緒にスイミングスクールへ
逆方向なのでUターンしてすすむがとにかく前の車に送れないように必死
しかもUターン 交通量の多い国道だからなんとしても一回で決めないといけないので
ものすごいプレッシャーでしたよ
遅れないようにとがんばっていたのに間に2台も入られてしまうかーさん
ふと気がついたら前の車たちはもう左折してるではないか
がーん かーさんだけしそびれたよ
仕方ないから次の交差点で左折してこのあたりかなと検討つけたところでもう一回曲がったら
どんぴしゃりでスイミングの前にでました かーさんなかなかやるじゃない
まずは待合室で長い園長の話
さっき席が遠くて離せなかったままのところにいって「この前の夜中 病院にいませんでした?」
聞かれたままも「あ そうだ!」とわかってくれました
病院で「どっかであったきがするなー」と思っていたそうな
さていよいよプールサイドへ
息子くんは持参のわんこひもを装着していただく
プールサイドはうわさには聞いていたけれどものすごく蒸し暑くて汗だらだらでしたよ
今日からうさはなの水着の娘ちゃんはスカートもちゃんとはいていたよ
最初はなかなかかーさんに気がつかないので大声で名前呼んだらこっちをみましたよ
とにかく水遊びは大好きな娘ちゃんは楽しそうでした
息子くんもがんがんプールに近づき覗き込み自分も入りたそう
「わんこひも」していて大正解でしたよ じゃ無かったら絶対落ちていたはず
さすがにわんこひもは暑そうだったのではずしてTシャツも脱がせて下着姿にしてあげたよ
とにかく暑くてたまらなかった参観が終わったので戻ることに
帰りもよくわからないので前の車についていき国道へ
3車線の国道をちゃんと車線変更しながら走りましたよ かーさん やるー(自画自賛)
家に帰り着いてメール見たら依頼は無し ってことは今週も0件
先週も月曜の1件だけだし どうなってるのでしょう
とにかく息子くんが汗だくだったのでさっとシャワーを浴びさせてから
今度は娘ちゃんの音楽教室の準備
息子くんはおやつにと作っておいた焼きおにぎりを2個ぺろり
生協で届いたはいちゅうアイスを保冷剤と一緒に保冷袋に入れて窓を開けた車にのせておく
プールの日だから帰りのバスはちょっと遅かったよ
娘ちゃんと息子くんをチャイルドシートに座らせてアイスを食べさせている間に
娘ちゃんの水着その他の荷物を持って帰り水着はさっと水ですすぎフォークは洗う
冷蔵庫に入れておいた娘ちゃんの分の焼きおにぎりを持って車へ
息子くんが欲しがるので半分だけあげて娘ちゃんは1個半食べる
もう時間が無かったので食べさせながら教室へ
駐車場で食べ終わって二人の手と口を拭いてから教室へ
かーさん なんと娘ちゃんの本を忘れるという大失態
先生が貸してくれましたよ すみません
今週は全く練習していない娘ちゃん やっぱり指の動きが鈍いと思う
息子くんは相変わらず自分も弾こうと手を出したり椅子によじ登ったりと
娘ちゃんのお稽古についているというより息子くんを押さえることで疲れ果てるかーさん
息子くんがかーさんのかばんの中のお菓子の缶を見つける
空だと思って開けたらビスケットが入っていたもので欲しくて泣き喚く息子くん
息子くんに上げたら娘ちゃんも欲しがるしレッスン中に飲食は言語道断なので
息子くんを泣かせても上げられないかーさん
娘ちゃんに「ちょっと息子くんと一緒に教室の外に出ててもいい?」といったら
「いかんでー」と娘ちゃんも切れて泣き出すので出るわけにいかない
まもなく終わったので教室の外でビスケットを出すが息子くんより先に自分が食べる娘ちゃん
しかもかけらを落として「たべたかったのにー」となく
だって落としたのは娘ちゃんじゃない
息子くんは車の中でも「まんま」とおなかへったようとうるさい
非常に幸いなことにしたには誰もいなかったのだけど丁度出かけようとしている車があり
離合できないのでバックして戻るかーさん かーさんやるー(自画自賛その2)
家に帰って即ご飯の準備
昼もとんかつだったのだけど夜もすぐに出来る生協のミニとんかつ
あらかじめ冷蔵庫で解凍しておいたのをなのすちーむ
ふと見たら息子くんが自分の椅子に自力でよじ登って一番上に立っていたよ すごい
ガードを抜け出すのも時間の問題かも
コーンスープを作るため牛乳を出したら息子くんが欲しがったので飲ませる
この期に及んで何かを食べさせると夕飯が入らなくなるけどまあ牛乳ならいいでしょう
その後一枚ずつチーズもあげました
とんかつが出来たので息子くんにはみじん切り 娘ちゃんには薄切りにして
付け合せのピクルスとトマトと一緒に出してスープも出すが息子くんはまたもスープは飲まず
ちょっと味が薄かったからかな 娘ちゃんは飲んだのだけど
食べられるわけ無いのにかーさんのきっていないとんかつを手に持って食べたがっていましたよ
6時過ぎにドアがどんどん
近所の子だったので「もうすぐ食べ終わったら外に行くね」とドアも開けないかーさん
娘ちゃんは全部食べました 息子くんはすーぷだけじゃなくご飯も少し残す
牛乳をかなり飲んでいたからね
とにかく夕方は眠いものだからスープとか野菜とかをあまり食べない息子くん
無理矢理食べさせようとすると泣いて椅子の上で暴れるし
歯磨きしてからお外へ
実はお友達はみんな塾に入り込んでいたので誰もいなかったので
二人で滑り台すべったり砂遊びしたりする
7時前に塾からみんなが出てくる頃ちょっとだけ合流して帰る
お風呂に入ろうとしたら娘ちゃんがといれにいってなかなか出てこない
その分お風呂に入る時間が遅くなりましたよ
おかげで風呂から上がったのが8時前
娘ちゃんは「じぶんでたまごっちのほんよむ」と本を読む
息子くんは「はらぺこあおむし」の本を持ってきたので読むが途中で「あんまー」
汗びっしょりかきながら飲んで寝ましたよ
娘ちゃんはその後もいろいろしゃべっていたけれど8時半過ぎにようやく寝ました
明日も参観なのよねー 今週は3回も参観だよ

  1. 2006/06/16(金) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

冷凍療法

Jun 15th
朝起きてまだ寝ぼけているとーさんに娘ちゃんが昨日借りてきた本を見せたら大爆笑
「たいそう」と同じくらい笑っていました
狙ってやったとしたらうまいとしか言いようのないセレクションだもんね
お弁当の日なのに昨日からオレンジを剥いておくのを忘れたので
剥いていたら着替える前から息子くんが寄ってくるのでちょっとあげたよ
とにかくおなかが減っているのでまだ朝ごはんが出来る前からテーブルについている息子くん
おかげでテーブルの上で娘ちゃんやとーさんの弁当を冷やすわけには行かず
ただでさえ狭い台所の作業台が一杯一杯でした
何とか味噌汁が出来るころには先に出していた魚やピクルスはもう無かったよ
今日は体操服登園で余裕があるので久しぶりにパンダちゃん結びにしたよ
なぜかいつもよりバスが遅いがとーさん今日はコーギの日なので
娘ちゃんのお見送りはせずに先にご出勤でした
かーさんは家に帰って食器の片付けと掃除と洗濯物干しとアイロンがけ
最後のほうはぐずる息子くんに追い掛け回されていましたよ
抱っこしたけど手に水鉄砲を持っている息子くんはなかなか眠らず
降りようとするので下ろしてかーさんは日記を書いていたのであるが
妙に静かだなと思っていってみたら自力で(笑)寝ていました
さてさて今日も仕事なし  ほんとにほんとに大丈夫?
息子くんが10時半過ぎに起きたので車に乗っけて皮膚科まで
道路に面しているこの駐車場はものすごく止めにくいのだけど
幸い車があまり止まっていなかったし すぐ前の信号が赤の隙に何とか止める
患者さんが少なかったのですぐに見てもらえたのだけど
液体窒素療法はこの前以上に激痛でありました
しかも抱っこ紐で装着している息子くんは動こうとするし
じんじんしている指でハンドルを握って一旦家に戻るが
ご飯の準備とかしたくなかったのでまた車でちょっとはなれたパン屋さんへ
この前幼稚園の参観で一緒になったままさんのおうちの場所を聞いて
「ああ パン屋さんの近くですね」と答えたかーさんはどうしてもパンが食べたかったのだ
息子くんは車の中でコーンパンを食べていましたよ
かーさんはサンドイッチを買ってきたので紅茶を入れて食べようとするが
息子くんが「それもよこせー」とうるさいので
お茶が入る前にマスタードの入ってるのは食べちゃいました
食後にゆったり座ってテレビでも見ようとしたら息子くんが本を持ってきて「よんで」と要求
ぜんぜん休まりませんよ
娘ちゃんが帰ってくる随分前からお外で遊ぶ
全く弾まない100円ボールをけって遊ぶ息子くん
帰ってきた娘ちゃんはすぐに水溜りに近づくので「靴が濡れたら明日は裸足よ」と脅すかーさん
家に帰ってお昼ごはんに食べなかったおにぎりで作った焼きおにぎりでおやつ
食べたところで外に出る娘ちゃんと息子くん
外にいたお友達に「いっしょにあそぼう」といったが「いや」といわれたといっていじける娘ちゃん
しょうがないからかーさんは指先がすごくうずくのに自転車を出してあげるが
息子くんのほうが乗りたがる
息子くんには三輪車を出してきてあげましたよ
そのうちまたも水鉄砲遊びが始まったので自転車をしまって水鉄砲を持ってくる
娘ちゃんだけじゃなく息子くんまでもバケツに手を突っ込んでいるので引き剥がすかーさんでした
そのうちみんなが塾に行くと言い出したので娘ちゃんもノートと鉛筆を持たせて送り出す
息子くんと二人家に帰ってお風呂やお布団を準備し先に夕飯を食べさせるが
眠いものだからぐずぐずでスープは食べなかったよ
6時になったので迎えにいくがみんながまだ帰らないので帰りたがらない娘ちゃん
もうしばらくお願いすることにして息子くんを先にお風呂に入れることに
かーさんが先に入ってしまっていたら絶対娘ちゃんが文句をいいそうだったので
かーさんは外から息子くんをお風呂に入れる
服をきたままだったからいつものように抱きかかえずに髪の毛にシャワーかけたら
ぎゃーぎゃー泣かれましたけれどね
パジャマを着た息子くんを連れてお迎えに行ったらすぐに出てきたものの
家のまえでほかの子供達と遊ぶから家に戻ったのは7時過ぎだよ
ご飯とお風呂の済んでいる息子くんにパイを上げている間に娘ちゃんはひとりごはん
息子くんが寝る頃には食べ終わっていたので久しぶりに「おんなどうし」でお風呂に入りましたよ
先にかーさんがパジャマを着てしまったら「娘ちゃんが一番になりたかったのにー」と泣く
面倒だからかーさんパジャマを脱いで「ほら娘ちゃんが先に着なさい 一番よ」といってあげたよ

  1. 2006/06/15(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

絵本

Jun 14th
夜中気がつけば口の字で寝ている我が家でありました
息子くんは夜中に目を覚ますとごくごくと100ccはお茶を一気飲み
動き回るから汗かいているんだよね
かーさんが起きたのが6:50
大慌てで朝ごはんの準備をしていたら出来る前から息子くんが騒ぐので大変
かーさんが寝坊した分時間が無くて娘ちゃんはうさぎちゃん結びで登園
バスのお見送り後に昨日の話を聞いたところ 
仕事が押したためあわててお姉ちゃんのお稽古事のお迎えに行く車をみて追いかけたらしい
たまたま昨日はぱぱが在宅して一緒に遊んでいると思い込んでいたいたので
いつもなら探して連れて行く男の子を置いていったそうな
で彼は駅の近くの車の通るはずの道で待っていたのだけど
たまたま買い物に行ったままとおねえちゃんは別の道から帰ってきたのですれ違いだったらしい
左官のお兄ちゃん達が泣いていた男の子を見つけて一緒に探してくれたらしいが
どこから来たのか聞いてもらちがあかなくて警察を呼んでくれ
おまわりさんが抱っこして探してくれたそうな
ままが血相変えて探し回っているのを見たその左官のお兄ちゃん達が
「もしかして子供捜してる?」「このくらいの背の?」「水色のシャツの?」と聞いてくれ
無事警察に保護されていた男の子と会えたそうな
「事件が起こるときって普段とはちょっと違った偶然が重なっている」って改めて思ったよ
さてさて本日も依頼無しだよ どうなっているのでしょう
今週金曜日は娘ちゃんの水泳参観の前にクラスのままとの親睦ランチだし
参観終わって帰ってすぐに娘ちゃんの音楽教室なのでこの日だけは早くに依頼をもらわないと
約束の5時までには報告書の送付は無理なので今日のうちに
「金曜日だけは早く依頼書を送ってください」とメールしておきました
息子くんがお昼寝から起きるころにはかーさんのほうが眠くて
曇ってきたからと取り込んだ布団の上にゴロン
息子くんもまねして飛び込んでいましたよ
お昼ごはんを食べ終わったらもう何かもてあましていたので外へ
そのあたりを走り回って遊んでいましたよ
さて今日は二週間に一度の絵本の貸出日
最初こそ娘ちゃんテイストのかわいいわんちゃんの表紙の本だったけど前回はほねほねさんだし
今日は何を借りてきたのかとわくわくして袋を見たらなんと!
この本でした(爆笑)


何で?この本絵本クラブで買ったのと4ヶ月健診で息子くんがもらったのと家に2冊もあるやん
しかも家にあるけど最近見てなくて忘れていたというレベルではなく
息子くんも娘ちゃんもお気に入りだからしょっちゅう読んでる本なのにー
娘ちゃんもけっこうやらかしてくれます
おやつを食べた後はお外で遊ぶ
水鉄砲を持ってきている子がいたので娘ちゃんと息子くんの分も取りに良く
かーさんは「水入れるの一回だけよ」といっていたのだけど
バケツに水を入れて持ってきた子がいてそれを娘ちゃんももらっていましたよ
4時半ごろ雨がぱらついてきたので家に帰り久しぶりに音楽教室のDVD
その後練習させようとキーボードのスイッチを入れるが
「したくない」といっていたのでやめました
かーさんがご飯の準備している間に絵日記を書く娘ちゃん
なかなか上手ですよ
雨が降っていたのでご飯の後のお外もなしにしてお風呂に入っておやすみなさい
かーさんもとーさんが帰ってきたのを知らないままグーグー寝ていたよ

  1. 2006/06/14(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

給食参観&またまた大事件

Jun 13th
昨夜の敗戦のショックで寝覚めの悪いかーさんでありましたが
今日はお弁当の日なので6時半には起きて準備
6時ごろから起きてはいたので疲れているながらも起き上がりましたよ
かーさんが台所に立つとすぐに息子くんが寄ってきて「おなかすいたよー」と大騒ぎ
朝から弁当のデザートのオレンジを剥いていたので欲しがる娘ちゃんと息子くんにちょっとだけ上げたよ
二人ともおなかが減っていたと見えて7時前から食べ初めて7時半には食べ終わる
今日もバスの前に掃除はとーさんが済ませてくれましたよ
バスの時間なので下に下りていたら昨日の大事件の舞台の川に大きな鳥がいた
とーさんが娘ちゃんに「ほら とり」と言うものだからみんなが寄ってくる
昨日の事件の主役のままは「もう いわないでー」といっていましたよ
さて息子くんはまたも9時前に眠くなったので寝かしつける
かーさんはまたも日記を書きながらメールをチェックするが今日も依頼なし
本当に大丈夫なんでしょうか 
10時半には起こして幼稚園に出かけようと思っていたのだけどその前に起きる息子くん
スーパーじゃなくて幼稚園の駐車場に止めようと思って少し早めに出かける
ところが本来のスペースは既に埋まってしまっていて残っているのは難しいところばかり
それでもバックで出なくていいように何度も切り返して前向きに止めるかーさんでした
園庭では体育ローテーションの真っ最中
体操服姿の園児たちがわらわらといてどれが娘ちゃんなのかよくわからない
みんなが輪になって走り出したときにようやく娘ちゃんがわかったよ
当の娘ちゃんは気がついていなくて手をつないで走っていた友達に教えてもらっていたよ
時間になったので2階のホールに上がるが息子くんはまたも金魚に釘付け
水槽に張り付いて「じ」「じ」と興奮
何とか引き剥がしてホールに受付をしに行くけどすぐに脱走して水槽の元へ走る息子くんでした
お弁当とおまけのカレーを試食
同じテーブルには同じひつじ組のままさんたちがいていろんな話を聞きましたよ
斜め前に座ったままのところの男の子はかーさんの横に座ったままのところの女の子と
娘ちゃんのことが「すき」といっているらしい(笑)
息子くんは食べている間はおとなしかったけどそのあとはテーブルを足で押したりしていて大変でした
病院の管理栄養士の先生が来て「食育」について講演していたのだけどものすごい毒舌でした
食料難の時代の話を園長先生に振っていたものだから講演の後の先生の挨拶の中に
「戦後の食糧難時代の苦労」の話が織り込まれて相当長かったよ
終わったところでほかのママさんたちと一緒にひつじ組に娘ちゃんの様子を見に行く
今日は絵の具遊びだったみたい
そんな恐ろしいこととても家では出来ないので幼稚園で楽しんでください
さっき娘ちゃんのことをすきといっている男のこのままが
「娘ちゃんちゃんのおかあさんよ」と紹介してくれたけど「怪獣ぽーず」で返されたよ
照れているときのしぐさらしい(笑)
今日は先に息子くんに食べさせているのでゆっくり娘ちゃんのお弁当の時間を見学してもよかったのだけど
かーさんの車で後の車が出られなかったら申し訳ないので駐車場へ
ところがかーさんの車の前にも一台止まっていて出られない
じゃあもうしばらく園で待っていようかと思って戻りかけたらその車の持ち主が来ましたよ
とっとと帰るがやっぱり今日も依頼なし
晩御飯の準備をしてしまってから娘ちゃんをお迎えに行く
今日もおりこうさんにさっさと戻ってくれたのでおやつを食べてから外遊び
滑り台を滑らずに支柱を降りてこようとする娘ちゃんだけど
結局自分では出来なくて「おかあさんてつだって」
「できないならしなさんな」というかーさん
お砂場セットを持っていくというので一旦家に帰りスパッツをはかせてから道具を持っていったら
さっきまでいたお友達が家に帰ってしまったと怒る娘ちゃん
仕方ないじゃない 幼稚園の制服着替えないといけないんだから
ママさんたちの話題は昨日の「川に落ちた事件」
落ちた男の子のままは片手で金網にぶら下がりもう片手で子供を引き上げたわけだけど
さすがに15キロは重くて手がつりそうだったとか
でも「自分がやらねば誰がやる 自分が産んだ子だ」と力を振り絞ったらしい
ところが当人はもうけろっとしていて川を怖がる様子はないし
一緒に遊んでいた女の子は「自分は落ちなかった」というのを自慢に思っている様子
またやらかすかもな(という予感は別の形で当たってしまうのだけど)
そのうち別のお友達が出てきて一緒に砂遊びをする娘ちゃん
さらさらすな作りを邪魔しないように息子くんにも別の道具を与えておく
やめなさいというのに結局は裸足になる娘ちゃん もーやめてよね
5時過ぎに息子くんがお茶を飲みたがっていたので娘ちゃんも一緒につれて帰る
付いてきてくれるようになったのは大変ありがたいよ
玄関先で待たせておいて一人ずつ風呂場に抱っこで運んで足を洗う
ついでに娘ちゃんのぞうりと息子くんのサンダルも洗って干したよ
少し早いかと思ったけれど息子くんがぐずりだす前に夕飯
今日のなんちゃって酢豚はすっぱい味が娘ちゃんにも息子くんにも好評でした
さっさと食べて歯磨きも済んだのでもう一回外にでる
約束していたので二人の水鉄砲に一回分だけの水を入れて持っていったのだけど
みんながボール遊びをしていたので娘ちゃんはそっちに入れてもらって遊んでいたよ
7時近くになってお迎えが来て家に帰る子がいたので娘ちゃんと息子くんも引き上げてお風呂
風呂場でも水鉄砲で遊ぶ二人
さて風呂上りの娘ちゃんのご本と息子くんのパイを済ませたところで電話が鳴るので出たら近所のまま
なんと昨日川に落ちた男の子が行方不明らしい
7時前まで娘ちゃんと一緒に遊んでいて何人かが帰った後も小学生のお兄ちゃんと
丁度我が家から見えるところで遊んでいたのは知っていると答えるかーさん
さっきの予感的中だよ
あわててパジャマ脱いで普通の格好に着替えるかーさん
娘ちゃんと息子くんは面倒なのでパジャマのまま連れて外に出たところで
さっきその男の子と遊んでいた小学生のお兄ちゃんのままがいたので
「見つかりました?」と聞くと「駅の近くで見つかった」とのこと ああよかったねーと
ほっとして家に帰って寝かしつけ
かーさんもつい寝ていたので彼のままと電話をくれたままから「見つかりました」のメールには
しばらくしてから気が付く
「見つかってよかったですね」と返信したら
「この先何が待っているやら 私の体が持ちません」とのお返事
「ああ息子」そのまんまやなー
しかし明日はわが身ってことよね 

  1. 2006/06/13(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

あわやの大事件&W杯初戦

Jun 12th
ばーちゃんが帰ってしまったので今日からまた大変だなあと思っていたのだけど
娘ちゃんも息子くんも早く起きて割りとご飯も早く済んだので娘ちゃんのお見送り前に
掃除と洗濯が済んでしまったよ
掃除のほうはとーさんがやってくれたし洗濯のほうはアイロンがけ必要なものが無かったからね
娘ちゃんをお見送りした後くらいにはもう眠い息子くん
9時にはお昼寝(というのだろうか この時間なのに)していましたよ
かーさんはメールをチェックしつつ最近サボっていた日記をまとめて更新
そして今日も依頼は無し
っていうか今月まだ一件しか依頼がないのだ 
クビも近いのかも まあそれはそれで仕方ないこと
お昼ごはんを食べ終えてしばらくしたらもうお迎え
娘ちゃんは最近「もうお母さん先に行くよ」というと「いかんでー」といいながら付いてきます
前みたいに「いいよ ばいばい」ではなくなりその分助かっているかも
さて家に戻って着替えてからバタートーストとココアでおやつを済ませて外に出たら
子供達が水鉄砲で遊んでいた
娘ちゃんが去年100円で買った水鉄砲は壊れてしまっていたので新しいのを買わないとねーと
話していたら近所のままが売っているお店を教えてくれたので
二人を連れて買いに行くことにする
車の中で「カートにはのらないしドーナツ買うとか言わないよ」と約束していたら
お利口にしていた娘ちゃんでしたよ
いろいろ種類はあったけれど一番小さくて安い98円のを色違いで二つ買う
車の中で持たせたら娘ちゃんはもちろん息子くんもうれしそうな声を出す
さて家に帰りついたときにはもう誰も外にはいませんでした
とりあえず水鉄砲を部屋に持って帰り各パーツに名前を書いてから
「一回分だけよ」と念を押して水を入れてから外へ
しばらく二人が水鉄砲で遊んでいたら年長の女の子がやってきたので娘ちゃんは彼女と一緒に
「だるまさんがころんだ」をして遊び息子くんは水鉄砲を持ったままうろうろしていたのだが
学校帰りの近所の中学生男子がかーさんのところにやってきて
「あの(家のすぐそばの)川に子供が落ちていますよ」という
びっくりしたかーさんはすぐに娘ちゃんたちを連れて砂場に急ぐ
いつもは川底が見えるくらいのほとんど水量のない川(というかどぶがわ)なのだけど
今日は水かさが増していて泣き声のする下を見たら
さっき水鉄砲で遊んでいた娘ちゃんと同い年の男の子が胸まで水に浸かって
「たすけてー」と泣いている
もうそれを見ていきなりぱにくるかーさん
とてもじゃないが簡単に降りれる高さ(3mはある)でもないのでどうすればいいかわからない
とにかく下に向かって「今ままよんであげるからがんばって」と叫びながら
携帯でままに連絡を取ろうとするが仕事中なのか出ない
どこにいるかはわかっているから呼びに行くことは出来るだろうけれど
かーさんが目を離した隙に足を滑らせておぼれたらと思うと動けない
泣き声を聞きつけて近所のままさんがやってくるのとほぼ同時に
その男の子のお姉ちゃんが来たので「落ちちゃっているからまま呼んできて」というかーさん
ままとしてもとても自分が降りられる高さではないし近所で働いているぱぱを呼び出すも
でなかったらしい
ままがやってくるまでの間泣き喚く男の子に「がんばって もうすぐままがくるから」と
励まし続けるかーさん
そうこうしているうちに人は集まってくる
やっと電話が通じたときには「おちたんでしょ いきていますか?」とままは冷静
かーさんのほうが「たすけてーって泣き喚いています」と興奮していましたよ
ガーデニング用の脚立がそばにあるけれどそれじゃ短いよね どうしようかといっていたら
ようやくまま登場
しかし「(女の自分では)降りようがないのよね」と困っている
集まっていたままが「レスキュー呼ぼうか」と話していたら別のままが金網をよじ登って超えて
下に向かって降りることを試みる
一旦手はつないだもののとてもじゃないけれど片手で持ち上げられる重さではない
そうこの川によくボールとかは落ちていてそのときは小学校高学年の男の子は下に下りて
放り投げたりしていたので一人なら上り下りは多分できるのだ
落ちていたのがもう少し大きい男の子ならロープなり何なりを垂らして
ひっぱりあげることも出来たのだろうが年少の男の子にはちょっと無理で
逆にまた落ちて今度はおぼれないとも限らない
少し移動すると足をかけることの出来る場所があったのでそこまで男の子のままが降りて
何とか途中まで引き上げさっきのままと一緒に持ち上げたところを
かーさんが金網から身を乗り出して抱え上げ無事保護されました
よかったー 無事で
しかしその救出劇の最中年中の女の子が金網を上りだしたので思わず
「やめなさい おちるよ」と怒鳴りつけるかーさん
その声にビビッて息子くんがおお泣きしておりました
でもその女の子が「一緒にしたの金網のところに座っていて自分は落ちなかった」という
どうも彼女と一緒に遊んでいて落ちたらしい
かーさんが来たときには誰もいなかったのだけど自分は無事だった女の子は
お姉ちゃんを呼びに行っていたらしい
落ちた本人は当然ぱにくっているし一緒にいた女の子も周りの大人たちがものすごく興奮していたのもあり状況聞いてもよくわからなかったみたい
でも胸までの水の深さだったからおぼれていてもおかしくなかったからね 
ふうう 無事でよかったよ
いや 本当に子供は何をしでかすかわかりません
お風呂では買ってもらった水鉄砲で遊びお布団へ
息子くんはパイを飲みながらすぐ寝てしまい娘ちゃんも何かしゃべっていたけれど
かーさんのほうが先に寝たのでいつの間にか寝ていましたよ

さて本日はワールドカップの初戦
とーさんもさすがにそれまでには帰宅
前回の日韓大会は昼間の試合で仕事中の人は観戦不可能だったことを考えると
時差があるというのはいいことかもしれない
かーさんは観戦しながら日記を書こうとしていたがもうどきどきしてそれどころではないので
キックオフ直後にはPC閉じてテレビのすぐ前に座っていたよ
かーさんは長年ファンであるとある代表選手
3大会連続出場とはいえ前回は控えで出場のチャンスが全く無かったので
いまだに「奇跡」と呼ばれる試合の勝利の立役者であり
目を覆わんばかりのマナーの悪い国で行われたあの最近の大きな大会でも
絶体絶命のピンチを気迫で跳ね返したりと
数々の国際マッチで活躍し「神がかり」とも評される活躍を見せていても
W杯では勝っていないのでもう絶対がんばって欲しいと応援に熱の入るかーさん
今日もスーパーセーブの(とかけばどのポジションか丸わかりだわ・笑)連発で
「おおお 今日も神がやどっているぞー いける」と思っていたのだが
ラッキーな先制点は入ったものの何年も前から言われていた決定力不足で追加点は取れず
そして後半も押し迫ったところで同点にされ あれよあれよというまに追加点を次々許して惨敗
うわー ものすごく鬱な試合だったのでした こりゃもう終わったな

  1. 2006/06/12(月) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

バットとグローブ

Jun 11th
昨夜は8時ごろから寝かしつけていたのに娘ちゃんと息子くんが寝たのが9時半
最後は切れたかーさんが「もう絶対明日は早い時間にたたき起こす」宣言したのだけど
そのかーさんより先に起きる娘ちゃんと息子くん
休みだというのに6時半起きだよ
そう二人ともいつも早起きなのに体力が有り余っているのか夜なかなかコテンとは寝ないのよね
困り者だわ
ご飯を食べ終わってから余裕でライダーから見ることが出来ましたよ
HPをチェックしているとーさんがあらすじを教えてくれるがよくわからない
かーさんもHPにいってみるが第一話のストーリー読むのにも挫折
難しすぎるー
さて娘ちゃんが大好きなプリキュア見ている間にかーさんは久しぶりにビーズ
はまっていたのですっかり準備が遅れてしまったが
またも朝一番に通称「じゃすここうえん」に行くことに
おやつ代わりにバナナと昨日のうちから冷凍庫で凍らせておいた子供ジュースを持っていく
車に乗ってすぐにまた娘ちゃんがすねていたので「おかあさん いいもの持ってるから」といったら
「ちょうだい」というけれどかちかちに凍っていてとても飲めない
それがわかったらいきなり前の座席に向かって投げつけたのでかーさん切れる
とーさんに「すぐの角曲がって家に戻って」というかーさん
「もうそんなふうに物投げるなら帰るよ」といったら娘ちゃんが「いきたい」と号泣
とーさんとばーちゃんになだめられて「ごめんなさい」をしぶしぶしたので予定通り公園へ
10時前に到着したのでさすがにそれほど人はいなかったよ
娘ちゃんは早速滑車を何度も滑ったりチューブを滑ったり
息子くんはとーさんを促して滑り台の一番上まで上って長いローラー滑り台を何回も滑る
やっぱりここ いいわー
しばらく遊んだところでおやつの時間
バナナはすぐに食べてしまえたけれどジュースはまだ凍っていたから飲むのが大変
最後ははさみでパックを切って中身をストローで混ぜて解凍しながら飲みましたよ
その後もまた遊ぶ娘ちゃんと息子くん
息子くんは小さい子供向けのジムが気に入っていたし娘ちゃんはロープの遊具を一番上まで上ったよ
11時過ぎに公園を出てすぐそばのSCへ
近所のちびっこたちがグローブを持っているのを娘ちゃんがうらやましがっていたので
買ってあげることに
当然男の子である息子くんにも小さいのを見つけて買ったよ
娘ちゃんのはグローブとボールにそれぞれマジックテープが付いていて
キャッチしやすくなっているという優れもの
息子くんは一番小さいサイズということで大リーグの球団のマーク入りのバットボールグローブのセット
昼ごはんにはとーさんご自慢のたこ焼きをご馳走してもらうことにして足りない材料を買って帰宅
息子くんは思惑通り寝てしまっていたので助かりました
回を重ねるごとに腕を上げているとーさん 
本日も大変おいしうございました
さてお昼ご飯を食べたところでばーちゃんは帰ることに
本当に今回は急なことだったけれど来てもらえて助かりました
月末にももう一度お願いします
娘ちゃんが「(もうひとりの)ばーちゃんのいえにいきたい」といっていたので
とーさんが髪をきってもらうついでに二人を連れて行く
買ったばかりの野球道具ももって行きましたよ
かーさん相当疲れていたのでそのままお昼ね
みんなは6時過ぎに帰ってきましたが今日もまたたくさん遊んできたとのこと
息子くんはダンボールに入れてもらってひっぱってもらうのが大好きで
じーちゃんやとーさんにせがんで何度もやってもらったり
じーちゃんの車のハンドル持たせてもらったりとやりたい放題だったみたい
丁度とーさんのおじさんおばさんも来ていて初めて二人は会いましたよ
さて夕飯はかーさんつかれきっていたので簡単なもの
ということでご自慢のグリルパンをこれまたご自慢の卓上IHヒーターの上で熱して鉄板焼き
お肉じゃなくて丁度生協で頼んでいた鮭を野菜と一緒に焼く
これがなかなかよかったよ
娘ちゃんも息子くんもこんがり焼いたソーセージを争わんばかりに食べていました
コレだと野菜もたくさん食べられるからまたやりましょう
お風呂のあとやっぱり寝付くのに1時間以上掛かってしまいました
録画しておいた大河を見ながらかーさんはビーズでモチーフを作って娘ちゃんのヘアゴムを作る
とーさんは自分だけ買っておいたつまみをばりばり食べながらビール
胃の調子はかなりよくなったので食べられないことは無いけど食べてはいけないかーさんの前で
よくやるなーと思ったら妙に腹が立ったのでつまみだけちょっともらいましたよ
ビールはもらえなかったけれど

  1. 2006/06/11(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

100均へ

Jun 10th
昨夜も娘ちゃんと息子くんと一緒に寝てしまったかーさん
ホットサンド用の卵の準備していなかったので朝ちょっと早く起きて準備
今日は卵マヨネーズとキャベツコンビーフ
いつもはパンをきっていたらもらいに来るのでついあげてしまうから
肝心のサンドイッチが入らないので今日はあげなかったよ
冷凍かぼちゃを使ってスープを作ってあげたら息子くんが気に入ってかーさんの分も
半分ばーちゃんの分もごくごくと飲み干していたよ
相変わらずサンドイッチは中身だけ食べていましたけどね
ばーちゃんがいてくれるからとーさんはあそびだいすきを待たずに出勤
久しぶりにテレビを見る娘ちゃんであるがかーさんが洗濯物を干す前にアイロンをかけようと思ったら
もうたいそうまんぼの時間だったので呼ばれてしまいましたよ
踊った後あわてて洗濯物を干す
息子くんが夜中に脇をかゆがるので小児科に連れて行くことにして電話したら予約は9:30
娘ちゃんにどうするか聞いたら「ばーちゃんとるすばんする」とのことだったので
息子くんだけ連れて行く
見覚えのある色の車があるなと思っていたら昨日もレッスンで一緒だったお友達で
丁度お兄ちゃんが診察室に入ったところでした
息子くんはソファに靴のままよじ登ろうとするので靴を脱がすがそれはいやらしい
「上るならくつはぬぎなさい」と言い聞かせると
最後は「くっく」といって脱いでから上がっていたよ
今月から待合室に保育士さんが常駐することになったようで本を読んでくれたり
なにかと世話を焼いていましたよ
弱いステロイドをさらにワセリンで薄めた軟膏を多めに処方してもらう
帰りつくころには眠そうな息子くん
このまま抱っこしていたら寝るなと思ったのでみんなで近所の100均とスーパーに行くことに
娘ちゃんは「じゃすここうえんいきたい」といっていたが「明日お父さんも一緒に行こう」と説得
「その代わり100均でひとつだけ好きなもの買ってあげるから」で納得
まずは100均に行くがばーちゃんが欲しいと思っていた足裏シートが無かったので
車でちょっと遠いけれど大きくて品揃えの豊富な店舗に行くことにしてスーパーへ
土曜ということもあってスーパーは激混みでレジに長蛇の列でした
既に息子くんは100均出るころには寝ていたので買い物はばーちゃんに任せて一旦家に帰る
息子くんがおきてからお昼ご飯
娘ちゃんも息子くんも海苔巻きをたくさん食べましたよ
息子くんはコロッケもひとつペロリ
かーさんはさすがに胃が受け付けませんでした
さてご飯が終わったのでみんなで車で遠くの100均へ
こちらにはシートがありましたよ
以前には無かったビーズもあったので娘ちゃんと一緒に何種類か選ぶ
さて娘ちゃんは「ひとつだけ」という約束で好きなものを探す
最初はシールを買おうとしていたのだけどかーさんが小さいうさはなの袋を見つけたら
そっちにするとのこと
幼稚園で歯磨きのコップいれるのにするといいかもしれないね
家に戻ってからは外で遊ぶ娘ちゃんと息子くん
とーさんが約束どおり4時過ぎには戻ってきてくれましたよ
夕飯は娘ちゃんととーさんが豆乳鍋を作ってくれる
娘ちゃんはキッチンバサミでねぎをきったりシメジをほぐすのを担当
とってもおいしく出来ましたよ
スープがいつもながら絶品でございました
さてお風呂に入って寝かしつけだけどとーさんとばーちゃんがいるからか興奮して寝ない娘ちゃん
娘ちゃんが騒ぐと息子くんも眠れない
しかも息子くんは暗闇の中オムツかごのところに行ったりおしり拭きを持ってきたり
あげくには「ぢんぢん」と足の間を触ったり
おかしいなあ さっきかえたばかりだけどなあとは思うが
せっかく教えているのを無視するわけにもいかないと電気をつけてオムツをあけたらしていない
しかも息子くんはこっちをみてしてやったりとばかりに「にやり」ってしたよ やられたー

  1. 2006/06/10(土) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

水着

Jun 9th
やっぱり明け方には胃が痛むかーさん
でも前よりはずっとよくなってきているってことは薬が聞いているわけで
本当に胃潰瘍だったみたいだね
今日は生協の日ということもあって朝残っていた卵は全部使う
相変わらず朝から食欲旺盛な息子くんは卵1個じゃ足りずにとーさんかーさんの分も少しもらっていたよ
体操服登園かつ給食の日だったので朝から余裕でした
まあばーちゃんがいろいろ手伝ってくれているってのが一番なんだけれどね
天気がよかったので息子くんもねーさんをお見送り
戻ってきてからの掃除も洗濯も見てくれている人がいると本当に楽
さて今日は前述のとおり生協の日なので昨日書かずに寝てしまった注文書を書くかーさん
トラックが着たので息子くんとばーちゃんと一緒に下りて仕分けの後持って上がる
米5キロが1500円と広告に載せていたスーパーは娘ちゃんの幼稚園の近くなので
音楽教室でもあることだし迎えに行くついでに行こうかと思っていたけれど
ばーちゃんがほかにも買いたいものが載っていたというので午前中いくことに
10時開店なのでその直後を狙って言ったのだけど既に前面の駐車場は一杯でした
先に2回のお店に行ったらばーちゃんが買おうと思っていたものはもうほとんど無かったよ
開店から10分ちょっとしかたっていないのにね
先週から娘ちゃんがハンドタオルを持って行くようになったのだけど
引っ掛けられるひも付きは2枚しかなくてそれを交互に持っている状態だったので買い足すことに
SSとマリー猫ちゃんのを1枚ずつ買って100均でちょっと買った後ほかの売り場へ
子供水着がセールになっていてそこに娘ちゃんの大好きなうさはなちゃんを発見
娘ちゃんには「今年一年このスクール水着で我慢して 来年かわいいのかって上げるから」と
約束しているので来年用に買おうかと思うが
買ったら買ったで来たがるのだろうなと躊躇していたらばーちゃんが「買ってあげる」とのこと
ただし年長まで来てもらおうと思って大きめのサイズにしましたよ
帰りに米と食材をちょっと買って帰宅
帰るころには息子くんが寝てしまっていましたよ
先にかーさんとばーちゃんのお昼ご飯を済ませてしまいました
息子くんが起きるころには冷えていて丁度よかったよ
さて娘ちゃんは3時降園でまだ時間があるし息子くんはばーちゃんが見ていてくれるしなので
今日生協で届いたキャベツを使って久しぶりのロールキャベツ
こんな手間のかかる料理は絶対誰かがいるときじゃないと作れないものね
子供見ながらだと丸めて焼くだけのハンバーグが精一杯だもの
かーさんご自慢の鍋であらかた煮てしまい夕飯の準備を済ませたところで
娘ちゃんの音楽教室の道具と一緒にスーパーのパンやで買ってきたパンを車に積み込んでから
お迎えに行く
娘ちゃんはやっぱり「きがえないでいく」といったので車でおやつのパンを食べさせつつ教室へ
教室の駐車場には我が家と同じ方の赤い車が止まっていたのでそのすぐ後ろに止めていたら
同じ教室の女の子のうちの車もやってきた 実はここの車も色違い
同じ車の色違いが3台も並んでいましたよ
娘ちゃんがパンを食べ終わるのを待ってから教室へ
始まるまでは自由に音を出していいので娘ちゃんだけじゃなく息子くんもエレクトーンを触っていたよ
レッスンが始まってしばらくしたら息子くんが騒ぎ出したのでばーちゃんが外に連れ出す
おかげでかーさんを独り占めに出来た娘ちゃんでしたよ
練習の甲斐あって「ぞうさん」も「くもにのって」も上手に出来ましたよ
時々教室の外から息子くんの声も聞こえておりました
レッスン終わって家に戻ってきたのが5時過ぎ
娘ちゃんに「ばーちゃんがいいものかってくれたよ」と水着を見せたら大喜び
早速プールバッグにつめていましたよ
スクール水着はぽいと捨てる そんなにいやだったのね
いつもは大変な夕飯もばーちゃんが息子くんを食べさせてくれるから助かります
ロールキャベツは今までで一番の出来でしたが息子くんは眠いのかあまり食べなかったよ
娘ちゃんはたくさん食べました
お風呂に入ってお布団へ
息子くんはパイですぐに寝たのだけど娘ちゃんがまた寝る前になるとぐずるというかすねる
幼稚園で疲れているのなら早く眠ればいいのに

  1. 2006/06/09(金) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

皮膚科へ

Jun 8th
さすがに深夜の救急外来が聞いたのかやたら眠かったかーさん
残念ながら朝までぐっすりとは行かず夜中に頻繁に目を覚ます
胃の中が空になるとやっぱりしくしくと痛みます
息子くんも夜中に泣いたり寝言を行ったりしてるしね
何回か起きたけれどマグのお茶をごくごく飲んだらすぐに寝ましたけれど
今日は娘ちゃんのお弁当の日なので早起き
昨日は何もせずに寝てしまったのでまずはデザートの甘夏の皮を剥く
味噌汁の野菜を切って鍋に入れた後は生協で買った「きって焼くだけじゃがベーコン」を
フライパンで焼きお弁当に入れた残りを朝の食卓へ
結構好評でしたよ
さすがにかーさん胃が痛むのでコーヒーはなしです
雨が降っていたで娘ちゃんのお見送りには息子くんは連れて行かずにばーちゃんとお留守番
帰ってきてしばらくしたらもう眠くなったので寝かしつける
ばーちゃんが留守番をしていてくれる間にかーさんは皮膚科に行くことにする
ひとつは腹部によく出来るにきび状のぶつぶつ
もうひとつは左手中指のつめの横の皮膚の病変 盛り上がっていてなんか変な感じなのだ
当初は先日もお世話になった総合病院のならびに出来た皮膚科に行ってみたのだけど
なんと木曜休診だったので娘ちゃんを妊娠中に行ったことのある別の皮膚科へ
時間帯がよかったのか患者さんがほとんどいなくてすぐに見てもらえました
お腹のほうは締め付けたりしていないのであればホルモンの影響によるものだろうと
にきび用の塗り薬を処方してもらう
そして気になっていた指のほうだけど先生いわく「こりゃ いぼやね」
「いぼ?いぼですかぁ?」と驚くかーさん
まさかそんなところに出来るとは思っていなかったのでびっくりしたけど
後でネットで調べたらつめの下の皮膚にいぼが出来るのはそう珍しいものではないらしい
液体窒素で焼いてもらうが爪のしたということでなかなか治らないので
しばらく通わないといけないらしい
受付で処方薬をもらっていたらどうもその人はかーさんのことをしっていたらしく
「以前・・・・」といわれたよ 
なんとなく顔を知っている気もするが思い出せないまま隣の薬局へ
ここの薬剤師さんはかーさんもはっきりと覚えている人だったのだけど何分仕事中なので
声をかけないでいたら向こうが名前を見て気がつきました
娘ちゃんがもう幼稚園に通っていることを話すと「もうそんなに大きくなったんですねー」と
驚かれましたよ
彼女は9月に赤ちゃんが生まれるそうです めでたいめでたい
家に戻ったのはお昼前
まだ息子くんは寝ていたけれどかーさんが帰ってきてばたばた音を立てたら起きちゃいましたよ
いつものようなお昼ご飯を食べてしばらくしたら娘ちゃんのお迎えの時間
帰ってきてからはばーちゃんが二人と遊んでくれましたよ
ご飯はホタテのおこわ
たくさんたくさん食べる息子くんにばーちゃんびっくりでした
さっさとお風呂に入ってすぐにお布団へ
昨日はばーちゃんにうまくごまかされてパイなしで寝付いた息子くんであるが
ばーちゃんが風呂に入っている隙にかーさんのパジャマをひっぱって「あんまー」
結局今晩はもらってから寝ましたよ
今日もとーさんが帰ってきたのに気がつかないくらいグーグー寝ていましたよ

  1. 2006/06/08(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

深夜救急外来へ

Jun 7th
帰宅したとーさんと一緒に今一番のお楽しみ番組を見ていたかーさんだけれど
胃がものすごく痛くなってくる
テレビを途中でやめて横になるがますます痛くなってきてもう耐えられない感じ
ぴーぽー呼んだら近所から「何事?!」って思われそうだったので
とーさんにタクシーを呼んでもらい救急病院にいくことに
さすがに車は自分では運転できそうもないくらい痛いし
ぐっすり寝ているとはいえ娘ちゃんと息子くんだけ置いてとーさんに送ってもらうわけには行かないからね
タクシーに乗るころにはぐったりしていたかーさんに運転手さんも状況を察したのか
夜中の道をすっとばしてくれて「夜間の入り口はあっち」と教えてくれたよ
この救急病院 娘ちゃんを産んだ総合病院がすぐ前の土地に新築移転したところで入るのは初めて
それはそれは立派なホテルのような病院になっていましたよ
日付がまもなく変わるころだったけれど待合には何人かの患者さん
ほとんどが小さい子供でした
後から病室のホワイトボードに書いてある名前でわかったのだけど
どうも娘ちゃんと同じクラスの男の子もいたみたい
さてかーさんはタクシーに乗っていたときほどではないけれどやっぱりすごい痛みである
ぐったりしながら待っていたらようやく順番
担当はまだ若い整形の先生であった うーん 大丈夫か
午後近所の医院を受診して投薬を受けたことを話す
念のためレントゲンを何枚か撮るとのこと
検査着に着替えてレントゲン室の前へ
立って2枚寝転んで1枚の撮影
検査着というのはしたには何もきていないので寒いから着替えたいのだけど
技師の人に聞いたら「よくわからないからもうしばらく待ってください」とのことでしたよ
出来上がった写真を持って受付にいって聞いたら着替えていいとのことだったので着替える
このころには大分症状も落ち着いてきましたよ
処置無くても落ち着いたってことは家でおとなしくしても同じだったのかも
もう一度診察室へ
吐き気とおなかの調子が悪かったのは胃潰瘍とは別でウイルス性の腸炎だろうとのこと
整腸剤と念のための抗生物質と吐き気止めを処方してもらうが
なんと驚いたことに隣の調剤薬局は24時間営業だとか
以前面接を受けたときに「救急病院に対応して終日営業にしたい」とはいってたけどね
本当にやってるんだー
かーさんが近づいていったらガードマンの人が開けてくれて中には若い男の薬剤師さんが一人
処方してもらって一旦病院の前まで戻ってからタクシーを呼んで帰宅
行きと違ってかーさん割と元気だったものだから運転手さんに
「お客さんが病気だったんですか?」と驚かれたよ
タクシー代10円まけてもらいました(笑)
家に帰りついたのは2時でしたよ
さすがに朝は眠いかーさんだけどとーさんがいつもにもまして娘ちゃんと息子くんの食事の世話から
掃除からやってくれて大助かりでした
娘ちゃんが幼稚園にいっている間はいいとしても夕方から夜にかけて一人で対応するのは
さすがにきついと思ったのでばーちゃんに電話してしばらく来てもらうことにする
朝のお見送りはとーさんにお願いする
普段は息子くんが寝ている間にメールのチェックを頻繁にしているのだけど
今日はばーちゃんがついてからなら二人がいても仕事が出来るので息子くんと一緒に寝る
昨日に比べたら少しは薬が効いているのか楽になってきたよ
今日は建物の貯水槽の掃除で水道が使えないのでお昼ご飯は洗い物がないパンにすることに
せっかくなのでちょっと遠いおいしいパン屋まで車で行く
なかなかうまく駐車場に止められずにほかの車を待たせてしまったよ
天然酵母の食パンといくつかパンを買って帰宅
もちろん息子くんは車の中で既にパンを食べていましたよ
丁度駐車場に息子くんと同い年の男の子がいたので彼にも一枚あげたよ
息子くんの食べるスピードにままがびっくりしていたよ
パンには胡桃が入っているのでそこだけ取ってはかーさんの口に押し込む息子くんでした
点検が終わったので水道も使えるとのことだったので家に帰る
昼ごはんを食べてしまってちょっとゆっくりしてそろそろお迎えかなと思っていたら
ぴんぽーん ばーちゃんでした
1ヶ月くらいあってなかったから忘れちゃったのかちょっとよそよそしい息子くん
そのまま娘ちゃんをお迎えに行くが娘ちゃんもわざとばーちゃんのほうを見なかったり
ちょっと恥ずかしいのかな?
ばーちゃんが買ってきてくれたパンをおやつに食べた後の午後は
ばーちゃんに遊んでもらいかーさんはご飯の準備だけする
幸いなことに今日は仕事もなかったしね
ご飯食べさせるのもお風呂に入れるのも手伝ってくれる人がいると本当に楽だわ
寝る前電気消してから娘ちゃんがいきなり「すねすねもーど」になって
「あっかんぶー」「もうだいっきらい」とか言い出したので「いたたたた」というかーさん
「娘ちゃんがあっかんぶーとか大嫌いとか言うとお母さんおなかが痛くなるから言わんで」
いつもより時間が掛かったけれど9時前には寝たよ
かーさんもばーちゃんもそのまま寝てしまいとーさんが帰ってきたのに気がつかなかったよ





ばーちゃんが作ってきてくれた浴衣
娘ちゃん以上に息子くんが大喜びでした
幼稚園の七夕や地区のお祭りには着ていこうね
  1. 2006/06/07(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

胃潰瘍

Jun 6th
明け方喉が乾いて起きたかーさんは冷蔵庫のお茶を飲んだのだけど
その後からなんとなく胃が痛くなる
いつもの胃痙攣ほどの激痛ではないけどきりきりと痛い感じで眠れない
そのまま結局朝になり6時半のピー音前におきだしてお茶を沸かしつつ
弁当と朝ごはんの準備
6時半のピー音を聞いてみんなを起こすかーさん
とにかく弁当をつめてしまい朝ごはんを作って配膳までしたところで
二人にご飯を食べさせるのはとーさんにやってもらいかーさん横になる
痛みでとてもじゃないけどご飯は食べられないのだ
痛みのあまり吐き気までしてくる始末
朝早かった分娘ちゃんもはやく食べ終わり準備も余裕でした
とーさんが洗濯物まで干してくれたよ
さあお見送りと思っていたら息子くんがくさい(笑)
交換してからあわててバス停に走るかーさん お見送りは間に合ったよ
そのまま家に帰り掃除と食器の後片付け
9時には息子くんが眠くなったので抱っこして寝かしつける
かーさんは家にあった漢方の痙攣止めとか飲んだもののあまりよくはならないので
保育園のサークルはお休みすることにする
朝眠れなかったので眠たいのだけど仕事が来るかもしれないから眠れない
11時近くまでは頻繁にメールチェックするが無かったので
クッションに寄りかかって少しだけ寝たよ
息子くんはぐっすり11時半まで寝ていました
かーさんが添い寝したら察したのか起きたので抱っこしてスーパーへ
おにぎりは作っていたけどやっぱり痛くて料理する気力が無かったので
パンを買ってきて息子くんに食べさせかーさんはインスタントスープを飲む
胃が温まったら少しは和らいだかな
ちょっとだけ状態がいい間に夕飯の準備をしてしまい娘ちゃんのお迎え
今日は小学校が参観日とかでみんなあわてて帰っていたので娘ちゃんもすんなり帰る
おやつにはシューアイスと昨日約束していたココア
そのココアを飲みながらテーブルの上に乗せておいたしょうゆ味の焼きおにぎりを食べる娘ちゃん
それってどうよ
さすがに今日は外でお友達の声がしなかったのでしばらくは絵日記を書き
その後はブロックで遊んで時間をつぶすが
息子くんのほうが外に行きたくて玄関にいって靴を履こうとしている
しょうがないので外に出る
二人が砂場で遊びだしたので一旦砂場セットを取りに帰る
二人だけで小一時間砂遊び
しかしかーさん胃がまたもしくしくと痛み出したので参観にお供していた子供達が戻ってくる前に
「てれびみていいから」と娘ちゃんを促して帰宅
本当に久しぶりに平日のテレビを見る娘ちゃんと息子くんだけどすぐに
「息子くんがじゃましててれびがみえない」とけんかをはじめる
かーさんちょっとの間も横にはなれない
「もうそんなにけんかするなら娘ちゃん一人で留守番しときなさい 
おかあさんはおなかがいたいから病院に行く」といったら「娘ちゃんも行く」
かーさん一人用の保険証が見当たらなくてちょっとあせるが無事見つけ出したので病院へ
息子くんはベビカに乗せていく
ベビカを押して幼児と手をつないでいてはさすがに県道を横切るわけには行かないので
遠回りして小学校の前まで行って横断歩道をわたって行ったよ
さて病院は5時前ということもあり患者さんはいなかったのだけど
娘ちゃんはすぐにぞうりを脱いで椅子の上に上っているし息子くんは「おろしてくれよう」と騒ぐし大変
すぐに呼ばれて診察室に入り症状を説明したら
「空腹時の痛みはそれは潰瘍やろ」と先生のお言葉
「子供達はいうこと聞かないしだんなはぜんぜん手伝わないしでストレスがかかるから
(お母さん達にも潰瘍もちは多い)」の言葉に「そのとおりです」と力いっぱい同意するかーさん
その間も娘ちゃんは診察のベッドの上によじ登ろうとしたり奥を覗いたり
息子くんは「おろしてくれよう」とぎゃーぎゃーわめいたり ふうう
本当は胃カメラ飲んだほうがいいらしいがこんな二人を連れていてはそれどころじゃないだろうと
PIや粘膜保護剤を28日分処方してもらう
そうか 潰瘍かあ 確かにここのところ日々の生活でのストレスは並大抵じゃないもんなと
妙に納得するかーさん
何をするにしても邪魔が入り些細なことでけんかしては泣き喚く子供達
確かに泣き声を聞くたびに胃が痛い感じ
隣の薬局に薬をもらいに行くまでの短い距離でさえ一瞬も黙らず
喋り捲ってかーさんを質問攻めにして答えないと切れる娘ちゃんに付き合うだけで
ものすごいストレスだもんね
家に帰りついたのhが5時半近く
とりあえずは食前の薬と痛み止めを飲んで夕飯の準備
昼間準備をあらかた済ませているとはいえ
・ 配膳していたらおなかが減っている息子くんがぎゃーぎゃー泣いてまとわり着く(ストレス極大)
・ 娘ちゃんに手を洗いに行かせたら水はじゃんじゃん出しながらいつまでも洗っている(ストレス大)
・ 息子くんは自分で持って食べたがるがおかげでご飯粒は飛びまくり(ストレス大)
・ 娘ちゃんはしゃべってばかりでぜんぜん食がすすまない(ストレス極大)
・ 息子くんが自分から食べないものをスプーンで口元に運んだらスプーンを吹っ飛ばす(ストレス極大)
・ 一日一回はお茶かスープをこぼす息子くん(ストレス極大)
・ 椅子の下に新聞紙をしいていてもその外にも必ずご飯粒が飛び散り踏んでしまう(ストレス極大)
と毎食毎食がものすごいストレスだもんね
おまけに自分の分はさっさとかきこむようにろくに噛まずに食べているから胃にいいわけないし
それでも今日はかーさんが「おなかいたい。娘ちゃんや息子くんが言うこと聞かないから」といっていたので
割とおりこうに娘ちゃんは食べていましたよ
食べ終わったのが6時過ぎ
もう本当は家で音楽教室の練習をして過ごして欲しいのだけど娘ちゃんは「おそといく」という
確かに今日はお友達と遊んでいないから「ちょっとだけよ すぐ帰って練習よ」と
約束してからお外へ
だるまさんがころんだや幼稚園ごっこをして遊ぶ娘ちゃん
昨日鼻をすりむいて今日は会う人会う人に「鼻どうしたの?」と聞かれていた息子くんであるが
今日も走っていて転んで運悪く地面の上にあった小さい石におでこをぶつけ流血
かーさん幸いにもヒップバッグに消毒綿と絆創膏を持っていたので即処置
ああああ いい男なのに傷だらけだわ
まだお友達は遊んでいたけれど砂場に行きだしたので7時前だったけど家に帰る
「約束やったでしょ?」といったら素直についてきた娘ちゃん
お風呂にすぐ入ろうかと思っていたが「ぴあのする」といったので10分ほど
宿題に出ていた曲を練習
何もせずにまじめに付き合うかーさん
かーさんが着替えを準備している間に娘ちゃんがトイレに行ったはいいが息子くんも入り込むし
娘ちゃんもペーパーをたくさん引き出すし きーっとなってまた胃が痛む
二人にずっとついて回っていればいいのかもしれないけど
そうすると家のことは一切片付かないしなあ
とっとと風呂に入って着替えさせる
息子くんにマグを持たせている間に髪を乾かしていたのだけど
こっちにやってきた息子くんはお茶でパジャマも下着もびしょぬれ
マグからもれてないっていうことは自分で口に含んだのをべーっとしたに違いない
もう何でお茶のひとつもまともに飲めないのーって感じ
もう一度着替えさせてからお布団へ
娘ちゃんが「たまご」「ぐりぐら」を持ってきたので
「一回ずつよ もう一回はないよ」と言い聞かせて読んであげながらパイ
といっても喉の渇きを癒すほどには出ていないから息子くんはなかなか眠れず
マグを口元に運んでも振り払うし
泣いていたけど(泣き声がストレスになるけれど)そのまま放っておいたら
しばらく転がった後棚の上をさして「おちゃ」というので渡すと今度はごくごく飲んで寝ましたよ
胃潰瘍ってことはしばらくアルコールとコーヒーはお預けだわ
食事自体は刺激物を避けて少しずつ何回かに分けてとれば何食べてもいいらしいけど

  1. 2006/06/06(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

かんしゃくもちは遺伝

Jun 5th
早朝起きてなく息子くん
はじめは寝ぼけてマグを手で払いのけていたけど認識するとごくごくと一気に
100mlくらい飲んでコテンと寝る
6時半過ぎに起きたかーさんは朝ごはんの準備に取り掛かる前にみんなを起こす
昨日あんなふうになかなか寝なかった娘ちゃんは「まだねむい」というが容赦はしない
案の定ぐずぐずとしていたのでご飯食べ始めたのは7時過ぎ
しかもまたもべらべらしゃべってなかなか食べ終わらない娘ちゃん
「今週こそやさしいおかあさんになろう」というかーさんの決意はあっさり揺らぎ
「はやくたべなさーい」と朝からぶちきれ
ようやく食べ終わったと思っても着替えるのにまたぐずぐず
かーさんがいくら早く起きて準備してもいつも最後はばたばただよ
娘ちゃんととーさんをお見送りした後はぐずぐず言う息子くんをあしらいながら
掃除と洗濯と食器の後片付け
娘ちゃんがさっさと食べてくれるならこのうちのひとつくらいは
とーさんがいるときに済ませられるのになあ
息子くんは9時過ぎには眠くなってくるので寝かしつける
メールをチェックしつつ週末の日記を更新する
息子くんが2時間近く寝てもうそろそろ起こそうかという11時過ぎに依頼メール
もー 早く送ってよー 
どうも月曜日は遅くなることが多いみたいだね 
とにかく息子くんが起きる前に済ませてしまおうと超特急でこなす
ちょっとコメントが必要な案件だったけどこぴぺで対応
済んだところで息子くんを起こす
すぐには起きずにごろごろしている息子くんでしたよ
息子くんにご飯を食べさせている横で夕飯の準備をしてしまうかーさん
終わったところで近所だけどちょっと遠いDSまで広告に出ていたオムツを買いに行く
戻ってきて一旦荷物を部屋に持っていこうとしていたら息子くんがこける
手を突いたと思ったら次の瞬間顔からごんといく
頭が重いものねえ
鼻の頭をすりむいて「あかはなのとなかい」状態ですよ(笑)
娘ちゃんのお出迎えに言ったらバスの先生が「ままと同じ服やねー」
そう 今日かーさんは愛する息子くんとらぶらぶペアルックだったのだ
石とか砂とか拾って遊ぶ娘ちゃんを何とか家につれて帰り
「体操服と靴下とハンカチは洗濯機 箸箱は流し 制服はハンガー」を教える
最後のだけはかーさんが手伝ったけれどね
手を洗ってシューアイスを食べた後先日電気屋でもらってきた袋菓子を上げる
息子くんには牛乳 娘ちゃんにはココアを作ってあげたのだけど
ボウルに入れていたお菓子がなくなったことに気がついた娘ちゃんはテーブルの上をかき回し
ココアの入ったコップを倒す
かーさんはこぼれたココアをコップに回収して片付けたものだから
「ここあのみたかったのにー」と娘ちゃんが切れて号泣
だって娘ちゃんがわざとしてこぼしたんじゃない
ギャーギャー泣いているのをしばらく放っておいて
「絵日記書いたら?」というが鉛筆もってぐちゃぐちゃに書くだけで逆効果
「ぴあの練習したら?」というが「いや」というのでキーボードセットして息子くんに触らせていたら
邪魔しに来て自分が弾きだす
CDかけて一回練習したところで外で声がしたので遊びに行く
一時間くらい遊んだところで息子くんが喉が乾いたみたいで汚い指をなめだし
娘ちゃんは娘ちゃんで砂場で遊ぶのにスパッツはいていなかったので一旦家に帰る
かーさんおなかが減ってふらふらだけどここで何か食べると娘ちゃんも欲しがるのは目に見えている
食べたら絶対に夕飯が入らなくなるのでこっそり隠れてチョコレートを食べたかーさん
血糖値下がりまくって倒れそうだったものね
5時半には夕飯を食べだす我が家
配膳している間「おなかへったよう」と付きまとってなく息子くん
夕方で疲れているのもあってもう「うるさーい なくなー」とつい怒鳴るかーさんでした
ご飯を出したら息子くんは落ち着き食べだすがその分あたり一面にご飯粒が散らばる
娘ちゃんもしゃべりながらではあったけれど珍しく自分でおかずもスープも食べましたよ
食べ終わったのでまたお外
年長の女の子と一緒にだるまさんがころんだや走ってきては息子くんとハイタッチをして遊ぶ
7時ちょっと前に帰ってお風呂の準備していたら見慣れない番号から電話
クラスの連絡網でクラスの懇親会の連絡でした
電話を切ってすぐに次の人に回して忘れないうちに幹事さんに出席の連絡
娘ちゃんはその間かーさんのペンを使って落書き
かーさんが「お風呂の前にトイレに行きなさい」といっても行かなかったくせに
かーさんが入ったら「娘ちゃんがいこうと思っていたのに おかあさんが先にいった」と切れて号泣
ならさっさといけよー
お風呂に入ってからも手桶を投げたりしたのでかーさんも顔めがけてお湯をざっぱーん
もう済んだことをぐじぐじ言って泣くな
お湯をかけたら「熱い」というから水をかけたら「冷たい」どっちなんじゃい
とにかく風呂から上がって着替えさせていたら娘ちゃんのパンツのネームが外れていた
「なまえがついていない」でまた号泣
「後でつけといてあげるから」というも
「いやおはなのぱんつはきたい いますぐつけて」と駄々捏ねる
息子くんが起きている間にアイロンプリントは本当はしたくないのだけど
「娘ちゃんが泣きやんだらしてやる 泣くな」
というとしゃくりあげそうになるのをこらえる娘ちゃん
娘ちゃんのわがままを聞いてあげてプリントしてあげたらようやく着替える
かーさんが髪を乾かしている間息子くんはお祝いにもらった木製ブロックで遊んでいたけど
すぐに娘ちゃんが手を出して「いっしょにあそぼう」
「それ息子くんのだからね とりあげないでね」といったのにやっぱり取り上げて組み立てて
それを息子くんが壊したといってはかんしゃく起こす娘ちゃん
幼稚園に行くようになってかんしゃくがひどくなったのはやっぱりストレスなのか
誰だよ 布オムツで育てたら切れない子になるって大嘘吹き込んだのは(爆)
何とかその場を収めて寝る前にかーさんがトイレに行ったら
「さきにいかんで」ってさっき娘ちゃんはいったじゃないか 案の定出ず
こうなると言いがかり以外の何者でもないわ
とにかく息子くんに先に本を読んであげて次は娘ちゃんの番
読み終わったら「もういっかい」って長い話だから何度もは読みたくないのに
「じゃあさきにもう一回息子くんに読むね」とにじうおの本を読むかーさん
息子くんがにっこりするので登場人物を息子くんの名前に代えて読んでいたら横から
「ちがう あざらし」とか「たつのおとしご」とかうるさいうるさい
「黙っとって 黙っとかんと読まんよ」というが黙らないのでかーさん怒って電気を消す
「もう黙っとけんなら読まん!!」
ぎゃーぎゃー泣き喚くのでしばらく放っておいておとなしくなってから
息子くんにパイを上げながら後一回だけほねほねさんの本を読んであげる
息子くんが寝てしまったので布団に下ろしてから娘ちゃんの隣に寝てぎゅっと抱きしめながら
「お母さんに読んで欲しいならお母さんの言うこと聞きなさい
息子くんは名前を言ってもらったら喜ぶからそういってるんだから
トイレに先に入ったのは悪かった」というと
「おかあさんがやさしいおかあさんになった」という娘ちゃん
さすがに眠かったらしくその数分後には寝ていましたよ

  1. 2006/06/05(月) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

公園で遊ぶ

Jun 4th
夜中に起きてみたら娘ちゃんと息子くんが抱き合わんばかりにくっついて寝ていた(笑)
スペースはふんだんにあるのになぜか寄り添って寝ている仲良し姉弟です
日曜なのでちょっと朝寝坊といっても8時前には朝ごはん
味噌汁が好きで今日もごくごく飲み干す息子くん
今週は生協でほっけを頼んでいたので娘ちゃんも「あぶらのおさかな」と喜んで食べましたよ
おかげさまで余裕でプリキュアには間に合う
かーさんはシーツや枕カバーもお洗濯して掃除といつものようにばたばた
終わったのでさあ落ち着いてコーヒーでも飲むかと思っていたらプリキュアも終わり
とーさんが「人工島の公園にいこうか」と言い出したのでお茶とおやつだけもって車へ
9時半には到着していたのでさすがにまだ車も人もそんなに多くは無かったよ
娘ちゃんも息子くんも夢中で遊ぶ
息子くんは小さい子供用のジムの階段を上って滑り台をすべるが
勢いあまってごっちんと頭を打ってその後はなかなか腰が引けていたので
かーさんが一緒にすべる
2列並んで一緒に滑れる滑り台があっていいね
しかしすぐそばのゴミ箱からはごみがあふれてどうもそれをからすがつついたようで散乱
娘ちゃんや息子くんがそばにいって触りそうになったので拾い集めてゴミ箱に入れるとーさんとかーさん
周りにいた親子連れはみんな見てみぬふり
自分達が捨てたのではないのなら散らかっててもいいのかよ(怒)って感じでしたよ
植樹フェアで使ったのをそのままにしてあるからかな
さて娘ちゃんは滑車がついたロープに上手にぶら下がれるようになったものだから
繰り返し繰り返しそればっかりやっている
落ちたら大変なのでその後ろをとーさんが追っかけているのがまたおかしいけれどね
いつもならお昼寝の時間もそんな風に夢中で外遊びをしていた息子くんは
11時過ぎたので一旦家に帰ることにした車の中であっという間に熟睡
さて日曜日くらいご飯作りをさぼりたいかーさんのリクエストもあり
今日は久しぶりにおすしを食べに行くことに
とーさんが「携帯に入っているからすし屋に電話しておいたら」というので借りるが
入っていたのは別のすし屋でした
しかしは行に「姫」という番号を発見1で始まる7桁の番号で何かの暗証番号らしいが
とーさん思い出せず それともすっとぼけているのか?
残念ながら「姫路タクシー」ではないよ「播磨タクシー」は入っていたけどね
11時半ごろにはすし屋に到着
幸い空いていたので入ることが出来るが息子くんは眠ったままだったので
畳の上に座布団しいて寝かせていたよ
入園式の後の食事を食べずに仕事だったとーさんは久しぶりのお寿司
今日はランチのチラシをいただくがまあ絶品でございました
娘ちゃんもカッパと納豆巻きを娘ちゃんの割にはちゃんと食べる
その間もずっと息子くんは寝ていたので息子くんの分は折にしてもらうことにするが
そのころには店内は満席で入れなくて帰るお客さんもいたので
とーさんと子供達は車で待っていてもらうことにしてかーさんだけ店内で待っていたよ
車に乗せようとしたら息子くんが起きる
そのまま車で食べさせてもよかったのだけど納豆があちこちに飛び散りそうだったので
一旦家に帰ってから息子くんにおすしを食べさせる
洗濯槽の洗浄が終わるのを待ってまたもお出かけ
今日はとーさんの職場の人たちのソフトボール大会らしい
さすがに年齢が年齢なので出場はもう引退したとーさんなのだが飲み物を差し入れするとのこと
近所のスーパーにてペットボトル飲料を5,6本買ってから会場へ
もともと職場にはグラウンドがあるのに近年近くに出来たマンションの住人から
目をつけられたとーさんの所属部署はいちゃもんつけられた上に
対応した事務が例のごとく間抜けだったものだからその後グラウンドをつかえなくなり
神社のグラウンドを借りての行事となったとのこと
丁度フリマが行われていた国道を挟んで神社と反対側の駐車場にとめるが
ここだと国道を横断するか歩道橋をわたらねばならず
ペットボトルに息子くんに娘ちゃんという3つも大きな荷物(笑)があったから大変だったよ
神社の側にもちゃんと駐車場はあったのにね
さて差し入れにグラウンドへ
娘ちゃんや息子くんを若い人たちから「かわいー」といわれご満悦のとーさん
あまりにもにやけていたので写真を撮られ「今後怒られたらコレを使おう」といわれていましたよ
あのとーさんが若い人たちからはそんな風に見られていたことにびっくり
昔は後輩からも「ちゃん」付けで呼ばれていたくらいなのに
さすがに年をとったってことでしょうか
とーさんも「いつもそんなに苦虫噛み潰したような顔してるんだろうか」とは言っていたけどね
ここでも大物振りを発揮して全く物怖じせずジュースをもらう娘ちゃんと
話しかけられて固まるしゃばぞー息子くんでした
試合が始まるのでおいとましてすぐそばのスタバのドライブするーでテイクアウトした後は
人工島の別の公園にいってみる
海沿いに遊歩道があっておくには広場があるので行ってみたいととーさんが言ってたのだ
トイレも汚かったしごみを持ち帰らせるためなのかゴミ箱のない公園でした
遊具はちょっとだけあったけど朝の公園に比べるとしょぼい上に
ものすごく犬を散歩させている人が多かった
ということは当然マナーの悪い飼い主に連れられた犬の落し物も多いということで
早々に退散して朝の公園にもう一度行くことに
午後ということもあって駐車場はほぼ満杯で公園は人が一杯
それでもまたロープすべりの列に並んで何回も何回もすべる娘ちゃん
ウオータースライダー風のチューブが螺旋になっている滑り台を娘ちゃんとすべるが
かーさん頭ぶつけたよ
娘ちゃんのほうはこちらにもはまってしまい階段を上っては何度も何度も滑っていましたよ
「みーしゃ」(@かあさん第三巻)って呼ぶことにしよう(笑)
息子くんのほうもローラー滑り台が気に入ってしまい
とーさんに何度もせがんで抱っこして上ってもらっては滑っていましたよ
午後からもまた2時間近く遊んで4時半になったので帰ることにするが娘ちゃんが
「もういっかいだけ」と滑車へ
「本当にもう一回よ 後1回はなしよ」といっていたら隣で待っていたお母さんに笑われたよ
さて5時前にようやく家に帰りついたのであわてて研いでいたご飯を炊飯器にセットし
餃子の皮を捏ねて餡を準備するかーさん
その間にとーさんは洗濯物を取り込んでくれたのだけど
娘ちゃんが上手に服をたたんでいるのにびっくり
幼稚園の教育の成果でした
とーさんが伸ばした皮にかーさんが餡を包んでいる間娘ちゃんは生地を延ばして型で抜いて遊ぶ
息子くんもちょっとだけ生地を上げたら粘土用のローラーを持っているけれど延ばすわけじゃなく
ちぎって遊んでいましたよ
いつもは皮がくっついて中身が出てしまうので今日は焼きながらはがしたので破れなかったよ
餃子だと娘ちゃんの食がすごく進んで結構大きいのも5個ぐらいぺろり
明らかにとーさんよりたくさん食べていましたよ
息子くんも3個は食べるがその前に生協のレトルトスープを娘ちゃんの分まで飲み干していたよ
息子くんがさすがに眠そうだったのでかーさんが食器を片付けている間にとーさんと息子くんでお風呂
娘ちゃんも最初は「おかあさんとはいる」といっていたけどとーさんたちと入る
上がった息子くんは裸のまま足の間(笑)をさわっては「ぢんぢん」
数少ないボキャブラリーのうちの一語がそれかい(笑)
息子くんの大好きなにじうおの本を今日も読んであげると最初の1.2回は聞いていたけど後は
「あんまー」といって欲しがるのであげたらすぐに寝たよ
娘ちゃんのほうは興奮してまたもはしゃぎまくり結局寝たのは9時
土日はとーさんがいるのでいつも寝るのが遅くなります
といっても明日の朝は絶対に7時前にはたたき起こすけどね
大河を見ながらビールを飲みその後で料理用に買ってきた白ワイン(700円くらい)が
結構いけると半分近く飲んでいたとーさんでしたよ
かーさんは一日中外で疲れたのでさっさと寝る
  1. 2006/06/04(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

かーさん オフ

Jun 3rd
今朝も朝早く起きてマグのお茶をごくごくと飲む
転げまわって寝ながらも動いているから喉も乾くのよね
しかしその後なかなか眠らないのでかーさんへろへろ
息子くんだけじゃなく娘ちゃんも転がるからきっちりふすまを閉めて寝ている我が家だけど
おかげで隣の部屋より明らかに気温が高いよ
さて土曜日なのでちょっとだけゆっくりするかーさんだけど
息子くんがおなかが減って騒ぎ出すので7時半には起きて朝ごはんの準備
ホットサンドだと野菜をあまり食べないので冷凍かぼちゃとたまねぎをコンソメで煮て
つぶしたかぼちゃスープも出したら息子くんはごくごく飲んでいたよ
かーさんが食パンを切り出すと必ず寄ってくるので薄くきったのを娘ちゃんにも息子くんにも上げるのだけど
そのせいで肝心のホットサンドは中身だけを食べる息子くんなのでした
娘ちゃんと息子くんは卵マヨネーズ
とーさんとかーさんはキャベツコンビーフにクレイジーペッパーをきかせたのを食す
食べ終わって週末だけは朝のテレビを見ながら一緒に体を動かす娘ちゃんと息子くん
終わったところでとーさんが二人まとめて実家に連れて行ってくれてそのままご出勤
かーさんは掃除と洗濯を済ませた後は布団を敷きなおして寝る
この前ばーちゃんが遊びに来たときに土曜は二人まとめて預かってくれるといっていたので
お願いしたのである
ほぼ1日オフとなるかーさんは例えばマッサージに行くとか
電車に乗ってお買い物に行くとかいろいろやりたいことはあったけれど
とにかく朝の超早起きできつくてたまらなかったので「ひたすら寝る」ということを選択
といっても明るいから30分くらい寝ては目を覚ましという感じで
あまり熟睡感は無かったのだけどね
いつもは二人を食べさせて片付けてで自分の食事はおろそかなので
一人でゆっくりおいしいものでも食べたいとも思うが近所のすし屋はあいにくランチお休み
車はとーさんがのって行ってるので遠出は出来ないし
もう面倒だったからスーパーで何か出来合いのものを買ってくることに
ついでに100均にいって幼稚園の駐車許可証を入れるソフトビニールのケースと一緒に
お出かけ用の中型サイズの折り紙とそれが入る大きさのケースも買ってくる
簡単なご飯を食べた後はまたも布団に戻って本を読みながらうとうと
とにかくねだめするかーさんでした
さすがに4時ごろからはおきて今日の夕飯のための鶏のスープを取りつつ昨日の日記を書く
4時半ごろ実家に着いたとーさんから
「今娘ちゃんがじーちゃんと公園にいったから戻り次第帰ってくる」との電話あり
今日は水炊きにしたのだけど大きいキャベツの大きいほうの半分をチンして鍋に投入
昨日生協で届いた生つみれも入れて鍋完成
5時半ごろみんなが戻ってきたので晩御飯
とーさんから「いくらなんでもキャベツ多すぎじゃない?」といわれたけど
娘ちゃんがものすごくたくさん食べていましたよ
息子くんもおいしいスープをお椀もって飲み干しておりました
ご飯の後かーさんが先にだだっとお風呂に入り娘ちゃんと息子くんはとーさんとお風呂
風呂の中でうとうとしていた息子くんにパイを上げて寝かしつけをはかるが
なぜかその後元気になってしまう
娘ちゃんは娘ちゃんでかなりの長風呂の後もとーさんがいるものだから興奮して眠らない
結局二人が寝たのは9時過ぎでしたよ
実家からもらってきた第3のビールを飲むが薄くてなんじゃこりゃって感じでしたよ
朝息子くんが残したパンにマヨネーズとカレー粉を塗って焼いたのをつまみに飲んだ後は
すぐに寝てしまったかーさんととーさんでしたよ

  1. 2006/06/03(土) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

お疲れの金曜日

Jun 2nd
明け方起きて泣く息子くん
いつものようにマグを差し出すが手で払いのけて「あんまー」「あんまー」と号泣
完全に寝ぼけている
あまりにも悲しそうに泣くのでつい負けてあげるかーさん
せっかく夜中の授乳はなくなったと思っていたのになあ
ある程度飲んでいるうちに落ち着くが目がぱっちり覚めてその後寝ない
5時から男復活でかーさんもうへろへろだよ
6時半ごろ娘ちゃんも起きたのでとーさんがしばらく遊んでくれました
今日は味噌汁ではなく昨日のうちからポトフの残りにトマトペーストを入れたスープなので
とーさんが軽く温めて二人に食べさせていてくれましたよ
かーさん7時ごろようやくおきだす
給食&体操服登園の日だから余裕はあったもののかーさん寝坊のおかげで最後はばたばたでした
今日は水泳の日だから体温を測る娘ちゃんだけどノートに書く前に出て行ってしまったから
かーさんボールペンもって追いかけて記入
バスに乗っていたのが今日も担任の先生だったので興奮して駆け出した娘ちゃんはばったりこける
先生も見ていましたよ
戻ってドラマを見ながら食器を片付けて洗濯物を干して掃除
アイロンをかけるころにはもう息子くんは眠くてぐずぐず
抱っこしたらあっさり9時ごろには寝付いたので生協は楽でしたよ
頼んでいたスープのレシピ本来たのでぱらぱら眺める
うーん 『世界の』って銘打ってあるのはちょっと珍妙かもね
井戸端には参加せずすぐに部屋に戻ったかーさんはずっとメールチェック
朝の超早起きがたたってものすごく眠いから一眠りしたいのだけど
何分仕事が来たとしたら息子くんが寝ている間に済まさないといけないから寝るわけには行かず
息子くんは2時間半ぐっすり寝てまだ寝そうだったけど起こしてお昼ご飯
今日は音楽教室なので帰りが5時ごろになってしまうので夕飯を作ってしまう
スープはレシピ本の豚薄切りをミンチに変えてアレンジしたのを作ってみたよ
いつもは「2時降園ははやすぎる」と思っているけど3時だと結構間延びするのよねー
結局2時過ぎに車に娘ちゃんの教室の道具を積むついでに中で遊んでいたよ
シートを倒してうとうとしようとするかーさんだが
息子くんが運転席に来てクラクション鳴らすから寝てられないよ
娘ちゃんが戻ってくる時間になったので車を降りてお迎え
娘ちゃんは「きがえないでそのままいく」というので体操服のまま車に乗せて
息子くんともどもシートに固定してからおやつのパンを渡し食べさせている間に
娘ちゃんの幼稚園荷物を部屋に持って帰り水着だけは袋から出してかけておく
音楽教室今日は前の席に座りましたよ
かんしゃく起こしたりかーさんとけんかしながらだけど練習の甲斐あって
すこしずつはひけるようにはなってきているけどなかなか先生の言うとおりにはできません
まあまわりも似たようなものだけどね
今日もうろうろする息子くんには何より大好きな車の鍵を持たせていたらご機嫌で遊んでいたよ
しかしお茶を飲みつくした後に「まんま」と騒ぐのでこっそりビスケットを上げて黙らせる
最後はかーさんのかばんの必需品 折り紙でごまかすが娘ちゃんも欲しがる
れっすんおわってからねと約束したので終わったらすぐに欲しがる
ほかの子にも分けてあげたよ
非常に幸いなことに家に戻ってきたときに外にお友達はいなかったのであっさり家に帰る娘ちゃん
さてかーさんはあらかたご飯の準備はしてしまっていたとはいえ
天気がいまひとつで普段なら娘ちゃんが戻ってくる前に取り込んでいるはずの洗濯物を干したままだったので
それを取り込みつつ娘ちゃんの今週の汚れ物を出しつつ布団も敷きつつご飯の準備
息子くんはもう眠くて眠くてぐずってるので仕方ないから抱っこしたまま作業していたらうとうと
これはいかんと下ろしたら号泣
娘ちゃんが珍しく「おなかへった」というので5時半ごろからご飯を食べさせるも
息子くんが例のごとくご飯粒からおかずから飛ばしまくるのでそれを拾うのにもううんざり
それでもさっさと自分の分を食べたかーさんは娘ちゃんがもって帰ってきた幼稚園歯ブラシを
熱湯消毒しようとコップを探すがない
さっき息子くんが触っていたので娘ちゃんに「どこにいった?」と聞いたら「てれびのところ」というから
そこにあるかと思っていたら見つからないので娘ちゃんにもう一度聞いたら
「つうえんばっぐ」「おそと」「といれ」とか適当に言うので切れる
「もういい 娘ちゃんはかわいくないこっぷもっていきなさい」といったら娘ちゃんが号泣
「かわいくないのいやだ うさはながいい」
息子くんはもう眠くて椅子に座ったままうとうとしているし娘ちゃんは泣くしでもうかーさん切れきれ
結局鏡台のかーさんの服の下で発見されましたけど
さて5時半から食べているのに娘ちゃんはまたもぐずぐずしていて結局7時までかかる
息子くんが眠そうなので「早く食べなさい じゃないと息子くんと二人お風呂に入るよ」というと
「いや 娘ちゃんひとりはいやー」っていうなら早く食べなさい
「かわいくないもの」「ひとりになること」がものすごくいやな娘ちゃんなのでした
ようやく食べ終わったのでお外には行かずに即お風呂
風呂でもうとうとしていた息子くんだけどお風呂上りには自分の箱から「にじうお」の本を持ってくる
ちゃんと娘ちゃんの横に座ってかーさんがご本を読むのを聞いていましたよ
娘ちゃんのほねほねさんもちゃんと並んで聞いていました
とにかく眠かったらしく電気を消したらパイをもらうことなく寝てしまいました
快挙かも
娘ちゃんも8時過ぎには寝てしまったのでかーさんも眠りたいところだけど
今朝鍵が見つからずにとーさんに借りたので(かーさんのはヒップバッグに入っていた)
鍵を開けるためにがんばって10時まで起きていたよ きつー

  1. 2006/06/02(金) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ばーちゃん来る

Jun 1st
昼間の活動が聞いたのかぐっすり寝ていた息子くん
夜中に一度起きたのだけど暗闇の中で棚の上を指差し「おちゃ」というので
マグを渡したらごくごくごくと飲んでまたぱたりと寝ましたよ
気がついたらいつも「山」の字で寝ている我が家
一番下の横線は娘ちゃんです
いつもごろごろ転がってふすまにぶつかって止まっています
息子くんは6時ごろ起きてまた「おちゃ」
コンビ肌着の上に半そでのうすでのパジャマを着せているのだけど
こっちも転がりまくって汗だくだからね 喉が乾いているみたい
目を覚ましていたかーさんも6時半の炊飯器ピーまではごろごろ
今日はお弁当の日なのでさっさと起きて準備
同じ時間に娘ちゃんも息子くんもとーさんも起きましたよ
昨日あまりにも眠かったのでいつもなら前日にやっておくフルーツの皮むきをしていなかったので
そこからはじめる
娘ちゃんのお弁当って「ミニおにぎり3個+フルーツ+ミニトマト+ピクルス」が定番で
たんぱく質ものがその日によって代わるのだけれど今日はレンジチンのささみフライと
じゃことねぎ入り卵焼きでした
それなりに色彩はきれいだよ
さて朝ごはん
息子くんは今日も味噌汁が気に入ってとーさんやかーさんの分まで飲んでいたよ
娘ちゃんもちゃんと自分の分は食べました やっぱり味噌が違うから?
早起きの甲斐あって7時半前に食べ終わり余裕で髪をぱんだちゃん結びにする娘ちゃん
そんな風だったのにバス停の手前の砂場で草をむしっているものだから
バスが先に来ちゃったよ
「このはな先生にあげる」という娘ちゃんに「ばす来たよ はしれー」といったら
今日のバス担当は担任の先生だったので大喜びして「せんせー」といって走ってくる娘ちゃんでした
とーさん送って家に帰りドラマ見つつ食器を片付け洗濯物を干す
アイロンの間だけTVに子守を頼む
掃除が終わるころにはなんとなく眠そうな息子くん
抱っこしたらすぐに寝ましたよ
メールをチェックしつつ昨日の日記を書くかーさん
結局今日は依頼なし
今日の晩御飯は週末から白ワインでマリネしておいた豚を使ったポトフなので
昼前から煮込み開始
そのうち息子くんも起きてきましたよ
お弁当に使ってしまったから残りご飯が無かったのでミックスベジでお好み焼きを作って
小さくきってからケチャップを塗ってあげたのだけど
遊び食べするので大変なことになっていました
ポトフのほうは途中で小さい鍋に一部とりわけそっちには豆ミックスとトマト缶を投入
こっちは明日の朝ごはん
ポトフ本体もいい感じ
コレでカレーとか作ったらおいしいだろうなと思うけどいつもシンプルに野菜と煮ていますよ
1時を過ぎたころには息子くんが外に出たがるのでスコップもってお砂場へ
あちこち掘り返してみたりはしごよじ登って滑り台で滑ってみたりと元気に遊びまわる
娘ちゃんが帰ってきたので連れて帰っておやつ
すぐに外に出たがる娘ちゃんを「絵日記書こう」と引き止めて書かせていたらぴんぽん
「はーい」と返事したら「娘ちゃん遊ぼう」の声
でも近所の子供達の声とは違うので「どなたですか?」と聞いたらばーちゃんでしたよ
買い物のついでに寄ったとのことでイチゴとパンをお土産にくれたけれど
夕ご飯が入らなくなるので冷蔵庫にしまう
先日の不審者の話をばーちゃんにしていたら怖かったのを思い出して涙目になる娘ちゃん
しばらく家の中で遊んでいたけど娘ちゃんがお外に行きたがったのでみんなでお外
階段を一人で下りたり滑り台すべる息子くんにばーちゃんびっくりしていたよ
娘ちゃんはさらさら砂を作っていたのだけどそこに息子くんが砂を入れたので怒る娘ちゃん
いつものように息子くんをどんと押したのでかーさん怒る
赤ちゃんでわからないんだから許してあげなさい
自分だって最近までは同じことしていたんだから
ばーちゃんが5時前に帰った後もしばらく遊んでいたけれど
かーさんがだめといったのに裸足になった娘ちゃんを連れて足を洗いに帰りそのままキーボードの練習
CDをかけていたのだけどプログラムで曲順が違っていたと切れて泣き
かーさんがごみを捨てに行ったら「いっしょにやってほしかった」と泣く娘ちゃん
泣くだけじゃなく自分でテキストをぐしゃぐしゃにして破って「やぶれた」と泣く
泣くくらいなら破るなよ
夕方で疲れているのかもしれないけど扱いにくくて困ります
外でお友達にパンとかもらっていたので6時から夕飯にするが二人ともいまひとつ食が進まないが
ポトフのスープはさすがにおいしかったと見えて息子くんも娘ちゃんもお代わりしていたよ
食べ終わったのでまたちょっと外に出ることにするが
うさはなのサンダルは裸足になった後はいたので汚れているのではけないので
去年ばーちゃんにもらったサンダルを履くがスナップがきつくてなかなか自分では止められない
このサンダルは履けないわ
息子くんには去年までの娘ちゃんのお気に入りだったオレンジのみっひーサンダルをはかせたよ
娘ちゃんが靴を履くのに手間取っていた分外に出たらみんな家に帰るところでしたよ
「こわいおじちゃんくるよー」の号令でさすがにみんな即帰宅
お風呂に入ってご本
息子くんは自分で箱を開けて「にじうお」の本を持ってくる お気に入りなんだね
かーさんが読んであげるのを一回はちゃんとお座りして聞けたけど
その後は「あんまー」といってパジャマの胸元をつかんでいたよ
汗びっしょりになりながら飲んでコテンと寝ましたよ
娘ちゃんもいろいろしゃべっていたけど8時半には就寝



  1. 2006/06/01(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。