FC2ブログ

電気屋と家具屋へ

Sep 3rd
カーテンレールは鍵の引渡し後引越しまでの2週間の間につけに行くことにする
とてもじゃないけれど娘ちゃんや息子くんがいてはできないので実家に預けてその間に
とーさんとかーさん もしくはじーちゃんといった大人二人でやらないといけない
その予定を話すときにかーさんが「とーさんあてにならんし」といったらマジギレするとーさん
「毎日一生懸命はたらいているんだから」と文句を言うけど
一応「たよりにしているから」とかーさん謝るけど切れたってことは図星ってことだよね
引越し前に同じくリビングや子供部屋に敷き詰める予定のコルクマットは
じーちゃんに泊りがけで来てもらってやることにしましょう
さて娘ちゃんのぷりきゅわが終わったところで 今日は家具や照明を決めにいく
まずは人工島の電気屋さんへ
家にある電燈はすべて持っていくつもりだけど2つ足りないので
かーさんが前から憧れであったシーリングファンつきのをリビングに
ペンダントライトをダイニングにつけることにして引越しの日の午後に届けてもらうように手配
ついでに洗濯機の真下排水のバルブと音を吸収させるためのゴム(本当は高さ調節用)を注文し
同じ日に届けてもらうようにする
次に向かったのはとーさんの職場近くの家具屋さん
結構お手ごろな値段であるじゃないのーということで
ここで大多数のカーテンレールは調達することに 
ただ娘ちゃんに選ばせた子供部屋用のレールは在庫が無かったので入り次第連絡をもらうことにする
カーテンはかーさんお気に入りの無印で頼もうかと思っていたのだけど
娘ちゃんに子供部屋のはここで選ばせたらかーさんも割りと好きな柄を選んだので即お買い上げ
後は洗面所のリネン庫にかごを入れてそこにそれぞれの下着を収納しようと思っているので
適当な大きさのかごがないか探すがどれも帯に短したすきに長しなのでほかを当たることに
そろそろお腹も減るころなのでとりあえずは人工島のSCに戻る
娘ちゃんが「あいすがたべたい」だの「じゅーすのみたい」だのうるさいので
またもバイキングに行くことにする
今日は大人が3人いるからすごく楽でした
少しずついろんなものが食べれたのでばーちゃんも満足していたし
さて娘ちゃんと息子くんがラジオ体操をこの夏ずっとがんばったのでとーさんがご褒美を買ってあげるという
息子くんに本を買ってあげようと本屋に連れて行く
「にじうお」シリーズがあったらいいなと思っていたのだけど検索しても在庫無し
息子くんに「どれがいい」と聞いて抱っこしたら本棚をぐるっと眺め回して本当に探していたよ 
で見つけたのがミニ版の「あおむし」の本
それは家にあるからと言い聞かせて取り上げて元に戻すが涙流して号泣
結局本屋はあきらめて絵本コーナーのあるおもちゃやさんにいく
途中のワゴンでぷりきゅわグッズを見つけた娘ちゃんは「あれをかう」と騒ぎ出す
おもちゃやさんにはもっといろいろな種類があるからそれから選びなさいといっても
「あれがいい」と駄々を捏ねる
「上で見てそれでもあれがいいなら戻っていいから」と泣き叫ぶ娘ちゃんを引きずっておもちゃ屋へ
あっさりこっちにあった「なんちゃってみっくすこみゅーん」を選ぶ娘ちゃん
「ほら お母さんが上にもいいものがあるっていったとおりやろ?」
続いて奥の絵本コーナーへ
ここでもまた家にある絵本を選ぶ息子くんだけど最終的には厚紙の絵本に落ち着きました
SCを出て今度は旧国道沿いのホームセンターへ
ここにも丁度いいかごはなかったのだけど補助錠はいいのがありましたよ
これを手の届かない上につけておけば窓に向かって机置いても問題ないでしょう
さて家に帰りついたところでとーさんは実家に散髪にいく
娘ちゃんと息子くんも連れて行ってもらったので静かになった家で昼寝するかーさんとばーちゃんでした
うたたねからさめたところで娘ちゃんの幼稚園にもっていく雑巾を作ることを思い出して
ちゃっちゃとミシンがけ
今日は久しぶりに餃子にするつもりだったのだけど娘ちゃんたちが帰ってくる前に
ばーちゃんとかーさんで作ってしまいましたよ
とーさんだけじゃなく娘ちゃんと息子くんも髪を切って帰宅
息子くんがますますかっこいいおとこになっていてかーさんうっとり
娘ちゃんも長かった髪を肩につくくらいに切ってこっちもかわいいです
さてとーさんはいつもより食欲がない
おでこに触ったら熱いよ
一軒目の家具屋で既に息子くんを抱っこするのがだるかったらしい
いえば運転変わってあげたのに
大河ドラマは録画だけして寝てしまうとーさん
かーさんとばーちゃんも娘ちゃんと息子くんと一緒に寝てしまったよ

スポンサーサイト



  1. 2006/09/03(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0