FC2ブログ

お砂場袋

Sep 11th
朝娘ちゃんを送り出し掃除洗濯を済ませてからぐだぐだしたあと
眠そうで寝ない息子くんを寝かせる目的で抱っこして近所の100均まで
とってつきのプラケースを吊戸棚用に買おうと思うがあれ奥行き測っていなかったよ
眠そうで眠れない息子くんが「おちゃ」と言い出す
そういえば朝の鯖の干物を誰よりたくさん食べていたものね
といっても家に帰らないとお茶はないので帰っていたら途中で寝ました
しかしまだ眠りが浅くて布団に下ろしたらおきてしまう
メールをチェックしたら依頼があったのでかーさんは仕事に取り掛かろうとするが
息子くんがかーさんを「いっしょにねよう」とひっぱる
しょうがないので抱っこして仕事を続けようとしたら下ろせというので下ろすと
またかーさんをひっぱる
また抱っこで下ろせの繰り返しでようやく寝たのが12時近かったよ
今度こそ本当に下ろして仕事
ちょっと迷ったけど何とか仕上げて送信
さて息子くんはそのままぐーぐー眠り続けて結局娘ちゃんのお迎えの時間になる
さすがにもうじき目を覚ましそうなのでそのまま抱っこして迎えに行ったよ
さて昨日立ち読みした雑誌の中で見たアイデア
「お砂場道具は洗濯ネットにしまう」とのこと
今はメーターボックスの中にプラかごに入れてしまっているお砂場道具
建物の敷地内に砂場があるのでこぼしながらでも持っていけるけど
新居には砂場はなく遊ぼうと思えば徒歩2分の公園までいかないといけない
ネットに入れてファスナー閉めておけば道具がこぼれることもないし
歩いて戻ってくる間に適度に砂も落ちるだろうから
シューズクロークが砂まみれにもならないだろうしいいかもと思って
家にあった洗濯ネットに持ち手を綿テープでつけてみる
ついでにお砂場道具を整理してアイスのカップとかは捨ててしゃべるとかコップとかに厳選
具合よく収まったけどコレはネットの目が細かすぎて砂が中にたまりそうかも
もっと目が粗いのを探しに行かなくちゃ
とりあえず砂場道具を出したので成り行きでお砂場へ
幼稚園帰りのお友達がいたので一緒に遊ぶ娘ちゃんと息子くんでしたよ
そのうちみんながお出かけとかお着替えに帰りだす
娘ちゃんにさっき「音楽教室の練習してなかったね」と言ったものだからいきなり娘ちゃんが
「れんしゅうする」と言い出したので帰ることに
娘ちゃんと息子くんが帰ると上の階の女の子が独りになるので「もういっしょにかえろう」と誘うかーさん
「娘ちゃんちにいきたい」と言い出す彼女
せっかく娘ちゃんが練習やる気になっているので正直着て欲しくないので
「でもいまかられんしゅうするから」というかーさんだが
娘ちゃんが「きて いっしょにれんしゅうしよう」と誘ってしまう
しょうがないから「いいよ でもままに言っ」ておいでと言ったら「いわずにきたい」というので
「いわない子は来させません」と厳しいかーさん
ということでままの許可をもらって遊びに来ましたよ
まずはキーボードの前に座らせるが二人並んで座っていては練習が出来るわけない
息子くんもちょっかいだしたがるし結局全く出来ないまま遊び始める二人と
おかげで心行くまでキーボードで遊べる息子くん
かーさんは引越しやさんにあらかじめもらったダンボールに古いアルバムをつめるが
とーさんとかーさんのアルバムだけで小さいダンボール二箱分にもなったよ
あと衣装ケースひとつ分の結婚式関連のアルバムもあるしこれだけで天袋が一杯になりそうだわ
そうじゃなくても雛飾りやらお宮参りの着物やら普段は(というかもう)使わないもの
かといってさすがに捨てるわけには行かないものが多いからどこにしまうか考えないと
さてしばらくは恒例の「よにげごっこ(@かーさん)」で遊んでいた二人だけど
お姉ちゃんは「(さっき砂場で遊んでいた男のこのところに)いく」といって出て行く
しばらくしたらトントンとドアの叩く音「いっしょにいこう」とのお誘い
確かにさっきはその男の子が「おれんちこいよ」といっていたけど彼のままは
「だめよ 外で遊びなさい」と言ってたし 彼のお姉ちゃんを友達のうちに送っていくとも
いっていたから「だめよ」というが娘ちゃんは「いきたい」といってなく
お姉ちゃんに「いくなら自分ひとりで行って」というが娘ちゃんは「一緒に行きたい」
しょうがないので「じゃあ家であそびなさいよ」というかーさん
お姉ちゃんはスナック菓子を持ってきていたのでそれを食べるが息子くんも欲しがる
塩がきついのでひとつ二つだけもらって後は息子くんにはおにぎりを食べさせる
それでも息子くんが欲しがるのでPC部屋にこもっていたら娘ちゃんが「おにぎりたべる」
「だって1個しかないよ」といったら「はんぶんずつにする」
お友達とではなく息子くんと半分ずつにしようとしていました
彼女は持ってきたお菓子を少しは娘ちゃんにくれたけど後は独り占めしようとしていたらしい
程なく娘ちゃんがかーさんと息子くんが立てこもっている部屋に来て「こっちであそぶ」といいだす
「だっておともだちきてるよ」というと「(彼女が)娘ちゃんをけった」と訴える
「ほんと?」とか聞いていたらドアがばたんと閉まる音 勝手に出て行きました
念のために彼女のままには「今かえりました」のメールを打っておく
何分現場を見ていないのでなんともいえないけど「けったなら(彼女が)悪いね」というかーさん
こういうとき「娘ちゃんがなにかしたんでしょう?」なんていうのは一番いけないらしいね
ついでに教育的配慮もあって「お友達のうちに遊びに行ったのにお片づけもしなかったし
『お邪魔しました』も言わないで帰るのはよくないね」といっておく
そのままとっとと晩御飯を食べさせお風呂に入ってさっさと寝ることに
昨日新居の近くのホームセンターに行ったら
英語版のにじうおの本が何種類もバーゲンになっていたのでつい大人買いしたかーさん
小出しに一冊ずつ出すことにするが中身は英語なんだよね
でも息子くんは大喜びでしたよ
ということで今日はその英語版ではなくとーさんが買ってきたにじうおの本
かーさんがたこのおばさんの声を作って読んだら大うけでした

スポンサーサイト



  1. 2006/09/11(月) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0