FC2ブログ

参観のハシゴ

Jun 18th
今日は昼前に息子くんの体育レッスン参観 午後からは娘ちゃんの参観
前回の娘ちゃんの参観で息子くんは娘ちゃんについて校庭に出たはいいがすぐに娘ちゃんとはぐれて号泣
「迷子です」と連れてこられたと言う前科持ち
今日は参観の後人権学習さらに茶話会と長丁場だし
途中で騒いでも大変なのでお預かりと言う事にしました
息子くんは最後のクラスなのでお昼前
第二駐車場に止めて坂道登って行ったら幼稚園につく頃にはくたくたでした
短時間だからスーパーでもよかったんだけど いろいろもめてるらしいからね
メタボ解消の為にも歩かないと
今日は体育レッスン 逆上がりやってましたよ
暑い中 お疲れさまでした
ちゃんと前周りも2人組での逆上がりも頑張ってましたよ
レッスン終わったので教室に入る子供たち
ふとみたら息子くんがが泣いていて「お腹いたい」
先生がトイレに連れて行ってくれましたが
曰く「吐きそうな感じ」というのでワタクシもついて行く
吐き気があるわけじゃなく息子くんはのいつものクセで泣く時えづくのよね
家でもお腹壊した様子は無かったし
何よりさっきまで普通に鉄棒してたからおかしいなと思ったら 膝に擦り傷
どうも転んだみたい
普段ならぐっと我慢するところだけど
ワタクシがいるからつい甘えがでて泣いたみたい
「一緒に帰りたい」と懇願されるが
車は第二駐車場だし 参観に連れて行くのは出来たら避けたい
お茶を飲んだら少し落ち着いたので担任の先生に
「本当に具合悪そうなら連絡ください」といって帰る鬼母
さて年中の他のクラスはクラスランチとかあってるみたいですが
何分クジラ組 幹事さんは「緊急連絡網をクラスランチのお誘いに使うな」と正論を吐いた方
今のところかーさんが絡んだのは去年の七夕だけでお陰で顔見知り認定はされているものの
意向はわからないのに出しゃばる訳には行かず
幹事さんはいろいろ大変だからランチの声かけは別の人がやった方がいいんだけどね
しかしながら例の誤爆メールの件があるから公式なランチとなった場合
やっぱりワタクシが表に立つ訳にはいかない
だって「二度と私に話しかけるな」と言い放った手前こっちから話しかける訳にはいかないけど
クラス公式となった場合は全員に声をかけないと筋が通らないものね
この前もランチご一緒した仲良しママ達と「どうする?」とか話していたら
園の出口で声をかけてくれたままがいたのでそのグループに参加させてもらう
そのままに第二駐車場までも送ってもらいましたよ
途中仲良しママからは「やっぱいかない」と電話きましたが
駐車場まで送ってもらったのに不参加ってことはできないのでそのまま参加
この前のランチのメンバーはワタクシとご近所さんのみ
12人のうち約半分は年中入園の方でした
ワタクシ的にはデンジャーゾーンのK市のお店まで言ってランチ
(だってその付近に生息しているモ◯◯◯―の通ってる私立は豚フルで休みらしい)
一応新しい方との顔をつなぐ意味ではそこそこ有意義ですが
去年の幹事仲間と「連絡網もないから公式にってのは難しいよね」で一致
食べるだけ食べて一足先においとまして一旦家に車置いて小学校へ
娘ちゃんの参観は道徳の授業
「私はこういうときこんな気持ちになりました」
ポジティブな気持ちとネガティブな気持ち両方用意していたけど娘ちゃんは
「私はおかあさんに怒られた時『いやー』って気持ちになりました」の方を発表してました
もう一つの「やったー」って気持ちはクラスの3分の一くらいが発表してたもんね
その後先生から人権のお話が有りクラス茶話会
娘ちゃんと幼稚園が同じだったお友達は マンションのお友達と一緒に帰って遊ぶと言ってたので
娘ちゃんも行きたがるけど 結構遠い上にそのお友達のママたちは残る訳でちょっと賛成できない
そういったら娘ちゃんはいじけてました
結局そのお友達も帰らず学校の中にいたので落ち合えてからは一緒に遊んでたけど
茶話会のテーマは「早寝早起き朝ご飯」
何か地味な感じであまり話は弾まず
よく違う校区のお友達に不審者がでたとか聞くけどうちの校区は幸いまだ出てないらしい
といっても隣りにはあるらしいよ
で出た場合の連絡は「翌日子供たちに注意」ってちょっとそれじゃ遅いよね
ってことでPTAが今メール導入を進めているらしい
終わったところで娘ちゃんと一緒に幼稚園へ
息子くんは号泣しながらお預かりの部屋から出て来る
まさかずっと泣いてたのかとびっくりしたけど 普通にお預かりされていたけど
かーさんの顔を見て緊張が切れて泣いたらしい
担任の先生に聞いたところ 帰りの会の頃には元気になっていて
お腹も痛くないとのことだったので連絡する事無くお預かりにしましたとの事
去年はほぼ毎日のように幼稚園に行ってたのでかーさんが来ても平常心だった息子くんだけど
久しぶりにかーさん幼稚園に来たし
さらにお預かりというプレッシャーがあったのかな?と思います
スポンサーサイト



  1. 2009/06/18(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0