FC2ブログ

小学校面談&大雨

July 24th
朝からかなりの雨
天気がよければ娘ちゃんと息子くんも小学校に連れて行って校庭であそばせようと思ってたけど
お菓子とDVD与え 「電話とピンポンには絶対でないで」と言い残しかーさんだけ小学校へ
娘ちゃんの担任の先生との面談です
小学校つくまでにびしょ濡れでしたよ サンダルだからいいけど
さて面談ですが先生開口一番
「ずっとしゃべってますよね」かーさん自分の事言われたかと思ったよ
「天真爛漫で the子供って感じでクラスのムードメーカーです」
「必ず手を挙げて『私にあてて』しっかり発表もしています」
「人懐っこくて『暑いから離れて』というくらい寄ってきます」
幼稚園の若い女の先生ならともかく 中年の男の先生なんですけど(笑)
学習面では「理解できてますが 必ず1こくらい間違います」
これもかーさんが自分の事言われてるような気分になったよ
通知表では「1から10までの数の大小がわかる」だけが頑張ろうだったので聞いたところ
「多分わかってるとはおもいます 右から何番目と言う問題ができてなかったので
もしかしたら右左がわかってないのかもしれません」
これもかーさん自分の事かと思いましたよ
夏休みの宿題はびっくりするくらい少ないんだけど
「娘ちゃんにとっては朝飯前だと思うので 高学年の理科や社会科のような自由研究
継続して観察するとか そういうのを是非やってください
娘ちゃんには出来ると思いますし クラスメートへの刺激になります」とのお言葉も頂きました
最後のをとーさんに話したら俄然とーさん張り切りだしましたよ 何しようかな?

さて金曜は普段は音楽教室なので普段はプールはいかないのだけど
昨日いけなかったし 何より息子くんがまだ合格できてないので再チャレンジの為いきました
バスだと時間がタイトになるので音楽教室の教材も一緒に積んで
プールで先日からお世話になっている息子くんの同級生ママにあう
「モ◯◯◯― もういいらしいよ」
かーっとなって言いたい事かーさんにいって冷めたらしい
あれだけ公衆の面前で人の事罵倒しときながらそれってあり?
つーかかーさんモ◯◯◯―とは初めてまともにしゃべったのにそれがあの罵倒だもんね
今までは印象や他人からの伝聞でしかモ◯◯◯―の事語れなかったかーさんに
「正々堂々と批判するネタ」もたらした事に気がついてるのでしょうか
もう二度とあう事もない人なのでどうでもいいですが

さて息子くん今回も残念ながら不合格 明日のラストチャンスにかけましょう
スイミング終わる事にはかなりの雨だけど傘車だよ
まあ娘ちゃんと息子くんはさっきまで濡れてたんだからいいよね(違う?)ということで
車まで3人でダッシュ 近くに止めていてよかったよ
一旦家に帰って水着置いてから音楽教室へ
ついたときには雨も降っていなかったのでまたも傘は車に置きっぱなし
息子くんのレッスンが終わる頃には土砂降り
娘ちゃんのレッスン中少しでも雨脚が弱まったら3人分の傘取りに行こうと思うが
一向に雨脚弱まる気配なく娘ちゃんのレッスン終了
お友達に傘を借りてかーさんだけ車にもどり 教室の入り口まで車を移動するが
乗り込むだけで3人ともびしょ濡れでした
家まで戻って来たら家の前の農業用水路がかつてないほどの水位
これはまずいかもと思って「とーさんに早めに帰っておいで」コール
幸い仕事も片付いているので帰って来るとの事
最寄り駅は駅から道路までが遠い上に道路が狭くて車で待つのは大変なので
一つ先の駅まで迎えに行くが その一つ先の駅と終点との間で土砂崩れが起きて電車折り返し運転
そのため一つ先の駅のロータリーもかつてないほどの混雑でありました
そのころはまあ雨脚もそれほど強くなくとーさん曰く
「しつこい帰ってこいコールで職場出た頃が一番雨酷かったかも」
帰宅後寝かしつけはとーさんに丸投げしてテレビの災害情報みてたけど相当酷かったみたい
繁華街が川みたいになってたよ
スポンサーサイト



  1. 2009/07/24(金) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0