FC2ブログ

写真ができたよ

Nov 21st
相変わらず夜中に何度も起きる息子くんとその都度飲ませるかーさん
最近は眠いのでつい早めに切り上げて布団においてはやり直しってのが多いなあ
6時過ぎに起きたときにはもう寝かしつけは放棄して放牧
今日もとーさんが二人を隣の部屋に連れて行ってくれました
朝からもめていた娘ちゃんと息子くん
いつもやられっぱなしの息子くんはねーさんの髪をひっぱって逆襲していたそうな
どうしても日曜一日とーさんと遊んだものだから月曜の朝はなかなか
すぐには出勤させない娘ちゃんでした
朝食の後寝ていた息子くんが目覚めたので一緒にコーヒーを買いに行く
ちょっと本屋に行きたいなとも思ったけど息子くんが手を出すし娘ちゃんもいるしで断念
コーヒーやさんでは必ずショップカードを何枚ももらう娘ちゃん
ついでなのでぐるっと小学校のほうまで行って信号のボタンを押してから帰ってきたよ
11時前からお昼ご飯と夕飯の準備
かーさんが台所仕事している間に息子くんを遊ばせようと古いPCのキーボードを持ち出す
「息子くんに貸してあげてね」といったのに「一緒に使う」と独り占めする娘ちゃん
自分も触りたい息子くんはぎゃん泣き
「貸してあげてよ」というけど「いや 娘ちゃんの」というので
じーちゃんの古いホタテ型iBOOKを持ってきて「息子くんこれで遊びなさい 娘ちゃんは触らんで」
と切れるかーさん
そういう目新しいものは絶対自分が使いたい娘ちゃんは「これ貸してあげる」
「いいよ 娘ちゃんはそれで遊びなさい」「貸してあげるって」
「じゃ ありがと」とキーボードを息子くんに渡しiBOOKは片付けようとする意地悪かーさんでした
最初は息子くんはキーボード娘ちゃんはiBOOKで遊んでいたけれど
息子くんもそのうちねーさんが持っているのがよくなりまた二人はもめていましたけれどね
12時前には準備ができたのでお昼ご飯
息子くんにおじやを食べさせている間娘ちゃんも焼きおにぎりを食べる
食べ終わったので昨日ばーちゃんにもらってきたおいしいりんごを剥いていたらドアこんこん
上の階のお姉ちゃんが「しゃぼんだましよ」と遊びに来た
息子くんにすりりんごを食べさせたいし皮を剥いたからすぐに食べて欲しいかーさんは
おねえちゃんにも「りんごいる?」ときき「いる」の返事だったので
二人に外の階段で食べさせている間に息子くんにも食べさせる
皿を片付けてからシャボン玉の準備
ついに機械は動かなくなっていたので吹くのにして容器に液をいれてあげる
階段で吹いていたのでそれは滑りやすくなって困るから下に下りなさいと
息子くんを抱いて二人についていこうとしてたら踊り場にりんごが落ちていた
娘ちゃんに問いただしたところ「投げた」らしい
どうも落としたとかではなく早くシャボン玉がしたくて捨てたみたいだったので
怒りまくるかーさん
シャボン玉を取り上げ「食べ物を捨てるような子にはかさない」
「もう娘ちゃんにはりんご食べさせない」
娘ちゃんは玄関で号泣していましたが丁度お姉ちゃんもお昼を食べに帰ってしまったので
ほうっておくかーさん
しばらくして娘ちゃんがようやく「ごめんなさい」いえたので一回分だけ入れて
日の当たる砂場でシャボン玉遊び
ストローを砂に落としたのでもってかえって洗っていたらピンポン
お姉ちゃんが来たので遊ぶ娘ちゃん
しかし二人して赤ちゃんのパズルボックス取り上げたりラトルはめてみたりするから
かーさんがその都度「それは返して」とうるさく言っていたら
しばらくして二人はおねえちゃんの家に行ってしまいました
ままがいいといってくれたのでお任せしてかーさんは息子くんと戻る
布団を取り込む間息子くんは泣いていたけれどそのあと抱っこしたらすぐに寝たので布団に下ろす
洗濯物を取り込みご飯の用意をしてしまってかーさんも横になろうかと思ったら起きたけどね
上のおうちに娘ちゃんを迎えに行きそのあとはお外
結構寒いのに砂場に座り込んで遊ぶ二人
息子くんが「はらへったよー ぱいくれよー」とぐずりだしたので娘ちゃんを見ていてもらって
息子くんにぱいおやつをあげにかえるかーさん
さすがに5時には寒かったのでおねえちゃんともども家に帰る
ご飯を食べようとしたら写真館から「七五三の写真できました」と電話
夕飯が済んだ後控えで調べたらなんと営業は7時までだけど火曜日は休み
急遽二人を車に乗せて取りに行くことに
かーさん初めての夜のドライブ
息子くんは往復20分弱ずっとシートで声の限りに号泣しておりました
それほどの思いをして取りにいっただけあって娘ちゃんはとっても可愛く写っていましたよ
初めての家族写真の息子くんはとってもいい男♡だし
泣いたせいで汗びっしょりの息子くんと娘ちゃんと3人でさっさとお風呂に入り
娘ちゃんのリクエストで「ミシンカタカタ」の本を読んでいたら
「わたしのあかちゃんのはながこわれた」という娘ちゃん
白いぬいぐるみに黒い糸でつけた鼻が解けかかっていました
「ぺったんてーぷでとめて」というけどそしたら汚くなるよというのに聞かず泣き喚く娘ちゃん
息子くんがせっかく寝たというのに起きないかとはらはらするかーさんは
「向こうの部屋に行っていなさい 息子くんが寝たら直してあげるから」というも
電気が消えているのが怖くていけない娘ちゃんはさらに泣き喚く
息子くんはしっかり寝ていたので布団に下ろして娘ちゃんと一緒に隣の部屋へ
裁縫箱を出してきたら「あ いとでなおすと?」「くろいいと?」といちいちうるさいので
かーさんまた切れて「しゃべりなさんな しゃべったらもうしないよ」とどすを利かす
その後かーさんが糸で修理していると何かしゃべろうとする娘ちゃん
かーさんがじろっと見るとあわてて口を押さえている表情がおかしくて
かーさん笑いをかみ殺すのに必死でした
修理してあげたらちゃんと「ありがとう」が言えたよ
かーさん風呂に入るからひとりで寝なさいといったらおとなしく布団に行って寝ました
なんだ一人でできるじゃん

スポンサーサイト



  1. 2005/11/21(月) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/175-1f011429