FC2ブログ

しゃばいぞー

Nov 24th47Osh0069.jpg


G&Gのブローチは無事完成したので麻バッグにつけてテーブルのうえにおいておく
朝起きた娘ちゃんに「テーブルのところにいいものあるよ」と教えたら
たたたっと走っていって「あー ぐりとぐらだー」と大喜びでした
息子くんも興味津々
今回はブローチだったので今度は薄いぬいぐるみ?にしてあげようかな
娘ちゃんはクリスマスツリーが大変お気に入りで自分もサークルの中に入っていました
息子くんも近づいてきては手当たり次第にとっていましたよ
7時前にご飯の準備を始めたけれど朝はばたばた
来週から月曜はとーさん一時間早く出るので6時起きじゃないと間に合わないかも
息子くんがとにかく手を出したがるのでテーブルの下にレジャーシートを敷き
服の上に袖つきエプロンをしてスタイをつけてから型でぬいたおにぎりの皿を置く
手を出してがんがん食べる息子くん
こぼしまくりでしたが握っていた分少しはましなのか
息子くんがおにぎりだったので娘ちゃんも「おにぎりにして」というので型をぬき
周りにひじきのふりかけをまぶすがそれを箸で食べるものだから
こっちもぼろぼろにこぼす 
息子くんは恐ろしく散らかしつつたくさん食べていました
しばらくは毎日コレが続くのね ふううう
とーさんかーさんが掃除をしていたら息子くんの泣き声
娘ちゃんが引き出しからFMトランスミッターを引っ張り出して独り占めしていたので
「これはおかあさんの」「息子くんに貸してあげる」と息子くんに渡したら
「娘ちゃんの」といって奪おうとする
それを奪い返すかーさんに向かって「ちいさいこからとりあげたらだめでしょ」という娘ちゃん
確かに娘ちゃんはかーさんより小さいけれど
そのせりふ息子くんからおもちゃを取り上げる自分がいつも言われているものじゃないか
その後も「おかあさん えい」と押したりしてたけど平気なかーさんでした
結局娘ちゃんはわーんと泣きながらとーさんのところへ
とーさんが出勤しようとすると「いかないで」と泣いてなかな出かけられなかったよ
その割には急に「いってらっしゃい」と言い出して気まぐれです
息子くんは眠そうだったけれど結局パイでも抱っこでも寝ることができず
10時になったので100均へお買い物にいく
玄関に飾った小さいクリスマスツリーの下に敷く緑のフェルトと一緒に
G&G用の黄土色のフェルトを買い
保育園のサークルでの製作物を入れるファイルを探していたらみっひーがあったのでそれにする
娘ちゃんのヘアピンやゴムを整理するのにいい容器がないかと探していたら
仕切りつきのプラスチックのケースがあったので二つ買う
100均はあるときに買っておかないとすぐにモデルチェンジしてしまうものね
抱っこ紐でゆらゆらしていたので家に帰りついたときには寝ていた息子くんだけど
お布団においたら起きちゃったよ
娘ちゃんのヘアゴムなどを仕分けしてケースに収め壊れているものは捨てる
ついでに娘ちゃんの引き出しの中のものも整理して小さくて息子くんが飲み込みそうなものや
あまりにガラクタなのは捨ててしまう
お昼ごはんは作ってしまっていたけど息子くんがわりとご機嫌だったので夕飯も作ってからご飯
しかしこのころには眠さがピークに達していた息子くんはご機嫌斜め
しかもトマトリゾットというそのあたりにぶちまけられては大変なめにうだったので
スプーンを握ったり手づかみで食べたりのように自分の好きにはさせてもらえなかったので
余計に泣いて体そらすわ口をあけようとしないわで大変
結局パイでしかなだめられず食べずにそのまま寝てしまったよ
残ったリゾットはかーさんが塩振って食べました
息子くんは1時間弱で起きたので昨日のロールパンの中身をちぎって食べさせておいたよ
娘ちゃんは列車のおもちゃを出して線路をつないで遊んでいました
適当につなぐから端はとじていないんだけどね
この前ざらすに拡張用の線路だけが売っていたのでやっぱり買おうかなあ
でも物を増やすのは最低限にしないと収集つかないもんなあ
3時過ぎから娘ちゃんが外に行きたがったのでコートや毛布で重装備して出かける
丁度幼稚園から帰ってきたおねえちゃんたちがいて
二人とも「たまごっち」の本を持っていて見せてくれました
そろそろ本腰入れて探しておかないとあれだけ楽しみにしているのになかったらがっかりだもんね
いろんな種類があってよくわからなかったかーさんは家でネット検索
ふーん 最新型はPCと連動できるんだ これがいいけどさすがに品薄かな
まあクリスマス商戦で出てくるとは思うんだけれどね
しばらくお姉ちゃんと石を並べてぞうさんを作って遊ぶ娘ちゃん
息子くんがぐずりだしたので家に帰ろうというが帰らない
お姉ちゃんが自分のうちに誘ってくれるが手が真っ黒なので一度家で洗おうといっても聞かない
最後は首根っこ引っつかんで引きずっていたらおねえちゃんもついてきてくれた
「娘ちゃんんちに上がってもいいよ」と勝手に言ってるけどお布団敷いちゃったよ
結局お姉ちゃんちにいくことに
ままが「おかあさんにいっておいで」というのが聞こえたのでかーさんもいって
「お願いします」と言って娘ちゃんには「息子くんにパイ飲ませてから迎えに来るよ
そのときはすぐに帰ろうね約束よ」というが果たして
息子くんはパイを飲みながら散々ぐずって寝たのでお風呂を入れる
たまったところで娘ちゃんを迎えにいくがなんと勝手によそのうちの冷蔵庫を開けて
みかんをもらったらしい 
そのほかにチーズももらって食べたらしい
「もー ごはんまえなのに ご飯もしっかり残さず食べてよ」というかーさん
やはりすぐに帰ろうとせず隠れていたけど何とか出てきたので帰って
久しぶりに女同士でお風呂
クレヨン石鹸やあわあわで遊んで上がったところで息子くんがふぇーん
シートひいたりおにぎり作ったりの準備をしてから迎えにいったものだからこじれてました
まずお茶を飲まそうとするが手で払いのけてこぼれる
シートひいていてほんとによかったよ
その後も口元にスプーンを運んでもご飯を運んでも顔をそむける
パイなら飲むので好きなだけ飲ませていたらうなってしましたよ
それもあって機嫌が悪かったのか
その後もしばらくは食べ物を拒否していたけれど何とか一口お茶を飲んだら
その後は口をあけるようになったのでおかずを食べさせ
おにぎりは自分で好きに食べさせました
小さい型だけど息子くんの口に対しては大きいのでひとつを3つぐらいに分割しておいたよ
大騒ぎしている間娘ちゃんは少なめによそっていたのが功を奏したのか全部自分で食べましたよ
えらいねー
その後3個みかんをたべていた 足の裏黄色くなるよ
娘ちゃんと一緒に風呂に入って髪も洗ってしまっていたかーさんだが息子くんをお風呂に入れるために
もう一度服を脱いで入りなおす
娘ちゃんのリクエストで小さいクリスマスの本
「もう一冊でおわりよ」といって読んだ後にまだ持ってこようとするので
「やくそくだった」と電気を消すかーさん
娘ちゃんは「よんでー」と号泣しながら本を持ってこっちに突っ込んでくるから
本の角で喉を打つかーさん
怒って暗闇の中本を放り投げたら泣きながら娘ちゃんに
「ほんをなげたらだめでしょ」と怒られたよ そのとおりです
息子くんが何とか寝たので娘ちゃんの横に言って「本を投げてごめんね」と謝るかーさん
娘ちゃんはかーさんの指をぎゅっと握ったまま寝てしまいました
スポンサーサイト



  1. 2005/11/24(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/178-9ef93413