FC2ブログ

忘年会のお誘い

Nov 29th
早く眠ればいいのに昨晩は二人が寝た後またもバッグ作成していたかーさん
かーさんが作った肩掛けバッグを少し小さくして娘ちゃん仕様にしました
夜中に起きては「わたしのあかちゃんは?」
そのたびに息子くんを起こさないように暗闇の中手のひらサイズの犬5R1sh0066.jpg

を探すかーさん
とーさんのいびきに「うるさーい」という娘ちゃんでした
6時過ぎからおきてとーさんで遊んでいた二人
とーさんも起き上がって隣の部屋で遊んでくれたので7時まで眠らせてもらったよ
今日もラップで小さく丸めたおにぎりをつまんで食べる息子くん
時々その口からわざと「ぽろん」とおにぎりをだすので
「ぽんのすけ」改め「ぽろんのすけ」と呼ぶかーさんでした
とーさん出勤後メールをチェックしていたらかーさんのM社時代のお知り合いから
「おいしいランチで忘年会をしましょう」のお誘い
娘ちゃんが生まれてからということは3年以上もあっていないかたなので
もう是非にもいこうと思うかーさん
娘ちゃんは最近はかなり言うことを聞くようになったとはいえまだまだだし
何より息子くんは動き回って大変だけどせっかくの機会だしね
会社時代の知り合いなので学生時代の仲間との集まりと違って
とーさんにも同席してもらうわけにはいかないにしろ
せっかく日曜だし送り迎えしてもらおうと予定の確認の電話したらなんと
その日は休みをつぶして面接試験の監督だと
しかもそのことは出席していなかった会議で決まってさっき聞いたそうな
いじめではないかって感じですが仕方ないね
自分が食べることはあきらめてがんばって二人連れて行くよ
ご飯を食べ終わったころ外で声が
昨日約束していた上のお姉ちゃんと下の階の男の子が遊んでいたので招き入れる
しばらく3人(4人?)で遊んでいたけれど男の子が家に帰ったので
彼の忘れ物を届けに言ったら娘ちゃんの泣き声
あわてて戻ると娘ちゃんがお姉ちゃんをひっぱって
「かえらんでー いっしょにあそびたい」と号泣
お姉ちゃんは泣きこそしていないけどむっとして帰ろうとしている
娘ちゃんのあまりの大声にびびってるのかと思って
「娘ちゃん笑ってあそぼうっていったら」というけどやっぱり帰ろうとする
娘ちゃんに「なにかしたの?」といっても「していない」というし
お姉ちゃんに聞いても何も答えない
帰ろうとしているのを無理矢理引き止めるのも悪いので娘ちゃんのほうを抑えると
お姉ちゃんは帰っていきました
しばらくわんわん泣いていたのでかわいそうになって取って置きのふぁみこんをみせたら
「(お姉ちゃん)いじわるい」「だいすきじゃない」といいだす
はいはいと慰めて落ち着いたらお姉ちゃんのままにめーるしようとしていたら
「帰ってきたけれどけんかしたのかな?」と向こうからメール
「(かーさんが下の階に行っている間に)何かあったらしいけどわかりません」と返信したら
「今うちで下の階の男の子と遊んでいるからきますか?」
とあったので「娘ちゃん遊びに行く?」と聞いたら
「いく」といって「かえってきてからみる」といってテレビも自分で消す
靴下を履いていたらお姉ちゃんが迎えに来てくれたので
かーさんもついていって「お願いします」といってくる
娘ちゃんが出かけてまもなく息子くんも寝てしまったので
今週末までセールしているMUJIのネットストアでお買い物
子供サイズの綿毛布買ったけど果たして二人は着るのだろうか
息子くんがおきたので上の階に様子を見に行くと娘ちゃんが涙目で出てくる
「おうちかえる」と言っていたらしい
珍しいなーと思って「どうしたの?」ってきいたら
「(お姉ちゃんが)いばっとる」だってひとつ上だから仕方ないじゃん
お姉ちゃんも仕切れるから娘ちゃんと遊びたがってるんだもの
1時間以上お邪魔していたので「今度は娘ちゃんのおうちで遊ぶ?」と聞いたら
二人とも降りてきたのでうちへ
かーさんの作った袋の中にままごとの野菜とかなべとかを詰め込んで肩に担いで
うろうろする二人 夜逃げかい(笑)
5時にままが迎えにくるまで今回は平和に遊ぶ二人
たくさん遊んで満足したのかお姉ちゃんが帰るときにも泣かなかったよ
ご飯の準備しながら布団敷こうとしたらあれ部屋中にぬいぐるみが寝ているよ
しかもかーさんのパジャマが布団の代わりにかけられているし(笑)
息子くんは先におかずを食べさせながらかーさんの夕飯も食べてしまい
後はおにぎりを好きなように食べさせました
テレビのあとはみんなでお風呂
本を読んで寝ようと電気消したら娘ちゃんが持っていた手作りリボンが分解したらしく
「おかあさんなおして」
暗闇の中だしかーさん親指怪我しているからできませんってば
あまりにうるさいので「息子くんが起きるから泣くなら向こうに行って」といったら
「お母さんが向こうに行って」というので寝てしまった息子くんを置いて部屋を出るが
案の定こっちに来ようとしていたので
「お母さんがいるほうがいいの?いないほうがいいの?」ときいたら
「いるほうがいい」というので一緒に寝ましたよ

スポンサーサイト



  1. 2005/11/29(火) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/183-b34b4434