FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

忘年会

Dec 4th
今朝も早く起きて今日はとーさんで遊ぶ息子くん
とーさんを軽々と乗り越え加湿器で結露がびっしりのはずの窓際で遊んでいたので
あわてて引き戻してもらう
7時にはおきてかーさん朝ごはんの準備
出来上がったのは7時半を過ぎていたけれどみんなぱくぱくと食べたので
れんじゃーの最後のほうにも間に合ったよ
とーさんお楽しみのライダーも娘ちゃんお楽しみのプリキュアはじっくり見ていましたよ
その隙にかーさんは洗濯掃除
とーさんは今日は10時半必着とのことだったので9時半ごろ出勤
6時からおきている息子くんは9時過ぎから眠くてぐずぐず
「ねむいよー かーちゃん だっこしてくれよー ぱいくれよー」と泣くが
とにかく車の中で寝て欲しいので泣かせておいたよ
10時ごろにはもう手持ち無沙汰になってきたのでパイ飲ませて荷物を持って車へ
かーさん結構緊張していますよ
息子くんはぐずって泣いていたのだけど鍵に興味を示していたので
ベビーシートのベルトにつけてあげて出発
キーチェーンについている笛をぴーと吹いてご機嫌になる息子くんだけど程なく寝てしまう
作戦成功(笑)
雨もぱらついているし風も強いしとても駅から歩くのは大変だったよね
幸い車は少ないしのんびり走る
人工島はトラックが多くて怖いから法廷速度で走ってたものだから抜かれまくりでしたよ
どきどきしながら海沿いの道を走る
既にマラソンの準備車両が止まっていたりもしたけれど
交通規制のためかそれとも天候のためか拍子抜けするほど車は少なく
左折してから昨日は30分以上かかった道をあっさり5分ほどで通り抜け
なんとお店の前の駐車場には約束の1時間前の11時には到着
駐車場もがらがらだったので簡単にとめたけれどここは出るとき大変そうと思い直し
100円払って向かい側に止めなおす
そろりとバックでとめてあら車止めを越えたかと思ったらごんと軽い衝撃
降りてみてみたらちょこっとへこんでいましたよ いいか
まだ息子くんは寝ていたので車の中でCD聞きながら待つ
娘ちゃんは座席を乗り越えカーゴスペースで遊んでいましたよ
息子くんも起きたけれどお店の開店時間11:30をちょっと過ぎるまで車で過ごしてから
二人にコートを着せ最低限の荷物を持ってお店へ
集合住宅の1階を改築したお店の離れへ案内される
和室に6人のテーブルが準備してあり床の間や床には間接照明
非常にいい雰囲気だけどこんなちびっ子連れにはそぐわないのではとちょっと危惧するかーさん
とにかく荷物を置いて息子くんのオムツを替えお茶を飲ませていたらおしぼりを持ってきてくれました
まもなく友達がぞくぞく到着
一年半ぶりに娘ちゃんと同い年の友達の女の子とも会ったよ
もう一人我が家の子供達とほぼ同い年の子供を持つ友人は
二人ともご主人が見てくれているとのことで単独参加
去年の夏3人であったときみんなそろって妊娠中だったのよね
とにかく息子くんに先に食べさせることにして準備しておいたBFをあげていたら
こっちに引っ越してきた年に家に子連れで来てくれた二人も到着
このお二人とは娘ちゃんを妊娠中にあって以来だから3年以上ぶりってことです
本日の参加者はみんな子供が二人ずついるのだけど
子供は娘ちゃんと息子くんと娘ちゃんと同い年の女の子と小学生のお姉ちゃんの4人でした
かーさん一人が二人も連れてきていたけれど単独で来ていたひとが
娘ちゃんの相手をしてくれていたのでとても助かりましたよ
久しぶりにおいしいゴージャスな食事を久しぶりの楽しいおしゃべりと一緒にいただく
娘ちゃんに食べさせつつ息子くんの動きを封じ込めつつだったので大変だったけどね
持参の折り紙や落書き帳が役にたちましたよ
折り紙は「おともだちにあげるの」と家を出るときからいっていたくらいだから
あっさり分けてあげたけどペンは今日はじめて出したものだから独り占めしたがる娘ちゃん
全くじゃいあんみたいだね
自己主張の激しい娘ちゃんは「みてみて」と自分をアピールして周り
ほぼ初対面の人たちの中でもまったく物怖じせずに喋り捲っていましたよ
対照的に息子くんはかーさんがちょっと席をはずす間見ていてもらったら
かーさんの姿が見えなくなった途端に号泣していました さすがしゃばぞー
BFのほかにトーストしたパンを2/3枚は食べたのに
さらにかーさんの食べているご飯(鯛と栗の土鍋ご飯 絶品)を欲しがるのでちょっとあげたよ
がんばって参加してよかったーと思える楽しい時間でした
すっかり長居してしまいマラソンの交通規制が解除されたくらいに出ることになるが
あいにくまた冷たい雨が降り出す
かーさんは傘を車においてきてしまってぬれながら走っていかなくてはと思っていたら
お店のお姉さんがかさをさしかけてまず息子くんを抱っこしているかーさんを車まで送ってくれ
その後小学生のお姉ちゃんに連れてきてもらっていた娘ちゃんも迎えに行ってくれたよ
正直言ってお店としてはかーさんのようなちびそれも二人ずれは想定外の客層だと思うのに
ものすごく丁寧な対応に感動してしまいましたよ
予定通り細い道を出て左折してものすごく混んだ道路をゆっくり進むうちにまた息子くんは寝てしまう
路上駐車と人通りが多いけれど一応片側一車線の道路を北上し海沿いの道まで出る
3時半ごろとーさんの職場の近くを通りかかったので拾って帰ろうかとも思うが
どこで曲がればいいかがわからなかったのでそのまま家に帰る
小一時間のドライブが無事終了してほっとするかーさん
さて家に帰りついたら娘ちゃんが「きらきらは?」
かーさんのバッグの中に娘ちゃんや息子くんの食事グッズをいれた小さい袋を入れていて
そこに前にじーちゃんいもらったキーホルダーをつけているのをお店で発見した娘ちゃん
袋ごと引きずり出しそうだったのでキーホルダーだけはずして渡したらみんなに見せて回る
帰るときに「おかあさんが持っていてあげるから」「かばんにいれておこう」という
再三の忠告を「いやもっとくと」と無視
車の中を探したけれど見つからないって事はお店で落としてきたってことでしょうね
「だからおかあさんがいったでしょ?落としてきたのは娘ちゃんだからあきらめなさい」
といったら「ごめんね あしたから渡すよ」というけど
「今頃いってももうお店でなくしてきたのだから見つからないよ」と答えるかーさん
わんわん泣いていたけれど これも勉強であろう
いつもやらかして起こられては「もうせんよ」と口だけ言うけど
後から言ったってどうにもならないことがあることは学ばないとね
かーさんはロングドライブをやり遂げた達成感で軽く興奮状態にあったので
とーさんが5時過ぎに帰りつくまで夕ご飯の準備も手についていませんでした
朝1時間だけ乾燥をかけて部屋干ししていた洗濯物はまだ乾いていなかったので二回目の乾燥
とーさんが帰ってきたので二人を任せて晩御飯の準備
生協で頼んでいたソーセージをジャガイモとたまねぎと炒める
このソーセージがかなりおいしうございましたのでまた買おうっと
今日もとーさんが二人をお風呂に入れてくれました
9時前には二人が寝てしまったので寒い中とーさんがビールを買いに言ってくれて
「新生・かーさん」に乾杯しました
本当に世界が広がった感じ
結構かーさんもいけるかも
会社も楽勝で車で通えるわ(笑)

スポンサーサイト
  1. 2005/12/04(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/188-4a24cf8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。