FC2ブログ

コンサート

Jun 26th
あいかわらず早起きの息子くんが寝付く前に娘ちゃんも起きて騒ぎ出す
できるだけ体調万全で臨みたいかーさんはとーさんに
「今日実家に行ったら午後からは楽できるでしょ?かーさん眠らせてよ」とゴリ押し
息子くんが布団の上に転がされてる間に娘ちゃんにツールセットでキリンの親子を作ってあげるとーさん
かーさんは8時頃起き出して昨日のうちから卵液につけておいたフレンチトーストを焼いて
コーヒーを入れる
息子くんをベビーベッドに連れていきたいのに布団の上にどっかりと腰を下ろしたまま
キリン作りに夢中になるとーさんでした
かーさんがゴミをゴミ箱に捨てると
「何捨てたの?」「なんで捨てるの?」「ねえなんで捨てたと?」と最低3つは質問する娘ちゃん
くどいのはいったい誰に似たのでしょう(笑)
新しいもの好きの娘ちゃんが電話使いたがるので親機と子機で内線電話してあげたら大喜び
息子くんが眠ったので一人で野菜を買いにいくかーさん
今日は休日恒例(←いくつめだ!)タコライスにすることにしてサルサソースとミートを作る
朝から洗濯してたのだけど雲行きが怪しい
既に乾いていたものを取り込んでいたらいきなり激しい雨でした
しかし洗濯物中に入れる頃には止んでました これじゃ足りないよ
ご飯を食べた後娘ちゃんと息子くんの着替え各数回分とスティックミルクと哺乳瓶
保温水筒に薄めた麦茶を入れ久しぶりに化粧してコンサートの定番ハイヒールを履いたかーさんは
娘ちゃん息子くんと一緒に車に乗って実家まで
実家の前の道路の反対側には向いの家の車が止まっているのに歩道に乗り上げず
そのまま車をとめるとーさん
「通れないんじゃない?」といったら「これくらい通れないなら車運転しなきゃいい」という
靴を履いてなかった娘ちゃんを抱っこしてとーさんが実家にはいったので
かーさんは息子くんをシートから下ろしていたら案の定車が来て通れないからそこで止まってる
運転席からにらまれたのでかーさんあせって「とーさん 車通れない」
息子くんはばーちゃんが抱っこしてくれたので荷物を門扉にひっかけて助手席に乗り込み
最寄り駅まで送ってもらうがあとちょっとってところで忘れ物に気付いて一旦家に帰り
再度JR駅まで送ってもらったよ
ホームで待ってる間にはかなり激しい雨だったけど駅に着く頃には日射しがきついくらいだった
一人で買い物に行けるというチャンスはもうめったにないから
駅から直接会場には向かわず某ビルへ
例の如く無印に寄ってお買い物
とある事に使おうと麻のテーブルクロスをお買い上げ
買おうと思っていたピッチャーは今一つだったのでやめておく
本日のチケットを取ってくれた方へのお礼を買ってスタバでコーヒー飲んでからタクシーで会場へ
会場から20分くらい経ってたのだけどグッズ買うためにも相当列が長くて並びました
パンフと携帯ストラップだけ何とかゲットして席へ
スタンドの一列目中央の席です
花道との間には15列くらいのアリーナがあるけど肉眼でも大丈夫な近さでした
育児にかまけている間にかの方のツアーが発表になっていてFC販売もあったけど
郵便局が子連れ運転下手には遠い故更新さぼってたのでそちらは使えず
かの方も還暦間近で最後のツアーになるやも知れず
(上の妹には「毎回それ言ってるやん」と突っ込まれたが)
前回のツアーはかの方体調不良のため本来なら安定期だった地元公演が臨月に延期になったので
泣く泣くあきらめ(でも息子くんがお腹にいるときの臨月のこと考えたら
コンサート行くくらい別にどうってことないことだった チケット手放さなけりゃよかったよ)
どうしても今回行きたい
しかしアリーナーツアーでこちらの地方では2公演しかないので難しいかも
「電話でがんばってみてもしとれたら行かせて コネは使わない」ととーさんにお願いしたのだけど
舌の根も乾かぬうちにコネ(我が家で言うところのいわゆるオダトモの方のご好意)により
無事チケットはゲットできたのでした
いつもお世話になりありがとうございます
このことを早くに日記に書いちゃうとちゃちゃが入るかも知れないと
「コンサート」の「こ」の字すら出さないよう気を使ってたけどやっと書けるわ(笑)
ただ自分のペースでは物事がちっとも運ばない毎日
しっかり聞き込んで臨むと言う形にはほど遠いものでした
朝から今さらのようにエンドレスで聞いていたのだけどとーさんに抱っこされて
ギャン泣きだった息子くんはCDプレーヤーの前に連れて来たらかの方の歌声でぴたりと泣き止み
♪ゆらゆらゆら こころはゆれる♪と歌ったりする娘ちゃんは
CDかけながら「これ歌ってるのだれ?」と聞けば「おだっち」と言うほど
刷り込みはうまく行ってる様子
さてコンサートですがいやーすばらしかったです
全然声衰えてないんだもの しかも花道走り回ってるし
あと2年ちょっとで還暦迎えるって御年なのに
こっちも一曲めから年も考えずにスタンディング
しかし年といえばさすがに観客の年齢層は非常に高くかーさんでも若い方だったかも?!
「もう二度とここへは戻ってこないのだから今この瞬間を大切に生きて」というテーマが
何回も繰り返される最近の曲も「今ちびに追われてひーひー言ってるけど
そんな時間を大切に思わなくちゃ」と置いて来た二人のこと思ってジーンとしたりもしたけど
かーさんのような年期の入ったファンには懐かしい曲の数々に思わずうるうる
オリジナルバージョンの「さよなら」
かの方の曲を聴きはじめた頃一番好きだったライブでは初めて聞く「夏の終わり」
シンプルな編成での「眠れぬ夜」でしょ
あとCD買ったらもらえたポスターがもう色っぽくて大好きだったアルバムタイトルの
「between the words & hearts」聞けてよかったわー
あと「私の願い」とか「Yes-Yes-Yes」とか
終盤はヒットメドレー
当然立ち上がってノリノリで手をばんばん打ち鳴らしていたのだけど「キラキラ」の時
ふと手の感触がおかしいことに気が着く
よく見たらクリスタルの指輪がくだけていたよ
そう言えば2年前の「オダレビ」のライブも同じように手をばんばん打ち鳴らしていて
していた指輪の石が飛んだんだったわ 
かの方のライブの度に指輪一つ駄目にしてるかも
thruやsame moonの時はもう取り付かれたように(爆)何会場もそれこそ遠征
(すなわち宿泊込み 日帰りできるならそれは遠出)までしてたけど
今のかーさんとってはonly oneで聞こえてくる声によればlast one
心から堪能して完全燃焼でございました
さて会場からなんとか出たものの付近は大変な混雑でタクシーは拾えそうになかったので
コンベンションセンターの所まで歩いていく
目の前で2台ほどかっさらわれた後ようやく捕まえたタクシーに乗り込んでから
とーさんに電話
私鉄乗り換え駅までタクシーでいってそこからは電車で帰るつもりだったけど
息子くんがぐずっているので家までタクシーで早く帰っておいでとのこと
乗り込んだ時に告げた行く先を変更したことで運転手さんにも危急が伝わったのか
いやー一般道を80キロで飛ばし華麗に車線変更しまくってくれたおかげで
30分ほどで到着
なんと息子くんは哺乳瓶を拒否して3時間号泣し続けたらしい
コップからなら何とか飲んだのでミルクをちびちび飲ませてもらい
泣きまくって喉が渇いたのか麦茶はぐびぐび飲んでいたそうな
あまりに大変だからばーちゃんも一緒に家まで来てもらい抱っこしててくれたのでした
ようやくパイにありついた息子くんはかーさんの顔すら見ようとせずに必死に食い付いておりました
ごめんねー 辛い思いさせて
これが最初で最後だからかーさん許してね
しかし哺乳瓶を受け付けないとなると長時間預けれないから大変だ
これはさっさと離乳食を進めなくては
息子くんは泣きつかれていたのか飲むだけ飲んだらコテン
とーさんと娘ちゃんがばーちゃんを送ってから帰って来たので寝かし付け
今日もじーちゃんとたくさん遊んだ娘ちゃん
じーちゃんも娘ちゃんが夕食まで一緒にいたものだから嬉しくて酒が大層進んでいたそうな
酔っぱらったじーちゃんが「娘ちゃんがんばれよ」というと
娘ちゃんがかるーく「うん がんばるよ」と答えていたらしい
とーさんがじーちゃんやばーちゃんと会話してると自分も割ってはいろうと
「娘ちゃんにほんごであそぼがきらいなの」とか自分のこと話してたそうな
二人が寝てしまったのでシャワー浴びてからばーちゃんが作ってくれたちらし寿司食べつつ
大河見ながらビール
スポンサーサイト



  1. 2005/06/26(日) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/26-50ffaee2