FC2ブログ

ソフトインストールと美容院

Mar 9th
寝ている間に咳き込む娘ちゃんと息子くん
小児科に連れて行ったほうがいいのかなあ
今日は朝から寝坊が許されない日なので6:45に携帯の目覚ましがなるようにセット
しかしその前に息子くん目覚ましが騒ぎだしましたよ
昨日のうちに味噌汁の具は煮てしまっていたので魚だけ焼いたら朝ごはんの準備終了
初めて4人でテーブル囲んでの朝ごはん
娘ちゃんも息子くんも動き回れないし正方形のテーブルで娘ちゃんと息子くんが向かい合って座るということは
間にとーさんとかーさんが座っているわけでどっちにも食べさせやすいしいい感じ
テーブルの中央に置けば息子くんの手は届かないしね
もしかしたら鍋も出来るかも
洗濯は乾燥までセット
とーさんが風呂だけ洗ってくれたので残りの部屋の掃除は帰ってからすることにして
大慌てで化粧をするかーさん
8時過ぎには二人を車に乗せて実家へ
娘ちゃんは朝一から「じーちゃん おそとであそぼー」
息子くんが不安がるかもしれないので落ち着くまではとーさんに居てもらうことにして
かーさんは車で会社まで
何分朝の時間どのくらい混んでいるかわからなかったので約束の1時間以上前に出たのだけど
拍子抜けするほど人工島の車は少なく30分かからず到着
仕方ないので車の中でPCのゲームなぞして時間をつぶし約束の10分前に受付へ
会社のシステム担当の人に暗号化ソフトをインストールしてもらう
扱っているのがものすごい個人情報だもんね
その間人事の人と今後のことを話すが正直驚いてびびるような提言もあり
いやこちらとしては全く拒否する筋合いもないんですけどね
先方としてはかーさんのような資格持ちを確保したいという思惑があるみたいだけど
かーさんとしても子供が小さいうちは在宅で仕事が出来るというのは大変ありがたいことです
10時にはすべて終了したので帰路に着き10時半前に帰宅
部屋の掃除をして乾燥が終わっていた洗濯物を片付けて夕飯のポトフの肉の下煮を済ませて
実家に着いたのが11時
息子くんは最初こそばーちゃんにしがみついていたがそのうち遊びだしたとのこと
娘ちゃんは相変わらず好き勝手やっておりました
息子くんも娘ちゃんが一緒だと安心するんだよね
じーちゃんばーちゃんはまた息子くんが号泣し続けたらとびくびくしていたらしいが
さすがに成長しています
眠そうだったので寝かしつけたところでこの機に美容院に行かせてもらう事に
その前にFFで腹ごしらえ(実はコレが本日一つ目の大間違い)
一人でぼーっと食事を取るっていうのは贅沢だなあー
と思いつつさっさと食べ終わって新聞にチラシの入っていた美容院へ
ここは予約をしないところなので受付をしてから待つシステム
12時丁度くらいの受付の段階で「あと40分ほどかかります」といわれたので外出
食べる前に受付に来るべきでした
同じ建物の中に本屋さんがあるのでふらふらと立ち読み
ああ こんなにのんびり本屋さんで過ごすのも久しぶりでうれしいわーと思っていたが
コレが本日二つ目の大間違いでした
さて時間より10分前に戻って店内の雑誌を読みながら待つが結局シャンプー台に案内されたのは
1時を過ぎていましたよ
入園式までには美容院にいこうと思っていたかーさんでるが
息子くんがお腹の中にいた夏に縮毛矯正をかけて以来だから一年半ぶり?
カットだけはばーちゃんにしてもらっていたけど癖毛がもうぼさぼさで
朝起きたときはいつも「きむたく」かあるいはそれ以上のかーさん
昨日はついに娘ちゃんからも「おかあさん かみぼさぼさだからこれでむすべば?」と
ゴムを二本差し出されてしまったものね
今度いつ美容院にいけるかわからないのでこの際だからと短くしてもらおう
その前にまずは縮毛矯正
ところが1年半以上パーマとご無沙汰だったかーさんの髪は大変健康な状態で
なかなかパーマがかからずものすごく時間がかかる
まあそれはしょうがないのだけど このお店予約が無いということは「来るものは拒まず」
で明らかに店の人のキャパ以上のお客が来ていたためかーさんかなりの時間放置される
本当はトリートメントもしてもらう予定だったけど2液を塗布する前に4時になりそうだったので
「もうトリートメントはいいです 時間がないですから」という
それまでは女子大生OL向やけの雑誌の読むところの無さに辟易しながらもめくっていたけど
それすらもやめて明らかにイラついている態度を取ったものだから
担当していた若いおにーちゃんがびびる
カットは違う人の担当だったらしく何人かの人にかーさんの注文を伝えていましたよ
ようやくカットが終わったのが5時ちょっと前
いくらなんでも待たせすぎじゃ 確かに安かったけどもうここにはいかないぞと心に決めて
かーさんはあわてて実家に戻り息子くんだけ連れて家に戻る
本屋でうろうろしている間に家に戻ってせめてご飯だけでもセットしておくべきでした
大慌てで炊飯器をセットしてポトフ鍋に野菜を投入
さて大慌てだったかーさんは実家から息子くんの汚れ物ではなく娘ちゃんの着替えを持って帰ってきていたよ
息子くんは実家ではそれほどかーさんを探したりはしなかったみたいだけど
顔を見たら甘えたくなったらしく「だっこー」と泣く
でもご飯は作らないといけないしお布団敷いたりお風呂を沸かしたりもしないといけないし
何とかごみをまとめて右手にゴミ袋左手に息子くんを抱いてゴミ捨て場へ
ご近所さんと子供達がいたので「待たされましたー」「早くごはんつくらなきゃ」といってたら
息子くんにパンをもらったよ
眠いのとおなかが減っているのとで泣いている息子くんをあわててお風呂に入れて着替えさせる
しばらくはパンでご機嫌が治っていたがそれも長くは持たなかったので先に食べさせる
マッシャーでつぶしたポトフの野菜も小さく裂いた肉もべーしてご飯ばかり食べる息子くん
実家でたくさん食べたらしいので食べないのかなと思っていたら
ご飯でおなかがある程度満たされたらどっちも食べだしたよ
息子くん用に小さくしたものだけじゃなく大きいままのものもぺろり
娘ちゃんはお風呂に入れてもらってから7時ちょっと前に帰宅
咳をごほごほさせていました
相変わらず食べるよりしゃべるほうに忙しいのでかーさんが口にスプーンを突っ込む
幼稚園では先生食べさせてくれないんだよー ちゃんと食べる練習しようよー
息子くんにヨーグルトを自分で食べさせていたら洗ったばかりの髪にまで白いものがついていたよ
何とか娘ちゃんもヨーグルトまで済ませて7時15分にはお布団へ
娘ちゃんに本を読んであげていたら息子くんはパイですぐ寝てしまう
娘ちゃんは咳き込むのもあるけどいつまでもしゃべっていましたよ
「まだほんをよむ」というのを「といれにいってから」というかーさん
トイレに時間がかかったので戻ってすぐに電気を消そうとしたら
「もういっかいよむとやったー」といわれましたよ ごめん 約束だったね
それでも8時過ぎには寝てくれました
スポンサーサイト



  1. 2006/03/09(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/285-34b10ef8