FC2ブログ

早く帰るよ

Aug 2nd
かーさんは眠くて眠くてたまらないのにドラマとお楽しみの番組しっかり見てしまったよ
とーさんは出張でこっちにきた元職場の方と当時の上司と3人で飲み会
今はなき元職場の方との飲み会は楽しいみたいです
かーさんもよく混ぜてもらっていました
さて出張で見えた方の奥様はかーさんのお友達なんだけど現在妊娠中
まだ性別ははっきり確定はしていないらしいが女かもということで
「女の子はかわいいよ」(注:男の子もかわいいよ かーさんはあいしとーからね)という
話になったらしい
元上司の方のところはもう中学生になる娘さんがいるのだけど
今でもテレビとか見ていたらひざに座ってくるそうで 
その話を聞いたとーさんは大喜びで妄想はいったらしい
あと10年は大丈夫ってことだよね
それに反し男の子(高校生の息子さんもいらっしゃる)は「おやじ おったと?」って感じらしい
とーさんいわく「男ってそんなもん」らしい くっすん 先のことだけど淋しいなあということで
今のうちに嫌がられてもたくさんすきすきとちうをしておこう
とーさんはお二人と別れた後 別の元職場の方の昇進のお祝いの宴席にも顔を出してから帰宅
夜遅く帰ってきたけどそんなことは関係ない娘ちゃんと息子くんはやっぱり6時起き
今日もラジオ体操に付き合おうと息子くんの着替えとオムツはとーさんいお願いして
かーさんはばたばたと味噌汁の準備
近所のお姉ちゃんが呼びに着たので出かけようとしたらとーさんがいきなり
「おなかが痛くなってきたから先にいってて」もう何で今頃言うのよーと思いつつ
抱っこ紐は持っていなかったので息子くんを素手(爆)で抱き小学校へ
娘ちゃんは小学生のお姉ちゃんと手をつないでいくのはいいけどとろとろ歩くので送れそうだったよ
息子くんはやっぱり「じっじ」と騒いで池に行きたがるので連れて行ってしばらく眺めてから運動場へ
娘ちゃんはさすがに列に並んでなんとなく体操も出来るけど息子くんはぜんぜん
かーさんが手を持って体操してあげましたよ かわいいね
はんこを押してもらって息子くんを抱っこして娘ちゃんを「はやくかえるよ」とどやしつけながら(笑)
家まで帰ったらようやくとーさんが出てきたところでした
昨日のお酒がわるかったのかな? 吐いたらしい
かーさんは家に戻ってご飯の用意
娘ちゃんと息子くんはさすがにおなかが減っていたのでぱくぱくと食べる
かーさんはとっとと自分の分は食べてしまって洗濯機を回したり広告をたたんだり
ふとみたら息子くんの使用済みのおむつがそのまま置いてあるからとーさんに
「なんで捨てとかんと?」言って捨てさせる
ふと玄関見たらストッパーをつけたままで閉めていない
息子くんを抱っこして上がってくるときにドアが少し開いていたほうがいいだろうとあけていたわけで
戻ってきたら閉めればいいのにというととーさんいきなり切れて
「俺はかーさんが具合が悪いときにはいろいろうるさくいわんやろ」
確かにそれは悪かったと思って黙るかーさんだけどとーさんも逆切れでした
後で落ち着いたらお互い謝ったよ
さてとーさんご出勤後は娘ちゃんと息子くんがテレビ見ている間に洗濯物を干してメールチェック
9時過ぎには眠そうな息子くんだけどお布団に連れて行っても寝ないので
早速本日の日課泡風呂でアイス
食べていたらピンポン
近所のお姉ちゃんがスーパーの先着何名さまかがもらえる紅白饅頭をもらってきてくれました
お風呂上がってメールを見たら2件あり
息子くんは寝そうに無かったので音楽教室のCDをかけて二人を遊ばせながら仕事するかーさん
今日のは簡単でよかったよ
終わったところで買い物に
明日明後日と娘ちゃんが幼稚園にいってくれるのはいいけど 何と明日はお弁当がいるのよね
サンドイッチを作ることにしてパンを買いにいく
車で行こうかと一瞬考えたけどシートの乗せ下ろしの面倒さを思ってやめて
炎天下歩いていったよ
ついでにお昼ご飯用のパンを買う頃には寝ている息子くん
家にたどり着いたら丁度お姉ちゃんがいるのでなかなか帰りたがらない娘ちゃん
やっとのことで家に入るが布団に下ろそうとしていたら娘ちゃんの声もするから起きちゃったよ
息子くんが寝ている間に先にちょこぱんを食べてしまって欲しかったのに
しょうがないのでチョコパンも半分こ
チョコレートがなくなったと騒ぐのでシロップを入れてあげたよ
さてご飯も済んだところで息子くんを寝かそうとするが眠いはずなのに寝ない
日中は冷房をつけないことにしているが暑くて眠れないのかもと思って
禁を破ってつけて布団も敷いて転がるがうとうとするのはかーさんのみ
息子くんは押入れからブロックの袋を引っ張り出してきて娘ちゃんと一緒に遊びだすが
すぐに取り合いになってけんかするからかーさんおちおち眠られず
3時ごろまでそんな風にして過ごし おやつを食べて洗濯物を取り込んでから外へ
子供は誰もいない時間だったけど外のほうが風がある分涼しかったよ
そこに上の階のまもなく1歳になる女の子とままが通りかかったので
「いっしょにあそぼ」という娘ちゃん
彼女がスプーンを持っているのを見て息子くんが「うぷん」と言い出したので
お砂場用のスプーンとしゃべるを持ってお砂場で
しばらく3人で遊ぶ
息子くんは砂をすくって自分のサンダルの中に入れては「すながはいった」と騒いで
かーさんに靴を脱がせてもらって足をはらってもらっていましたよ 1分おきくらいに(笑)
そうこうしていたら小学生のお姉ちゃん達が出てきたので一緒に遊ぶ娘ちゃん
お茶を飲みたいというので一旦連れて帰りご飯のスイッチを入れてからまた外へ
5時過ぎにもう一度「おちゃのむ」というので帰り「もうおそといくのやめよう」というも
「いや おともだちとあそびたい」と言い張る娘ちゃん
「じゃあ ちょっとだけよ かーさんが帰ろうといったら帰るよ」「うん」といっていたのに
6時になっても帰らない「すこしあそんでから」
息子くんはお昼寝が短かったので眠いはずなのでさっさとご飯食べさせて風呂に入れたいというのに
最後にはかーさんに「しずかにして」とか言い出す
「じゃあお母さんと息子くん二人でご飯食べて先に風呂にはいるよ」「いいよ」というので
かーさんは息子くん連れて帰ろうとしたら服をひっぱって「いかんで」という娘ちゃん
まだみんなが遊んでいるのはわかるけど家には家の事情があるのだと強引に帰る
さて息子くんは本当に眠くて食べながらこっくりこっくり
娘ちゃんは相変わらずご飯を食べるのが遅い
だから早く帰ろうと何回も言ったのに
かーさん痺れを切らして息子くんと二人お風呂に入る
「ひとりになるのはいや」と娘ちゃんは泣いていたけど娘ちゃんが早く帰らなかったのが悪いんだよ
眠くて泣いている息子くんをさっとお風呂で洗ってパジャマを着せる
泣いている娘ちゃんに「お母さん一緒に入ってあげるから早く食べなさい」
結局それから10分以上かかったのだけどその間かーさんは服を着ることもできず
何か人間としての尊厳すら失われている感じだよ
やっと娘ちゃんが食べ終わったのでお風呂に連れて行く
「ひとりでさびしかった」と涙声で言うのでお風呂の中でぎゅっと抱きしめて
「今は淋しくないやろ?今度からお母さんが帰ろうって言ったらすぐに帰ろう」と言い聞かせる
ちょっとは懲りただろうか
息子くんの声がしないけどもう寝たのかと思いつつ風呂のドアを開けたらそこに座っていたよ
本をちょっと読んだらさすがに息子くんは寝てしまいました
娘ちゃんも早かったよ
かーさんは明日のサンドイッチに備えてパンにバターを塗って卵をゆでておく

スポンサーサイト



  1. 2006/08/02(水) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/432-f8141b6e