FC2ブログ

キャンプ二日目

Aug 10th
夜中に何回か目を覚ますもお茶で寝付く息子くん
みんなで雑魚寝だけど一番端に寝ていたのでほかの方には迷惑にはなりませんでした
山の中だから冷房を切って窓を開けていればよかったのに
なぜか冷房がかなり低い温度で入っていたため朝方毛布を探すとーさん達
キープしていた毛布を奪われそうになり「これ私のです」といって渡さない寒がりかーさん
でもその後考え直してとーさんと娘ちゃんと息子くんにもかけてあげましたよ
さて息子くん目覚ましはきっかり6時に作動
まだ寝ている皆様の邪魔をしては悪いのでお風呂に入りに行くことにして娘ちゃんを起こす
昨日はありえないくらい遅く寝たのに起こされた娘ちゃんは不機嫌で「おふろいかない」というが
何とかなだめすかして一緒に連れて行く
部屋からはかなり下に降りたところにある内湯のお風呂でしたがすごく気持ちよかったよ
初めて家族全員でお風呂に入ったね
最初は泣いていたしゃばぞー息子くんも後はご機嫌でしたよ
涼しい朝の空気を堪能しながらゆっくりしていたら部屋に戻ったのは7時過ぎでしたよ
早速朝ごはんとお昼の弁当作りに掛かるかーさん達
息子くんが騒ぐからまだ朝ごはんは全部出来てはいなかったけど先にご飯を食べさせてもらう
ソーセージを2袋たこさんにきっていたのだけど息子くんがいくらでも食べるので
最後は隠されていましたよ 小学生のお兄ちゃんたちの分なので
納豆ご飯も秋刀魚もばくばく キャベツの味噌汁は「はっぱ」とおかわりまで
居合わせたぱぱまま達が「よくたべるねー」とびっくりしていましたよ
「おおぐいむすこ」の称号までもらっていました
だって小学生のお兄ちゃんたちよりはるかに食べていたものね
かーさんは娘ちゃんと息子くんに食べさせながらちょこちょこと食べたので第2陣と交代
お弁当用の手羽先の焼付けなどを担当
それから出発までかーさんを含めた4人のままさんたちは焼きそばやら手羽先やら
おにぎりやらとお弁当作りに追われていたのでした
2升分のおにぎりを二人で握ったかーさんでしたよ
朝風呂にも入ったのにお姉ちゃんたちがお風呂に入っているのを見てさらに2回風呂に入った娘ちゃん
誰より温泉堪能していましたよ
お弁当作りで大忙しの間子供たちはスイカ割り
割れたスイカは隣のうちの男の子とうちのとーさんがほとんどを食べたそうな
ばたばたしている間にもう出発の時間
みんなで記念撮影をした後今度は高原の遊園地を目指す
今日は帰省中のお兄ちゃんが家の車に乗ってくれたのだけど息子くんだけじゃなく娘ちゃんも寝てしまい
面白くなくて悪かったなーと思っていたら彼も寝ていたよ
さて遊園地 ここにきたのはかーさんは10年ぶりくらいかな?
3歳までは乗り物には無料で乗れるが親の付き添いが必要とのことで
かーさんのみフリーパスを購入し とーさんと娘ちゃんは入場券のみを購入
同行の子供たちはみんな子供フリーパスで腕輪をつけているのがうらやましくて
自分も「うでわつけたい」とごねる娘ちゃん
係りの人にかーさんのを代わりにつけさせてもいいか尋ねるが不正防止のため
腕輪は一度はずすと無効になるらしくだめといわれたよ
まあ世の中には自分の思い通りにならないこともあるからね
まずは集合場所に荷物を持っていってお弁当
息子くんが焼きそばを手づかみでばくばくと食べていましたよ
さあ食べ終わったので遊ぼうかと思っていたら雷が鳴り出したので乗り物は運転中止
あっという間にものすごい雨が降ってくる
とりあえずすぐそばのお化け屋敷の軒先で雨宿りしていたがみんなはちょっと先にある
屋根付きのままごとセンターに行ってしまったので離れ離れ
小一時間で雨はやむが結局最後までみんなとは会えずじまいでした
娘ちゃんはといえば動き始めたメリーゴーラウンドに乗った後は例のままごとセンターへ
キッチンセットやドレッサーやとにかく娘ちゃんだけじゃなく息子くんもすきそうなものが一杯あったので
すっかりハマって遊び始める
何分ここは絨毯敷きで靴を脱いでくつろげる上に冷房完備で涼しいので付き添いの親もありがたい
雨の後外はものすごく蒸し暑かったからね
ここだととーさん一人で楽勝で二人を見れるはず(爆)なので一行を置いてかーさんは
敷地の一番したにある名物木製コースターの所まで一人でいくもなんと
ほかの乗り物は動いているのにまだ件のコースターは「調整中」だったよ
ここに来てアレに乗れないなんてー ショック
娘ちゃんはいつまでもままごとセンターで遊びそうだったのでそれもいいかと思っていたのだけど
とーさんが「帰りの車の中で『かんらんしゃのるのわすれとった』とか言い出すよ」というので
やはり敷地の一番したにある観覧車を目指すことに
途中に3歳児だけじゃなく1歳児でも乗れそうな汽車や飛行機があったので4人で乗る
あと100円入れて動く乗り物に娘ちゃんが乗りたがったので2台のキリンのに二人を乗せる
なぜか♪おうまのおやこが流れる中ぐるぐると2台が回るだけなんだけど
もう二人がうれしそうでめちゃくちゃかわいかったよ
さて観覧車まで何とかたどり着くが やっぱりかーさんは高所恐怖症なので
青ざめて冷や汗をかいていたよ 息子くんが動き回るからさらにひやひやものでした
坂道を登って今度はりかちゃん人形ハウスへ
その場にいたたくさんのリカちゃんは服を着ていないものが多くて女湯状態(笑)だったけど
娘ちゃんがいちいちかーさんのところに「ふくをきせて」と持ってくるのでひたすら着せるかーさん
ちょっと前まで4歳の誕生日には「りかちゃんにんぎょう」といっていた娘ちゃんだけあって
なかなか楽しそうでしたよ
さて当初の予定では6時に集合することになっていたけど雨が降った分7時に変更
そうしていたら帰り着くのは10時を過ぎてしまう
我が家的にはすごくきついスケジュールである 特に息子くん
団体行動を乱すのは心苦しかったけれど携帯でリーダー(笑)に連絡して
先に帰らせてもらうことにする
どうせならもっと早くに出ればよかったのだけどかーさん迷ったもので
朝大量に握ったおにぎりを氷をつめたクーラーボックスに入れていて
それを車中で夕食にということにしていたのだけどそれはもらえないので
高速入り口手前のコンビニでおにぎりとサンドイッチを買い込み食べさせたらすぐに息子くんは寝る
娘ちゃんは疲れていて眠いはずだけどなかなか寝ないし元気がない
とーさんが理由に気がつく
何分山奥の高速道路で真っ暗だったのが怖かったみたい
PA利用してかーさんが後部座席に移って娘ちゃんの手を握ってあげたら落ち着いたよ
友達からのメールで市の南のほうで花火大会があっていることを知るかーさん
丁度高速道路から見えたのであえて手前のインターで降りて都市高速に乗る
車窓から花火が見えて娘ちゃんも喜んでいましたよ
家に帰りついたのは9時
息子くんは寝ていたけれど汗びっしょりだったので起こしてシャワーを浴びさせる
娘ちゃんと息子くんがようやく寝付いたのが10時
とーさんは車の荷物を下ろしてくれかーさんは夜だったけどナイトモードで洗濯乾燥
他の皆様が戻ってきたのはもう11時ごろでした
先に帰っておいて正解でした
家の車に積んでおいた荷物を渡して解散
本当に本当に楽しいキャンプでした
特に娘ちゃんはお友達と一緒にお風呂に入って一緒にお泊りというのは初めてだったからね
スポンサーサイト



  1. 2006/08/10(木) |
  2. 育児|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://miyuki97.blog12.fc2.com/tb.php/440-097e42d0